【アーロンチェア】ハーマンミラー総合スレ s/n23 [無断転載禁止] [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しさん@3周年 転載ダメ©2ch.net (ワッチョイ 87a5-i5Qz [114.161.29.158])2016/12/28(水) 21:08:55.09ID:NCzUlQg30
!extend:checked:vvvvvv:1000:512
!extend:checked:vvvvvv:1000:512


ハーマンミラー総合スレ
22 http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/kagu/1474963958/

●●●●●ハーマンミラー・セラチェア●●●●
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kagu/1221357233/

●エンボディチェアは史上最高の椅子 part4
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kagu/1368874496/

●ハーマンミラージャパン
http://www.hermanmiller.co.jp

●ハーマンミラー
http://www.hermanmiller.com

●NG推奨
ワッチョイ e362-eWV5 [126.227.226.123]
ワッチョイ 5b62-C/rS [60.148.127.230]

NGネーム 推奨
60.71.166.126
119.104
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

37名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:14:32.39ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その1)

ハーマン・ミラー社全般のチェアは、デザイン先行のチェアであって、最新のエルノゴミクス(人間工学)を顧慮せず、また、客観的な科学的検証による裏付けの乏し
いチェアであるのが現状です。実際、コクヨは自社のチェアとアーロン・チェアを比較実験して

                                       コクヨのチェアの方がアーロン・チェアよりも座り心地がよい

ことを科学的に検証しています。

また、コクヨと独立して、日本初のチェア・コンシェルジェ・サービス(椅子の選び方、椅子全般の取り扱いに関して造詣の深い情報を提供するサービス)を提供する
高級チェア販売で著名なworkaholicの経験則によっても、

                                  メッシュを座面とするチェアに長時間座れば「歪んだ姿勢」が作られて「疲れが蓄積される」

とコクヨと同じ共通見解が発表されています。そこでは、

                                       快適に座るのに適した座面の素材はモールド・ウレタン(クッション)である

ことも「科学的」に検証されているのです。特に、アーロン・チェアを初めとして、ハーマン・ミラー社のチェア全般を販売するworkaholicの

                                                 「アーロン・チェアは疲れる」

との見解の公言は決定的です。ハーマン・ミラー社と利害が一致する高級チェア販売で名高い椅子全般に対する高い見識を持つ椅子職人がそのように断言してい
るのです。コクヨのチェアを販売する販売会社がコクヨのチェアは疲れると公言するでしょうか?あり得ません。メッシュを座面とするチェアがモールド・ウレタンを座
面とするチェアに比して優れている点は通気性の1点だけなのです。実際、kokuyoとworkaholicの主張を並列すれば十分のはずです。

38名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:14:49.36ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その2)

まず、kokuyoの検証実験によって、座面がモールド・ウレタンのチェアと座面がメッシュのチェアの体圧分散を比較すれば、座面がモールド・ウレタンのチェアのほう
が座り心地が優れていることが「科学的」に検証されています。

http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/airfort/concept/concept3.html

http://www.kokuyo-furniture.co.jp/kaiteki_isu/

http://www.kokuyo.co.jp/channel/torisetsu/425830363002

ここで、特筆すべきは、検証実験で比較対象としたチェアこそが、上記URL2段目の「快適なイスってどんなイス」の3ページ下段にあるアーロン・チェアと酷似したKnoll
社のChadwickチェアなのです。それもそのはず、アーロン・チェアの生みの親Don Chadwick氏が直々にデザインしたチェアこそが氏の名前を名称の由来とするChadw
ickチェアなのです。(kokuyoでの販売価格は125000円の高級チェアです)

http://www.hermanmiller.co.jp/designers/chadwick.html

Chadwickチェアの機能の詳細をご覧下さい。その機能の全ては逐一、前掲チルト機能などアーロン・チェアと寸分も変わりません。

http://tore-tate.co.jp/products/978/

つまり、

                                         kokuyoの検証実験の比較対象は、ズバリ「アーロン・チェア」

そのものなのです。kokuyoの検証実験の結果を要約すれば、アーロン・チェアに代表される

                    座面がメッシュの椅子は、体圧分布を測定すれば、反発力が強いことが災いして、太ももの外側への集中が大きくなり、
                    座骨付近の体圧が過大となるために長時間座るのには適さないばかりか、無意識に「歪んだ姿勢を作る」

といいます。

39名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:15:06.60ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その3)

また、

                          体圧分布を比較することで、長時間座るのに適した座面の素材はウレタン・クッション

と検証されています。さらに、従来モールド・ウレタンは座り心地に優れた効果を発揮する反面、熱がこもり易い特性がありましたが、モールド・ウレタンの表面にスリ
ットを入れることでこの課題を解消して、飛躍的に放熱効果を高めたとあります。

さらに、高級チェアの販売で著名なworkaholicの「最適な1脚を選ぶポイント4」の「メッシュチェアの欠点」でもkokuyoと同様な主張が認められます:

http://www.iamworkaholic.jp/style/index.html

コピペすれば、

お尻や背中の体圧を均等に分散でき、通気性に優れるメッシュチェアにも欠点があります。
メッシュ生地は、ファブリック生地に比べてクッション性が高く、座面に体圧がかかると沈みます。お尻が沈み過ぎると姿勢が不安定になり、姿勢を維持するのに必要
以上に筋力を使うことで腰に余分な負荷がかかり、いつの間にか疲労が蓄積されます。体重の重い方は沈み込みが激しくなるので、特に注意が必要です。
(ここで、クッション性とは、「反発性」を意味しています)

メッシュチェアは構造上、背もたれの周囲のフレームが露出します。硬いフレームが肩に触れて痛みを感じてしまうケースがあるので、座高の高い方や、後傾姿勢で
の作業が多い人は注意してください。

タバコの火が致命傷となるのもメッシュチェアの欠点です。布張りや革張りのチェアだと穴が開くだけで済みますが、メッシュ生地の場合は、強度が極端に低下します。

見た目が斬新で、デザイン的にも優れた製品が多いメッシュチェアを選択する際には、このようなデメリットにも目を向けてください。

workaholicのポイント4にある諷刺画で「本当にいいのかね?」と揶揄されているチェアは紛れもなく「アーロン・チェア」です。上記の主張は、座面がメッシュとファブリ
ック生地を比較しているだけで、クッション素材(モールド・ウレタン)との比較がないのは、比較の必要がないほどに、座面がメッシュのチェアの体圧分散が不適切に
偏っているからです。

40名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:15:28.01ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その4)


【workaholicの「最適な1脚を選ぶポイント4」の「メッシュチェアの欠点」がなぜか削除されているもののその記述が実際にあった証拠】

ハーマン・ミラー社の正規代理店であるworkaholicは、ハーマン・ミラー社から圧力があったのか、上記の記述を削除している模様です。しかし、workaholicの上記
の主張は、コピペして貼り付けけただけの主張ですので、一言一句その表現に誤りはありません。実際、以下のWORKAHOLIC BLOGに

                                    「最適な1脚を選ぶポイント4」の「メッシュチェアの欠点」

の土台となった原稿が残されています。ご確認下さいませ。

http://ameblo.jp/workaholic-web/entry-11346073012.html


【結論】【コクヨとワーカホリックの主張の共通点】

kokuyoの主張とworkaholicの主張の共通点にご着眼下さい。座面がメッシュのチェア(その代表格がアーロン・チェアやミラ・チェア)ならば、

            反発力が強く(=クッション性が高く)歪んだ姿勢を作り(=姿勢が不安定になり)姿勢を維持するのに必要以上に筋力を使うことで、
            腰に余分な負荷がかかり、いつの間にか「疲労が蓄積される」

ことがkokuyoとworkaholicの「共有認識」なのです。

41名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:15:56.50ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その5)

【座がメッシュのイスに対する世界を代表するオフィス家具販売会社の動向(その1)】

座面がモールド・ウレタンのチェアが座面をメッシュとするチェアより優れているのは世界の高級チェア製造会社の販売動向を調査しても正しいことが検証でき
ます。(コンフォート・シーティング社(アーロン・チェアを模倣しただけのエルゴ・ヒューマンを製造する会社除く))

米国のオフィス家具販売製造の最大手Steelcase社の最新カタログで座面がメッシュのチェアなど1点もありません。ドイツが誇るWilkhahn社も同様です。

日本人はハーマン・ミラー社が米国を代表するオフィス家具製造販売の代表格と誤認識する消費者が少なくないようですが事実無根の流言飛語です。 米国を
代表する高級オフィス家具製造販売のグローバル・リーダーは創業100年、欧米で累積売上No1の実績を誇るSteelcase社です。Steelcase社ならば、ハーマン・
ミラー社のような不正な広報活動を利して、自社のチェアを過大広告するような、企業コンプライアンスに反することなどありません。王者ならば、王者たる余裕
があるからです。

http://www.steelcase.com/asia-ja/products/office-chairs/leap/

ハーマン・ミラー社の不正な広報活動によって商品価値を吊り上げられたチェアと一線を明確に画して、日本では知名度が低いのが幸いして、中古ならば格安
で、座り心地が素晴らしいとの、純然たる善意の口コミから、徐々にその真価が浸透して行ったのがリープ・チェアです。Steelcase社の椅子作りに向けた情熱
や真摯な 態度は、フォーチュン誌主催「世界で最も賞讃される企業」に選出されたことでも裏打ちされています。

http://www.steelcase.com/asia-ja/press-releases/fortune-magazine-names-steelcase-inc-one-worlds-admired-companies/

42名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:16:24.06ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その6)

【座がメッシュのイスに対する世界を代表するオフィス家具販売会社の動向(その2)】

「イノベーション」「社会責任」「管理体制の質」「製品のサービスの品質」で高得点を獲得。 それ以外にも、

                          Architectural Record、Product Innovations Merit Award、Best of Neoconのシルバー賞、
                          Architectural Products Award、Spark Award、Best of Neocon Editor’s Choice

を受賞しています。

43名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:16:44.62ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その7)

【座がメッシュのイスに対する日本を代表するオフィス家具販売会社の動向(その1)】

メッシュ座を一顧だにしない動向は日本も世界も全く同じです。日本を代表する椅子製造会社は、座面をメッシュとする椅子の販売実績さえないのです。座面がモー
ルド・ウレタンのチェアに比して、座面がメッシュのチェアの優位性を認めていないからです。

kokuyo 0120-201-594

座面がメッシュのチェアは、事務用回転椅子として、Knoll社のChadwick(XKN-33-AA-BK)(アーロン・チェアのコピー)を2006年に販売代行した販売実績が最後です。
ちなみにChadwickの販売価格は125000円の高級チェアであることを付言しておきます。事務用回転椅子以外では、重ねて収納すれば省スペースの利便性があるの
で、シンプルな構造の会議用椅子やスタックィングチェアならば、現行でも販売があると言います。座面がメッシュならば,座面は薄くて軽量であるからです。このため、
不特定多数が集まる公民館などでは、座面をメッシュとするチェアの需要はあると言います。つまり、コクヨの座メッシュのチェアの扱いは、回転もしない「低品質」を代
表する簡易なチェアの代表格に過ぎないのです。

内田洋行 0120-077-266 座面がメッシュのチェアの販売実績はありません。

Itoki 0120-164-177

オフィスチェアとしての座面がメッシュのチェアの販売実績はありません。ホームチェアとしては、Vess Real(KV2)というチェアの販売実績はありますが、2008年に製造・
販売とも終了しています。

岡村製作所 0120-81-9060

2005年発売のバロン・チェア以降の10年以上にも亘って、座面がメッシュのチェアの発売はありません。2013年、「ワンランク上の座り心地」を目指すとして、新エルゴノ
ミクス(人間工学)宣言。5年の歳月を掛けて、硬軟3種類の異硬度クッション(モールド・ウレタン)の製造に成功。座メッシュと決別宣言しています。2013年以降のチェア
には、全て新エルノゴミクス基準の3種の異硬度のモールド・ウレタンを座面に採用しています。

44名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:17:09.24ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その8)

【座がメッシュのイスに対する日本を代表するオフィス家具販売会社の動向(その2)】

実際、岡村製作所総合カタログ2013-2014、そして、岡村製作所総合カタログ2015-2016 http://www.okamura.co.jp/catalog/ の9〜10ページからそのまま抜粋すれば、

                                    「okamura ISM」      「The Sprite of Japan」

と表題とされた一節に

                       長きに渡る人間工学工学の研究から唯一無二の座り心地が産まれた
                                        Ergonomics
                                    (エルゴノミクスからの視点)

       オカムラは人間工学に基づき〜さらに原材開発に5年もの歳月をかけた異硬度クッションがひとクラス上の座り心地を提供します。
                                       「異硬度クッション」
        硬さの異なる3種のウレタンを成型し、大腿部を圧迫しないソフトなクッション性とお尻をしっかりサポートするホールド感を両立
        オカムラでは、座面の体圧分布測定をイスの研究開発に生かし、快適な座り心地を実現しています。
                                       エルゴノミクスとは 

        人間が可能な限り自然な動きや状態で作業できるよう物や環境を設計し、それを物やデザインに生かす学問のこと。また、人間
        が正しく効率的に動作できるように周囲の人的・物的環境を整え、事故やミスを可能な限り少なくする研究も含む

とオカムラの新たなイス作りに向けた姿勢が公言されているのです。

45名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:17:26.77ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その9)

【座がメッシュのイスに対する日本を代表するオフィス家具販売会社の動向(その3)】

座メッシュのイスを製造した岡村が公に座メッシュのイスを否定することは決してないでしょう。しかし、上記の

                                   「okamura ISM」    「The Sprite of Japan」

と題した岡村のイス作りに向けた姿勢の公言を素直に解釈すれば、座メッシュのイスでは岡村の目指す「ワンランク上の座り心地」は実現できない、座メッシュのイスでは
オカムラの目指す最新のエルゴノミクスの要件を満たさないと解釈するのが妥当なはずです。

ネット上では「okamura ISM」「The Sprite of Japan」のオカムラの公言に倣うように、座メッシュのコンテッサやバロンを利用するユーザーが、座をメッシュからクッションに交
換したと言います。しかし、逆に、座クッションを座メッシュに交換したユーザーは1人として見つかりません。実際、座メッシュを座クッションに替えたユザーは以下の通りで
す:

オカムラ・コンテッサの座面を交換せよ http://www.lordkurosawa.com/otakky/otakky117.html
オカムラ・バロンで修理の果てに行き着いたところ http://plusblog.jp/6762/ (メッシュ座の脆弱性も指摘)
コンテッサ座面交換 http://blogs.yahoo.co.jp/motokzr2610/25912283.html  (コメント欄にも座メッシュを座クッションに取り換えるとの他のユーザーの声あり)

座メッシュの脆弱性に関する意見をするユーザー

オカムラ・バロンのキャスター問題 http://plusblog.jp/10908/ 
オカムラのバロンという椅子で座面のメッシュの接着面が剥がれる http://q.hatena.ne.jp/1313212652

このように、コクヨとハーマン・ミラー社の正規代理店であるworkaholicが主張するのと同じ座メッシュの欠点をユーザーが申し立てているのです。

「The Sprite of Japan」と題されたオカムラの決意表明、それは文字通り日本のオフィス家具販売の総意を代表した

                                          座メッシュのイスとの決別宣言

そのものなのです。

46名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:17:43.17ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その10)

【座がメッシュのイスに対するハーマン・ミラー社の動向(その1)】

ハーマン・ミラー社は「画期的にも、座からクッションを取り除いた」とセンセーショナルにアーロン・チェアを売り出しました。しかし、最新作2012年発売のセイル・チェア
においては、「画期的にも、座面からクッションを取り除いた」はずが、電光一閃、プライドをかなぐり捨てて
                         
                                  「座面からメッシュをはぎ取って、座面にクッションを採用」

して原点回帰しています。決定的なことには、同社が最高傑作と誇るエンボディ・チェアでも「座からメッシュを取り除いた」疑似クッションを導入しているのです。それも
そのはず、エンボディ・チェアの座面を考察すれば、ハーマン・ミラー社が、正しく座面がメッシュのチェアの欠点を認識している事実に直面するのです。既述のworkah
olicの主張を再掲すれば、

          メッシュ生地は、ファブリック生地に比べてクッション性が高く、座面に体圧がかかると沈みます。お尻が沈み過ぎると姿勢が不安定になり、
          姿勢を維持するのに必要以上に筋力を使うことで腰に余分な負荷がかかり、いつの間にか疲労が蓄積されます。

47名無しさん@3周年 (ワッチョイ eb62-y+tQ [60.71.166.126])2016/12/30(金) 04:17:57.67ID:+5FsQNRP0
【4】「座がメッシュは腰痛の原因となる」ことの証明 (その11)

【座がメッシュのイスに対するハーマン・ミラー社の動向(その2)】

この主張に倣って、アーロン・チェアの欠点を弥縫するには、まず、姿勢を不安定にしないように、座面の素材として、クッション性の高いメッシュではなくてクッション性
の低いファブリック素材を選択するのが合理的です。次に、お尻が沈み過ぎないように、座面を下から支えなければなりません。実際、ハーマン・ミラー社は、エンボデ
ィ・チェアの座面の素材をファブリック生地として、なおかつ,お尻が沈まないように座面下から3層ピクセル構造で支えているのです。ピクセル構造とはプラッチックを目
を粗く絡ませて編んだ「ざる」のような構造を言います。ハーマン・ミラー社は、workaholicによるアーロン・チェアの欠点をworkaholicの主張に倣うようにしてエンボディ・
チェアを製作しているのです。

誰よりもハーマン・ミラー社が座メッシュのチェアの欠点を正しく認識しているのです。世界の他の高級チェア販売製造会社を一望しても、座がメッシュのチェアの価値
など一顧だにされていないのが紛れもない真実なのです。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています