病院の患者を家畜に見立てて畜産業を営んでみたい公務員

1非公開@個人情報保護のため2017/11/17(金) 17:39:20.84
年寄りをポックリ死なすなんてもったいないことだよ
認知症になろうがガンになろうがとにかく延命させれば治療薬で製薬会社はガッポリ儲かる
そうすると、厚労省の連中がOBになった時の勤め口に困らない
何千人だって大丈夫だと
医療費が増大するのではないかという声もあったけれども、そんなことは問題ではない

2非公開@個人情報保護のため2017/11/17(金) 18:19:32.77
「高血圧はキケン」の嘘はもうやめよう。武田教授が指摘する医療の闇
http://www.mag2.com/p/news/256905

高血圧やメタボに、コレステロール。どれも病院やメディアなどで聞き慣れているキーワードですが、
これらは本当に身体に深刻な影響を与えるものなのでしょうか。
メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学教授・武田邦彦先生は、
以前から「高血圧」の基準について疑問視しており、
これらは医療業界の悪質な考えによって生み出された「ウソの情報」であると持論を展開しています。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:7bff9ed63942b4cd01610d20b2c06e65)

3非公開@個人情報保護のため2017/11/17(金) 18:21:05.58
血流が良くて何が悪いのか?日本の医療が「高血圧症」にこだわる理由

【関連記事】高血圧の基準はウソだった。混乱を極める「健康の正常値」

前回、分別・リサイクル、クールビズ(ネクタイを外せ)、禁煙運動など
「科学的に意味の無い社会的イジメ」について整理をしましたが、似たようなことが「医療、病気の分野」にも見られます。


    その典型的なものが「血圧130」でしょう。


人間が何で「血圧」が必要かというと、細い血管を通じて体の隅々まで「血液」を送るためです。
血の中には、1. 酸素、2. 栄養、3. 白血球(細菌などを殺す)、4. ガン壊死因子(TNF)があって、
人間の「活動」と「防衛」をしています。
たとえば人間の体は一日に数千個のガンのもとができるとされていて、血の中にあるTNFが分単位で防衛しているのです。

だから、温泉に入って血流を良くするのが健康に良いことは誰でも知っていますが、
「血圧を下げる」ということは「血の巡りを悪くする」ということですから、健康に悪いことは当然です。
それでも社会は高血圧学会や厚労省の広報を信用して「血圧は低い方が良い」と思っているのですから、自分で言っていることに矛盾があります。

高血圧学会がなぜ理屈に合わないことを言うのかというと、「血流が少なくなってガンや栄養不足になっても、高血圧学会には関係ない。
高血圧で起こる脳卒中などの病気を減らせばそれで良い。
そして、そのためには理屈に合わない『標準血圧』を決めて『高血圧症』の人を増やし、降圧剤の売り上げを増やしたい」という、もう書くのも恥ずかしいぐらいの「医の倫理」に反することをしているからです。

そんなことをしているので、一方では、「血圧の医学」はとても遅れていて、「患者の適正な血圧」を測定することもできず、
その結果、個別の患者さんの適切な血圧がわからないので、「平均の血圧を最適血圧とする」という非科学的な診断をしているのです。
人の血圧はその人によって最適血圧があり、平均血圧がその人の最適血圧ではないのは当然です。

4非公開@個人情報保護のため2017/11/17(金) 18:26:38.86
「コレステロールが少なすぎれば病気になる」という衝撃事実
http://www.mag2.com/p/news/256905/2

■高血圧、メタボ、コレステロール…。利権と病院経営に振り回される国民

もう一つ、これも大きな間違いは「コレステロールの値は低い方が良い」ということでしょう。

人間の体は油でできています。それは人間がもともと魚から進化してきたからで、魚は水の中で生活をしているので体を油で作らないと溶けてしまうからです。
油は悪くなりやすいので、毎日のように細胞に油を供給する必要があります。
そこで油を肝臓でコレステロール(必須コレステロール、普通は間違って悪玉といっている)というものにして血管を使って細胞に送るのですが、血管も脂でできているのでコレステロールが血管の壁につきます。

これはごく普通のことなので、体はくっついたコレステロールをはぎ取る掃除専門のコレステロール(掃除コレステロール、一般には間違って善玉といっている)を出して、掃除をします。

ブタの脂やタマゴにはコレステロールが多く入っていて、長い間、「タマゴは1日1個」とか、「ブタの脂は避けよう」とか言われてきました。でも体にはコレステロールが必須なので、食材からはたった2割を使い、あとの8割は体で作ります。

だから、タマゴを減らせばその分だけ体が作るのですが、それでもあまりに食材からコレステロールを摂らないので、日本人の平均のコレステロールの値は低すぎる結果となりました。

コレステロールが少なすぎると、ガンと認知症が増えます。
厚労省を中心としてコレステロールを悪の塊のように言ったので、日本のガンが2.5倍、


      先進国で日本だけ寝たきり老人がいる


ともいわれています。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:7bff9ed63942b4cd01610d20b2c06e65)

5非公開@個人情報保護のため2017/11/17(金) 18:30:27.62
「メタボ」騒動は厚労省の課長の出世のために作られた
http://www.m■ag2.com/p/news/256905/3

血圧とコレステロール、そして痛風、膝の痛み、ガン治療、糖尿病予防など、ほとんどの病気や健康維持が、
利権と病院経営を中心として考えられ、国民に間違った医療、強制的で規制のある治療が行われてきました。
つまり、医の倫理に背く方法で「命令的な持病の治療」が行われてきたわけです。

あれだけ騒いだ「メタボ」はその典型的なもので、


      厚労省のある課長の出世のために騒ぎを起こし、
    メディアが囃し、そして国民の健康を間違った方向に誘導


するということが続きました。

でも、血圧とコレステロールの大きな間違いをもとにして、今、「命令的な医療」から、
「一人一人の体と健康を大切にする医療」にようやく変わりつつあります。
病院は「患者」と呼び捨てしていたのを「患者様」と一気に「様」づけするようになりましたが、
まずは「本人の適正な血圧を測定して、個別にアドバイスする」、「コレステロールを最適にするには、健康な人に対して何が必要か」など、
本質の研究が進むことを期待します。

6非公開@個人情報保護のため2017/11/19(日) 21:58:34.70
先日の抗議文について、お伝えしておきたいことがあります。
くだんの文書は あて抗議文であるにもかかわらず、
内容は「 に対する抗議」と「 に対する更迭要求」
になっているなど論理矛盾を抱えている等の不備があり、
省庁出身者が作成したものでないことは容易に想像できます。
あなたが名を連ねたことは不可解でなりません。
特に、文書中で核心とされている部分については、
あなたはその場に居なかったのにもかかわらず名を連ねている点が、
他の三名とは決定的に違います。
少なくともあなたよりは私のほうが事実を知っている筈ですが、
恐らく、相当の覚悟のもと連名に臨まれたのでしょう。
熟慮を重ね覚悟を決めた上でのご判断であったとはお察ししますが、
管理職の立場にあってあなたのような判断をされる方も居られることを知り、
私にとってある意味良い勉強になりました。
一連の出来事について、私の出向元において事実関係を調査中ですが、
あなたの出向元を通じて事情聴取等がなされる際には、
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
先日私が休暇を取得した理由について、
課長からお聞き及びでないかもしれませんが、
しかるべき機関への相談如何によって
いつの日かあなたに対して相応の処分があるかもしれませんね。

7「医者がこぞって降圧剤を処方したことで他の病気が増えた」2017/11/20(月) 07:55:53.51
「医者がこぞって降圧剤を処方したことで他の病気が増えた」「日本に認知症と寝たきりが多い理由は血圧に関係がある」
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/b836b6cdcc07788db684aa31fcf085cf

◆なぜ日本人にガンと認知症が多いのか? 武田教授が明かす「医療の闇」 9月7日 武田邦彦

以前公開の記事「「高血圧はキケン」の嘘はもうやめよう。武田教授が指摘する医療の闇」で、
高齢者の血圧を下げることの弊害について指摘していた、
メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学教授の武田邦彦先生。
今回は「医者がこぞって降圧剤を処方したことで他の病気が増えた」「日本に認知症と寝たきりが多い理由は血圧に関係がある」と、
さらなる医療業界の深い闇について持論を展開しています。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

8「医者がこぞって降圧剤を処方したことで他の病気が増えた」2017/11/20(月) 07:56:39.54
病院が高血圧治療を始めて30年、血管障害が減りガンが増えた理由

温泉に浸かるとゆったりした気分になり、血の巡りが良くなり、ハッキリと元気が戻ってくることを感じます。
なぜ、温泉に浸かると「良かった!」と思うのでしょうか?
それは、体温が上がり、血液の粘度が上がって血流が多くなり、同時に体の表面が暖まるので代謝が盛んになり、
人間の生体反応が順調になるからに他なりません。

9「医者がこぞって降圧剤を処方したことで他の病気が増えた」2017/11/20(月) 07:57:20.67
現在はすでにエアコンが普及していて、夏も冬も同じような生活ができるようになっていますが、
ちょっと前まではものすごく暑い夏と、厳しい寒さの冬が人間を痛めつけたのですが、
その中でも老人や赤ちゃんなどの体力が弱い人にとって「夏は楽だが、冬を越すのは厳しい」というのが現実でした。

真夏の暑い日の昼、老人がよく外に出て庭仕事などをしていましたが、熱中症で亡くなる人などほとんど居なかったのですが、
「冬は越せない」というのは普通でした。
動物の多くも春に出産をしますが、これも「厳しい冬を目前にした秋、まして冬にはお産はできない」ということだったからです。

これら全ては「動物にとって血流と代謝が大切」であることを示しています。

その血流と代謝を盛んにするのが「高い血圧」です。
水道水を送ろうとすると強力なポンプが要るように、液体を輸送するには「ポンプで高い圧力を作る」ことが大切です。
人間ではポンプは心臓で、圧力は血圧で示されます。

10「医者がこぞって降圧剤を処方したことで他の病気が増えた」2017/11/20(月) 07:58:10.95
血液は全身の毛細血管にくまなく送る必要があり、そのためには水銀柱で140mmHg程度(普通は単位を使わずに単に140という)は必要です。
一気圧は760mmHgで、水で言えば10メートルの高さまで上げることができます。
人間の体は大きい人で180cmぐらいですから、計算上は760*180/1000=136.8mmHgが必要な圧力となります。

現実には心臓が胸についていること、人間は多くの動物と違い二足歩行であること、女性は普通は身長が低いことなどから、
いろいろ相殺して結局140ぐらいになるということです。

ところが歳をとってくると、体の全ての場所が「固く」なります。
赤ちゃんの時には皮膚も関節も本当に柔らかく、全身がお餅のような感じですが、
老人になりますと枯れ木のように固くなるのも仕方が無いことです。
血管も同じで、若い頃の柔らかい血管が硬くなり、血液をスムーズに送ることができなくなります。
でも、血は必要なので、心臓は仕方なく血圧をあげて血の巡りを良くしようとします。

11「医者がこぞって降圧剤を処方したことで他の病気が増えた」2017/11/20(月) 08:05:58.56
人間が誕生してからずっと、自然の摂理、歳をとったら体が固くなるのは仕方が無いとあきらめて、血圧を上げてきました。
日本人の場合、1年歳をとると血圧が1.0あがるので、50歳で140としますと、60歳では150、70歳では160と上がってきます。
それが当たり前でした。

ところが、血管障害を防ぐことだけに熱心な医師が増えて、血の巡りはどうでもよいから血管障害だけを防ぎたいということになり、
さらに降圧剤(血圧を下げる薬、別の説明をすれば血流を悪くする薬)が儲かることもあって、


     血圧を130にするのが当たり前


になりました。ここ30年ぐらいのことです。

そうなると、血の巡りが悪くなり、酸素不足(すぐ息切れがする)、栄養不足(元気が無い、疲れやすい)、
白血球不足(病気になりやすい)、免疫物質不足(ガンになりやすい、カゼを引きやすい)になって、
血管障害は減りましたが、ガンや認知症などがものすごい勢いで増えてきました。

血圧の関係する脳血管障害が最も多かった昭和45年頃、10万人あたり180人が脳の血管が破れて亡くなったのですが、
その後、血圧を下げてきたので、脳血管障害で無くなる人は100人に減りました。
その代わり、ガンが100人から280人、肺炎が100人と増え、
血圧を下げたことで病気が減ったのではなく、病気の種類が変わっただけという結果になりました。

12「医者がこぞって降圧剤を処方したことで他の病気が増えた」2017/11/20(月) 08:06:47.16
血圧は本当に低下させていいのか。認知症や寝たきり老人が増える要因にも

血圧を下げれば血流が悪くなり、血管は破れないけれど、ガンや肺炎が増えるのは普通のことで、医学的に難しい問題ではありません。
ただ「縦割り医療」で、血圧の医者は血圧のことだけを考えた結果、人間というものがどういうものかを忘れていたのです。

また、血圧と食塩はあまり強い関係性はないのですが、
減塩食があたかも血圧を下げる万能の方法だという間違った情報を蔓延させたのも大きな問題でした。
塩(塩化ナトリウム)は海から陸に上がってきた人間にはとても大切なものなのです。

生き物は血が巡り「温かく生きているもの」で、冷たい体の「冷血動物」は死んでいる状態です。

ガンや肺炎のほかに「認知症」や「寝たきり老人」も日本人に特に多いのですが、これも血圧に強く関係しています。
人間の脳は激しく活動していて、体積は小さいのに全身を巡る血の4分の1も使っています。
だから、血流が悪くなると脳の働きもダメになり、物忘れ、記憶力の低下、さらにそれが進んで新しいことを覚える意欲の低下、
そして最後は気力を失って寝たきりになるということです。

13「医者がこぞって降圧剤を処方したことで他の病気が増えた」2017/11/20(月) 08:07:20.31
命の源になる血の巡り、それを低下させた医療行政の間違いはとても大きいことがわかります。
むしろ、血管を強くする生活や食事、血管の破れを防止する方法や薬剤など、
血流を減らすのではなく、維持しながら血管が破れることを防ぐのが本当の医療というものです。

14非公開@個人情報保護のため2017/12/05(火) 11:58:35.98
20 :Ψ [] :2016/05/04(水) 00:29:06.09 ID:ZLo2ZCC3
岡山大医学部の調査で、ガン死とされた患者の80%は、
じつは抗ガン剤などによるガン治療の副作用死であると述べています♪。
ちなみに一年のガン死亡者数は35万人だそうですが、
そのうち何人が抗ガン剤で殺されているかは、
ワタシにはさっぱりわかりません♪。
ちなみに薬剤師向け『抗ガン剤調整マニュアル』では、
「抗ガン剤は、細胞毒性、変異原性、発ガン性を有するものも多い」と、
堂々と明記してございます♪。
ちなみに看護士マニュアルには抗ガン剤は
発ガン性がWHO5段階評価で最悪レベルがほとんどだとか。
膀胱ガン患者に投与すると、
9倍も膀胱ガンが増加したとか書いてあります♪。

15非公開@個人情報保護のため2017/12/05(火) 12:04:14.57
検診でガンにされ、無駄な治療で殺されるガン患者
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1373799398/

1:Ψ :2013/07/14(日) 19:56:38.84 ID:dBGbR2GC0
近藤医師は、「全てのガンは、発見された時点で、別の臓器に移転が有るか無いかのどちらかであり、移転がないガンは放置しても移転しないと考えられ、
私はそれを“がんもどき”と名付けました。これは、いわゆる良性の腫瘍で、悪さをせず患者と平和共存していくものです。」とおっしゃっています。
また、昇幹夫医師も、「病理学会に行くと、いわゆるガン判定がある。悪性、良性の区別で議論を散々闘わせたあげく、大御所が出てきて、これはクロッ!と言ったらクロになる。
シロッ!と言ったらシロなんです。…ガンは、凶暴なものもおるけど、8〜9割はおとなしい。近藤先生の“がんもどき”は、いい言葉。
それをまとめて全部いっしょくたに(抗がん剤や放射線で)攻撃している。間違いやと思います。“あやしい奴はガンにしとけ”とはね。」

16非公開@個人情報保護のため2017/12/05(火) 12:05:36.89
加えて、昇医師は、「老衰で亡くなられたお年寄りを解剖したら、約8割にガンがちらほらあった。」と言われます。大往生した老人たちは、それでもガンで亡くなったのではなく、
老衰で自然死したのですから、老人にガンがあるのは当たり前なのです。良性のガンは、何のことはない、単なる“こぶ”に過ぎないのですからね。
さらに、安保教授は、「75歳以上のガンはほっておいても大丈夫です。病院で調べて、見つけるからだめになる。だから、病院に行ってはだめなんだ。」とまでおっしゃいます。

17非公開@個人情報保護のため2017/12/05(火) 12:06:04.95
次に、「無駄な治療で殺される」とは、ガン“三大療法”での“虐殺”です。
猛毒の抗がん剤、有害な放射線、不要な手術でもって、ガン患者は、「毒殺」「焼殺」「斬殺」されているのです。
その第1の抗がん剤。抗がん剤を投与すると、リンパ球は激減します。つまり、ガン細胞と闘うNK細胞を殲滅してしまうのです。
一方、抗がん剤はガンにはほとんど無力ですから、抗がん剤を打って一番喜ぶのはガン細胞なのです。

http://blog.goo.ne.jp/miyakekazutoyo230910/e/d115e2c96fefb2be9f70e0a28725c3fc

18非公開@個人情報保護のため2018/01/29(月) 19:32:57.24
油田や金の鉱脈といった類いの物を独占している公務員。
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1476327925/

19非公開@個人情報保護のため2018/03/03(土) 10:01:07.31
学生を家畜に見立てて畜産業を営んでみたい公務員
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1511619433/

20非公開@個人情報保護のため2018/04/09(月) 00:22:04.42
1日何もしなくても、休まず出勤しているという事実を民間人に対して示すことが重要なんだと思う公務員
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1523200839/

21非公開@個人情報保護のため2018/04/28(土) 16:17:32.73
重曹でガンが治る!?
全てのガンが重曹で治ることをイタリアの学者が発見し発表したところ、暗殺されたそうです。
取り敢えず重曹でうがいを・・・そのうがいの方法とは?? https://t.c♂♀o/0ZzJcNOGRF

@tanpinsanさんがツイート
https://twitter.com/tanpinsan/status/990047543592538112

22非公開@個人情報保護のため2018/04/29(日) 16:34:55.18
この病院だけは止めてください。

札 幌 ひ ば り が丘 病 院が起こした事件が謎すぎる
http://jikenjiko.site/?p=5096

23非公開@個人情報保護のため2018/06/04(月) 21:31:03.20
先日の抗議文について、お伝えしておきたいことがあります。
くだんの文書は あて抗議文であるにもかかわらず、
内容は「 に対する抗議」と「 に対する更迭要求」
になっているなど論理矛盾を抱えている等の不備があり、
省庁出身者が作成したものでないことは容易に想像できます。
あなたが名を連ねたことは不可解でなりません。
特に、文書中で核心とされている部分については、
あなたはその場に居なかったのにもかかわらず名を連ねている点が、
他の三名とは決定的に違います。
少なくともあなたよりは私のほうが事実を知っている筈ですが、
恐らく、相当の覚悟のもと連名に臨まれたのでしょう。
熟慮を重ね覚悟を決めた上でのご判断であったとはお察ししますが、
管理職の立場にあってあなたのような判断をされる方も居られることを知り、
私にとってある意味良い勉強になりました。
一連の出来事について、私の出向元において事実関係を調査中ですが、
あなたの出向元を通じて事情聴取等がなされる際には、
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
先日私が休暇を取得した理由について、
課長からお聞き及びでないかもしれませんが、
しかるべき機関への相談如何によって
いつの日かあなたに対して相応の処分があるかもしれませんね。

24非公開@個人情報保護のため2018/07/24(火) 21:54:34.52
先日の抗議文について、お伝えしておきたいことがあります。
くだんの文書は あて抗議文であるにもかかわらず、
内容は「 に対する抗議」と「 に対する更迭要求」
になっているなど論理矛盾を抱えている等の不備があり、
省庁出身者が作成したものでないことは容易に想像できます。
あなたが名を連ねたことは不可解でなりません。
特に、文書中で核心とされている部分については、
あなたはその場に居なかったのにもかかわらず名を連ねている点が、
他の三名とは決定的に違います。
少なくともあなたよりは私のほうが事実を知っている筈ですが、
恐らく、相当の覚悟のもと連名に臨まれたのでしょう。
熟慮を重ね覚悟を決めた上でのご判断であったとはお察ししますが、
管理職の立場にあってあなたのような判断をされる方も居られることを知り、
私にとってある意味良い勉強になりました。
一連の出来事について、私の出向元において事実関係を調査中ですが、
あなたの出向元を通じて事情聴取等がなされる際には、
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
先日私が休暇を取得した理由について、
課長からお聞き及びでないかもしれませんが、
しかるべき機関への相談如何によって
いつの日かあなたに対して相応の処分があるかもしれませんね。

25 ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄2018/07/31(火) 13:08:46.72
   |/-O-O-ヽ| ブツブツ・・・
   | . : )'e'( : . | ハァハァ
   ` ‐-=-‐  オレハカミサマダァァァァ
   /    \
||\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
||\\.          \      ∧_∧
||. .\\          \    ( ;´Д`) (なんなんだよこのオッサンw)
.    \\          \ /    ヽ.
.      \\         / .|   | |
.        \∧_∧   (⌒\|__./ ./
         ( ´,_・・`)目合わせるなって ∧_∧
.         _/   ヽ          \  (     ) 見えない敵と戦ってる統合失調症野郎w

26非公開@個人情報保護のため2018/09/03(月) 16:26:43.69
金子洋一・前参議院議員(神奈川県選出)
@Y_Kaneko

デフレで下がりまくった「国内で支払われた給料の総額」が、2013年から金融緩和政策によって反転し20年ぶりに物価に追いついてきた。
しかしこれは本格的にデフレに突入する直前の1997年と同レベルに戻ってきただけで、給料生活者にとっては不十分。だから消費者にしわ寄せされる消費増税には反対だ。

午後7:08 2018年8月29日

金融緩和により20年ぶりに物価上昇に追いついてきた給料
http://or2.mobi/data/img/210003.jpg

27非公開@個人情報保護のため2018/09/04(火) 07:58:55.95
社会保障の予算からお給料もらってる公務員
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1505297435/

28非公開@個人情報保護のため2018/09/09(日) 12:08:14.43
給与総額(民間の事業所が支払った給与の総額)

2008年 201兆3177億円
2009年 192兆4742億円
2010年 194兆3722億円
2011年 195兆7997億円
2012年 191兆996億円
2013年 200兆3,597億円
2014年 203兆809億円
2015年 204兆7,809億円
2016年 207兆8,655億円

民間給与実態統計調査結果
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2017/minkan/index.htm

29非公開@個人情報保護のため2018/10/11(木) 07:47:54.36
いろいろと役に立つ嘘みたいに金の生る木を作れる方法
知りたい方だけみるといいかもしれません
みんながんばろうねぇ『羽山のサユレイザ』で

HVY

30非公開@個人情報保護のため2018/11/18(日) 19:15:46.15
三浦市役所職員 大澤克也 1000万着服して逃亡
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/koumu/1497797928/

31非公開@個人情報保護のため2019/01/05(土) 23:07:24.39
公務員が日本の富を独占していることを隠すためにはどうしたらいいか?
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1530499310/

公務員にしっぽふって媚びてくるいやしい犬どもに豪華なエサを与えてやればいい

32抗がん剤が日本を滅ぼす日2019/03/07(木) 14:05:01.55
抗がん剤が日本を滅ぼす日 〜1ヶ月300万円の新薬登場〜
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20160427-00056588/

抗がん剤が医療費を跳ね上げる時代が来ている。そして医療費はおろか、日本経済を破壊しかねない可能性がある。
かねてより筆者は、徐々に高価になってきた抗がん剤の薬価(薬の値段)に強い危惧を持っていた。
今回新しい抗がん剤が承認されたことを機に、抗がん剤の薬価について論じたい。

1ヶ月300万円を超える新薬の登場

平成27年12月17日、厚生労働省は「オプジーボ(一般名 ニボルマブ)」という新しい抗がん剤を肺がんに対して承認した。
この薬はもともと皮膚がん(正式には皮膚悪性黒色腫)に対する抗がん剤として以前から使われていた薬剤で、
今回は適応拡大(ある病気にのみ適応となっている薬が、他の病気にも新たに適応となること)の決定となった。
この抗がん剤はこれまでの抗がん剤と違い、免疫に作用することで効果を発揮するという新しい作用機序 (薬が作用し効果を示すためのシステム)を持つため、業界でも大変注目を浴びている。
ただ、劇的な効果を持つというわけではなく、例えば肺がんに対する従来の治療法、ドセタキセルという抗がん剤と比べ、
生存期間を約3ヶ月延長する(扁平上皮がんでは6ヶ月→9.2ヶ月、非扁平上皮がんでは9.4ヶ月→12.2ヶ月)というものだ。
そして、肺がん以外での承認を目指し他のがんの領域でも様々な臨床試験が行われている。
効果がある新薬の登場は医療現場としても喜ぶべきものだが、今回は手放しで喜べない事態となっている。

33抗がん剤が日本を滅ぼす日2019/03/07(木) 14:05:45.97
それは、この薬の価格だ。
肺癌学会ホームページによると、このニボルマブの薬価は1ヶ月で約300万円。
筆者の計算でも332万4622円となった(計算の詳細は下記の※)。
これは以前使われていたドセタキセル、ジェネリック薬を使えば1ヶ月で5万円以下であることを考えれば、異常に高価である。
販売元である小野薬品工業株式会社は、このようなファイルを公開している。

抗悪性腫瘍剤「オプジーボ点滴静注 20mg、100mg」の平成 28 年 3 月期売上実績および平成 29 年 3 月期売上予想について
https://www.ono.co.jp/jpnw/PDF/n16_0411.pdf

これによると、平成28年度3月期の売り上げは212億円であり、1年後の平成29年3月期の売り上げは1260億円になると予想している。
この極端な増加はもちろん今回の肺がんへの適応拡大により使用する患者さんが増えることによるものだ。
さらに計算をすると、一年使ったとして300万円x12ヶ月=4200万円。
これを製薬会社が推定している新規使用患者数の15,000人が使うと、4200万円x15,000人で6300億円だ。
同じ人数が使ったとして2年で1兆円を超す。

34抗がん剤が日本を滅ぼす日2019/03/07(木) 14:06:42.46
毎月患者さんが300万円を支払うわけではない

日本では「高額療養費制度」という制度がある。
詳しくはこの厚生労働省ホームページを参照いただきたいが、すごく簡単に言うと
「めちゃくちゃ高い治療費を払わなくていいように、月10万円くらい払ってもらえればあとは全額キャッシュバックします」
という制度だ。
この「月10万円くらい」の額面はその人の収入によって異なっており、例えば年収が1160万円以上の人は約25万円だし、
年収が370万円〜770万円では約8万円、年収が370万円以下だと6万円くらいになる。
さらに「多数回」など色々な制度があるので、実際に払う額はもう少し少なくなる。
そして生活保護制度の受給者はかかった医療費全額が支給されるため、どれだけ医療費を使っても支払う額はゼロだ。
つまり、かかった高額な医療費のほとんどあるいは全額が国のお金で支払われることになる。

35抗がん剤が日本を滅ぼす日2019/03/07(木) 14:07:18.59
他の抗がん剤もどんどん高額化している

高価なものはニボルマブだけではない。
増え続ける大腸がんの治療薬として広く使われる「アバスチン(一般名 ベバシズマブ)」を使った多剤の治療(FOLFOX+Bev)は1ヶ月に約50万円、
「アービタックス(一般名 セツキシマブ)」や「ベクティビックス(一般名 パニツムマブ)」を使った多剤ではだいたい約60-80万円だ。
これらの薬は「分子標的薬」と呼ばれる新しいもので、従来の抗がん剤と比べると比較的副作用が少なく効果が期待できるのが特長だ。
今現在でも多数の分子標的薬の開発・臨床試験が進行しており、これからさらに多数の薬が登場してくると予想されている。
多くの薬が使えるようになることはひとりひとりの治療にとっては良いことだが、国全体で考えた場合は医療費を押し上げ続けることにもなる。

36抗がん剤が日本を滅ぼす日2019/03/07(木) 14:08:04.00
思い出すあの馬鹿馬鹿しい事件

そういえば4年前にこんな事件があった。
新しい抗がん剤がリリースしたのだが、あまりに高価すぎるためにニューヨークの有力な医師が
「高すぎてウチの病院では使わないことにした」と公表したところ、あっと言う間にその抗がん剤の値段が半額になったのだ。
冗談のような話だが、これは実話である。その薬の名は「ザルトラップ(一般名 アフリベルセプト)」。
新しい分子標的薬だったが、その薬価の高さ(1ヶ月で約100万円)と効果を考えたそのドクターは、
ニューヨークタイムズ紙にこんなレターを送っている。
「我々医師は、『最も良い医療は、いつもがいつも最も高価なものではない』ということを肝に命じておく必要がある。」(筆者訳)
ちなみにこの薬は日本ではまだ保険適応ではない。

37抗がん剤が日本を滅ぼす日2019/03/07(木) 14:09:01.29
高価な理由・・・薬剤の価格が新薬開発の原資であるという点

しかし製薬会社にも価格の設定を高価にした理由はある。
一つは、新薬開発にかかる費用と時間だ。
冒頭で取り上げたニボルマブは、実際に患者さんに投与できるまで10年以上もかかっている。
費用は一般に数百億円以上の単位と言われる。このホームページにも
1品目あたりのくすりの開発費用は200〜300億円にも達します。
出典:製薬協ホームページ
とある。

1992年に京都大学の本庶らが発見したPD-1という遺伝子が同定されて以来10年の時を経て、
小野薬品という日本の製薬会社に開発の話が持ち込まれたという。
当時は「がんの免疫療法」が医師たちの間ではそれほど信頼のおけるものではなく、
周辺の怪しい治療法とともに眉唾と考えられていたため、開発や臨床試験にもかなりの困難を伴ったことだろう。

この開発コストを回収しなければ会社は存続できないし、次の新薬開発の資金もなくなってしまう。

製薬会社としてはそれほど大きくはない規模の小野薬品が、世界のメガファーマと呼ばれる売り上げ3兆円以上を押しのけ
この「がん免疫療法」の開発の先陣を切り文字通りトップに立ったことは賞賛に値する。
市場もニボルマブを評価していて、小野薬品の株価は上がり続けており現在では1年前の倍以上だ。

38抗がん剤が日本を滅ぼす日2019/03/07(木) 14:10:34.06
抗がん剤の小さい市場規模

もう一つの高価な理由として、抗がん剤市場の規模がある。

実は、抗がん剤のマーケットは他の薬剤と比べそれほど大きいわけではない。

例えば高血圧患者さんは日本に906万7,000人いるが、継続的な治療を受けているがん患者さんは152万人と単純な比較でもかなり少ない。
そしてがん患者さんの全員が抗がん剤投与を受けているわけではない。
さらに言えば、高血圧の患者さんは10年も20年も薬を飲み続ける人が多い(基本的には内服が始まったら殆どの患者さんは亡くなるまで飲み続ける)が、
がんの患者さんは「死亡」により抗がん剤使用はストップする。
また、抗がん剤は蓄積する毒性により副作用が出るものが多いため、
5年も10年も抗がん剤を使用することは稀だ(乳がんでホルモン剤を5年以上使うことはある)。

高血圧の市場は大きく、年間の医療費は1兆8,890億円と報告されている。
事実、高血圧の薬は競うようにして毎年開発され、過度な競争がしょうもない事件まで引き起こした
(ノバルティスと武田薬品の事件、詳細は各製薬会社ホームページに掲載されている)。
詳細は他稿に譲るが、医師主導臨床試験に製薬会社社員を研究者として突っ込み、
その研究者によるデータ改ざんをしたり医師用の説明パンフレットで効果があると勘違いしやすいグラフを用いたりという不正だ。
業界内で規制がかかる数年前までの、製薬会社によるすさまじい接待攻勢は高血圧治療を担当する循環器内科医には常識的だったのだ。

39抗がん剤が日本を滅ぼす日2019/03/07(木) 14:11:54.85
まとめ

新規抗がん剤の価格は高騰しており、特にニボルマブは極めて高価である。
見通しの明るくない日本経済の中でいかに高価な薬剤を考えるか、がこれからの課題である。
この記事が問題提起になることを切に願う。

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20160427-00056588/

40非公開@個人情報保護のため2019/05/06(月) 23:32:57.15
花粉が飛散すれば治療薬で製薬会社はガッポリ儲かる
そうすると、厚労省の連中がOBになった時の勤め口に困らない
何千人だって大丈夫だと
医療費が増大するのではないかという声もあったけれども、そんなことは問題ではない
http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/koumu/1550673443/

41非公開@個人情報保護のため2019/05/15(水) 23:22:14.67
がん治療薬「キムリア」、保険適用へ 薬価3349万円
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1557929483/

 中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は15日の総会で、スイス製薬大手・
ノバルティス(NOVN.S)が開発したがん治療薬「キムリア」の保険適用を了承した。薬価は3349万円で、
米国での価格を下回った。22日から保険が適用される。

 キムリアは、免疫反応の司令塔となるT細胞を患者の血液から取り出し、がん細胞を攻撃しやすくなるよう
遺伝子を改変した上で体内に戻す「CAR−T細胞療法」と呼ばれる。投与は1回で済む。

 米国では、2つの適応症でそれぞれ47万5000ドル(約5200万円)と37万3000ドル(約4100万円)の値が付き、
日本での価格にも注目が集まっていた。

 キムリアの薬価は過去最高となるが、中医協に提出された資料によると、日本国内での対象患者数は
ピーク時で年間216人、市場規模は72億円と予測されている。

 ノバルティスによると、キムリアの世界売上高は2018年で7600万ドル(約83億円)と、同社の主力20製品には
及ばない規模だ。

 だが、少子高齢化の進展に加え、単価の高い医薬品の保険適用が今後も続けば、医療保険財政を巡る状況は
いっそう厳しさを増す。

 中医協終了後に記者会見した健康保険組合連合会の幸野庄司理事は、キムリアの保険適用を前向きに
評価した一方、医薬品の重要度に応じて「保険給付範囲からの除外や償還率変更を実行すべき」と提言した。

ソース ロイター.co.jp 05/15 10:26
https://jp.reuters.com/article/novartis-kymriah-approval-idJPKCN1SL03K

42非公開@個人情報保護のため2019/06/29(土) 03:47:09.78
子宮頸がんワクチン、14カ国の調査で効果が明らかに、将来的に撲滅の可能性(ただし日本は除く)
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1561737921/

多くの子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)に対するワクチンが、各国で効果を上げているとする調査結果が明らかになった。
子宮頸がんを撲滅できる希望もみえてきたという。

HPVワクチンの接種は10年ほど前から始まった。
国際研究チームがこのほど、計6000万人を対象とした65件の研究を評価したところ、HPVの感染件数と前がん病変の発生件数が共に下がっていた。

これにより、向こう数十年で子宮頸がんの発症件数が大きく下がり、撲滅できる可能性もあるという。

イギリスでは毎年、3200件の子宮頸がんの症例があり、850人が亡くなっている。

https://www.bbc.com/japanese/48795883

43非公開@個人情報保護のため2019/08/09(金) 02:48:19.89
医学部再受験とマルチ商法はちょっと似ている。

1. 出遅れた人は不利な戦いを強いられる。
2. 成功者は既に恵まれた地位を得ているので、「こんなにいいですよ〜」と挑戦者を勧誘する。
3. 実は成功者よりも失敗者がはるかに多いがその現実は見えにくい。
4. 成功者はその影に積み重なった失敗者の山を無視するか、そもそも知らない。
5. 冷静な成功者は、その事実を客観的に判断し、他者にむやみに勧めない。
6. 多くの挑戦者はうまくいったケースばかりを見て成功した自分ばかりを想像し、失敗した場合の悲惨な状況を真剣に考えていない。
7. 多くの挑戦者は、「努力さえすれば高い確率で成功する」と信じて疑わない。
8. 実際に成功するのは、その多くが実力と努力以外にも+αを持っている人である。
9.「努力すれば成功する」と信じて疑わない挑戦者は、 大部分が失敗する。
(「努力すれば成功する」と信じて疑わない人=実はそうではないという客観的事実を見抜けない人、つまり分析力が不足していて受験にもマルチにも不向き)
10. 引き際を延ばし続ければ続けるほど、諦める場合の辛さは大きくなる。

ここ数年で急に医学部再受験は冬の時代に入り、今から再受験なんて目指すほうが悪い、と言われる様になってしまいました。
それでもさまざまな事情でこの世界に入ってしまった者同士、わずかな可能性を目指し頑張りましょう。
(テンプレは>>2>>10あたり)

【生活保護が】医学部再受験【大量生産】
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kouri/1563951281/

44非公開@個人情報保護のため2019/08/30(金) 23:26:20.20
厚労省の怠慢で日本人女性だけが子宮頸がんで毎年数千人が死ぬ事態に...!
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1567146665/

 国がHPVワクチン接種の勧奨中止を続けてきた背景には、
接種者の一部が訴える健康被害が、実際に接種によって生じたのか、そうではないのか議論が続いている現状がある。
一方で予防接種の効果は複数の調査・研究で示されており、婦人科医師の間には患者増加への懸念が根強くある。

 子宮頸がんは国内では年間約1万人が罹患し、約3千人が死亡。
近年は20〜40代前半の患者が増加する。厚生労働省によると、
HPVワクチンの接種により、10万人当たり595〜859人が子宮頸がんになることを回避できると推計されるという。

 大阪大の上田豊講師(婦人科腫瘍学)らのチームは、20歳女性が受けた子宮頸がん検診の結果を分析。
調査対象の全員がワクチン未接種だった平成3〜5年度生まれの7872人で、
子宮頸がんの手前の段階とされる「CIN3」(高度異形成と上皮内がん)が7人いたのに対し、
約8割が接種を受けた6〜8年度生まれの7389人はCIN3が0人だった。
上田氏は「接種で、子宮頸がんになる人を将来減らせると予測できる」と強調する。

 一方で「健康被害報告」も相当数ある。厚労省によれば、頭痛などの症状で「副反応」が疑われたのは10万人当たり92人。
接種時の痛みや不安などが影響を及ぼした「心身反応」との専門家の見解などもあるが、健康被害を訴える患者らは「症状が違う」などと反論。厚労省は勧奨再開の判断を先送りにしている。
https://www.sankei.com/life/news/190830/lif1908300003-n1.html

子宮頸がんワクチン、14カ国の調査で効果明らかに 撲滅の可能性も
https://www.bbc.com/japanese/48795883

新着レスの表示
レスを投稿する