阿含宗という宗教286 [無断転載禁止]©2ch.net

1口下手番長2862017/09/12(火) 12:20:08.11ID:09jttMwt
このスレッドは阿含宗批判が目的です。
霊感商法、霊視商法をするカルト宗教・阿含宗の宗教詐欺を世に知らしめるためのスレッドです。

■阿含宗関連サイト■

考察資料の総合案内「agama考察室」
  http://agama.zouri.jp/
議論スレ:「阿含宗と桐山氏について」(したらば)
  http://jbbs.shitaraba.net/internet/3419/
過去のザビビ復活!ザBBS(過去のザビビよるデータをFC2に譲渡)
  http://thebbs.fc2.com/ (阿含スレは”桐山氏と阿含宗について”)
テーマ別の阿含宗批判「agama galage」
  http://agon.konjiki.jp/
過去ログ倉庫:「阿含宗という宗教」
  http://souko.digi2.jp/
過去ログ倉庫:ザビビ「阿含宗と桐山氏について」
  http://agama.ehoh.net/kakoindexthebbs.html
阿含経の分析や研究に 「agama 研究室」(アーガマ 研究室)
  http://agon.genin.jp/
退会について考えたり相談できるサイト 「agon secession club」 略称ASC 
  http://agama.jounin.jp/

448ユビキタス ◆Pwwkr6/7qicR 2017/09/22(金) 01:00:18.23ID:1sRpds5q
訂正
学者でも沙門果経を沙門の修行を知る貴重な資料として考察材料にする人もいます。

学者でも沙門果経を釈尊自身の修行を知る貴重な資料として考察材料にする人もいます。

449神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 01:50:47.67ID:aPfSV8va
💕愛人エロカワさん
みっけ〜www

https://i.imgur.com/fhRYo5g.jpg




のちに
二人は
東京地方裁判所で
大喧嘩裁判することになりました
桐山管長は
まったく
未来透視できませんでした

占い師の自分知らず。
プッ w

✋😊💕

450神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 07:01:08.29ID:4Q1/g3V9
だからぁ、心の統一とか、心の清浄とかを阿羅漢=仏=悟り=解脱だとする定義は仏教辞典のどこにもないのだよ!そういう定義は深山ユビ教だけだってのよ。仏教辞典を無視した議論はもはや仏教論ではないよ。

451神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 07:10:25.85ID:4Q1/g3V9
四禅は色界の禅定なのよ。分かる?色界の上に無色界があるのよ。欲を離れて喜楽生じて初禅に入る、と経にあるでしょ。あれは欲界の欲を離れてという意味ですよ。欲界→色界→無色界、とあって四禅は色界の禅定なのよ。

452神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 07:15:05.46ID:NR/manhh
>>450
桐山の悪因縁(運命の星)を切るとかも、仏教辞典にないわな(笑)
桐山の骨を拝むもないしw

453神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 07:19:31.87ID:4Q1/g3V9
だから四禅をマスターすると三明の世界が始まるのです。三明とは経典の「種種神通境界」の世界なのよ=アナゴンクラスの世界なのよ。私もほんの少しだけ、三明が架空の話ではないことを知ったからね。レスしているわけさ。

454神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 07:22:54.64ID:4Q1/g3V9
悪因縁の星を切る、は仏教辞典にあるよ。
それも知らないで議論しているわけか?アホ

455神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 07:26:16.07ID:4Q1/g3V9
桐山の骨を拝むもない?
アホか
何宗でも宗祖を拝んでいるだろが。

456神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 07:29:36.32ID:4Q1/g3V9
空海様に至っては拝むどころか毎日の食事を千年もお供えしているよ。

457神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 07:52:07.57ID:wldj6U7W
💀わざわざニューヨークまで行き
協会で護摩を焚いたのに
勲章もらって
喜んで
挙句の果てが
一年後、
911テロの未来予知
透視霊視すらできなかった、
ニューヨークは
コッパミジンのめちゃくちゃに。
何のためにNYに行ったの❓❓❓

《ニューヨーク護摩法要》
https://i.imgur.com/TlRCEXW.jpg

458神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 11:47:15.43ID:EM0XKpo1
ブッダの時代を学んでみればわかることだが、
それら説法の多くは古い詩句からなる古典であり、
煩瑣な階位や解脱の区別ごとにブッダは説いていない。
例えば「最初期の仏教においては修行の実践に関する階位的区別は
考えられていなかった。」「四禅に関する説明は後に付加された
ものである。」(中村元)

仏教においての出家修行者沙門は、煩悩を滅し尽くし、
解脱をし涅槃を得ていたのです。
ブッダも煩悩を滅して解脱し、それらを顧みて解脱へ
至るメカニズムを智恵によって後から考察したからだ。
仏教の解脱とは煩悩を滅し尽くし苦から解放されることだから、
縁起を知って解脱したのでも無常を知ったことで解脱したのでもなく、
煩悩を滅したから解脱したのだという原理原則を忘れては困る。

それを叙述的に見返しして分類したのが、慧・心・具解脱なだけだ。
戒定慧とは常にワンセットでスキルアップされていく。
図式すれば戒定慧→解脱→解脱知見です。
ユビキタス氏も述べているように、智恵によって四諦を覚り、
解脱したという事実を知見により確認するという果報が、
修行者にはある、解脱→解脱知見を最高最後にした(沙門果)。
大本で分類してブッダは大王に説明したのが沙門果経であって、
まだ修業を決心して始めようともしない相手に、
それがたとえ王であろうと、いっぺんに修行方法や階梯順序を教えて
即時に理解を得られるなんてブッダは考えていない。
だから沙門果経は、その目で見れば非常に簡略化されたお経だ。
これを理解したら、沙門果経の説く意味が解る。
実践が先で、論理はあとからということです。
四諦や縁起で解脱するのではないということが理解できていれば、
沙門果経が修行の階梯や順序を指し示しているはずはない。
深山氏の>>354-355>>359は、その意味するところを端的に指摘している。

459深山 ◆lDoupiXSYZNC 2017/09/22(金) 12:00:20.22ID:7M7bc1qS
>>412神も仏も名無しさん2017/09/21(木) 12:47:59.81ID:RhpgIs0t
>根拠は経典そのものです。
>その経典には解脱への順序が説かれている。

根拠とした沙門果経のどこに「解脱への順序」と書いてあるのだ?
どこにも書いてありません。
書いていないことを読むのはやめなさい。
「順序が説かれている」はペテン大作さんの解釈、あなたの個人的な説です。
自分が解釈してしまうと、まるで経典にそのように書いてあるかのように錯覚する。
自分の解釈と経典の文言を区別できないのは幼児性です。

経典に書かれているのではなく、経典を読んで、あなたが順序だと解釈したのです。
だから、阿含経の本文からも何も根拠を示せないし、
もちろん、学者の説も出せない。
あなた以外は、私の知る限り、ほぼ全員があれは沙門の果報の
話とみなし、解脱の順序だなんて言っている人は見たことがない。
あなた以外に、誰もこれを順序だと主張する人はいない。

なにせ題名からして果報と書いてあり、中身を読めば、
王様は果報を質問しているのだから、釈尊は果報について
答えたと普通の国語力にある人は読みます。
だが、普通の国語力のないペテン大作さんは、順序だと
「思い込み」「決めつけて」読んで、十年間、その間違った解釈を
前提として、四禅や心の安定について議論してきた。
その前提が間違っていると、何度指摘されても、今のあなたが
そうであるように、頑迷不屈に絶対に受け入れない。

460深山 ◆lDoupiXSYZNC 2017/09/22(金) 12:05:55.20ID:7M7bc1qS
>>433神も仏も名無しさん2017/09/21(木) 21:44:16.86ID:0mIYoKPj
>仏教では経典に書かれた内容が全てです。

そのとおりです。
それで沙門果経のどこに順序だと書いてあるのだ?
釈尊がいつ、これは解脱の順序である、と述べたのだ?
どこにも述べていない。
ペテン大作さんは他人には上記のようにお説教を垂れながら、
書かれていないことを読んでいる。
どうしてそんなに図々しいのだ?

釈尊が説いた相手は王様、つまり在家です。
>>458さんが指摘しているように、出家する可能性もない俗人の王に
解脱の順序を説いて、何の役に立つのだ?
王は他宗教に対して仏教の売り物は何なのかと質問したのです。
ド素人の王に修行の階梯を説明したって、「なんのこっちゃ」です。
ペテン大作さんにはわからないのだろうが、
釈尊は仏教の解脱の境涯がどれほど素晴らしいかを説明したのです。
ただ四禅という瞑想や、神通という超能力なら他の宗教も売り物にしていた。
煩悩から解放された境地がどれほど素晴らしいかを王に説明したのです。
ほぼ全編、煩悩からの解放という果報のすばらしさを説いた。
だから、四禅のところに煩悩からの解放が出てきても何の不思議もない。
あれは順序ではなく、比丘たちは日々あのように実践して、煩悩から解放され、
心の安定を保つという大きな果報を得ていると説いているのです。

461深山 ◆lDoupiXSYZNC 2017/09/22(金) 12:10:33.56ID:7M7bc1qS
>>433神も仏も名無しさん2017/09/21(木) 21:44:16.86ID:0mIYoKPj
>仏教では経典に書かれた内容が全てです。

どうしてユビキタスさんの四諦についての質問に答えないのだ?
と言われてもあなたは「何の質問?」くらいでしょう?
あなたは質問されても答えられないと無視する卑怯者なだけでなく、
質問の意味や意義が理解できない。
あなたの順序説の矛盾を指摘しているのですよ。
沙門果経が修行の順序なら四諦がそこにあるのはおかしいのです。
四諦を何も理解していないから、あなたは四諦の後で
ようやく解脱するのだなんてお笑い説を出している。

四諦とは修行法などではなく、修行法を含めた仏教のすべてです。
総合目録、総合メニューです。
釈尊が沙門果経で説明した内容のほぼすべてが四諦の中に入っている。
四諦という修行法で解脱するのではなく、仏教の内容を表したのが四諦です。
あそこで四諦を出すのは、それまで「東京に住んでいる」「港区住民」
「三田です」と説明していたのに、唐突に「地球にいる」と言ったようなものです。
こういう仏教の基本をペテン大作さんは知らないから、
四諦で解脱したなんて、恥ずかしいことを平気で言っている。
あなたは書いてあることが読めない、などと他人を高笑いしながら、
実際はあなたの無知を晒している。

462深山 ◆lDoupiXSYZNC 2017/09/22(金) 12:17:07.31ID:7M7bc1qS
>>433神も仏も名無しさん2017/09/21(木) 21:44:16.86ID:0mIYoKPj
>仏教では経典に書かれた内容が全てです。

順序説をあなたは絶対に引っ込めない。
なぜなら、それを引っ込めたら、十年間、書き続けた内容が全滅です。
根拠のない思い込みから、十年間、私を罵って来た。
これが現実で事実だが、卑怯者のペテン大作さんが
自分の間違いなど認めるはずがない。
あなたにはそんな男らしさはない。
順序説が間違いだと認めたら、自分の愚かさを認めることになるだけでなく、
私への攻撃ができなくなる。
あなたの憎悪をぶつけるという大快楽が失われるから、
絶対に順序説を引っ込めない。

1.5来補さんと同じように、反論を無視して、相手があきれて黙るまで
同じ事を繰り返し繰り返し書き込んで、自分が正しいと思い込む。
1.5来補さんをみてごらんなさい。
飽きもせず、反論を完全に無視して、何をどう書かれようが、
同じ話を何度も何度も書き込む。
彼の頭の中にはそれしかないからです。
これが今後のペテン大作さんの姿です。
ペテン大作さんもこれまでの人生でずっとそれをして来たのでしょう?
だから、周囲はあなた方を嫌い、関わりを持たないようにしたのです。

463深山 ◆lDoupiXSYZNC 2017/09/22(金) 12:22:26.49ID:7M7bc1qS
>>416神も仏も名無しさん2017/09/21(木) 13:08:00.88ID:RhpgIs0t
>嘘を付くのは止めなさい。
>あなたは「四禅の説明の段階で解脱した」と言ったのではない。

275 :神も仏も名無しさん:2008/11/23(日) 22:17:43 ID:574E+w79
>また、黄廬園経では三明の前に四禅の記述もあります。
>桐山さんが引用していないから、>175では引用しなかったが、
>三明の前の四禅で釈尊はすでに涅槃を得たと述べているのです。

私の嘘ではなく、ペテン大作さんの決めつけです。
あなたの順序説を私も受け入れるべきだという幼児性です。
幼児のように、自分の説と他人の説の区別さえもつかない。
だから、また順序説を私の275の文章にあてはめている。
>>422もそうだが、私の文章にあなたの順序説をあてはめて
解釈するのはやめなさい。
私はあなたほどに読解力は低くないから、
沙門果経が解脱の順序だなんて愚かな説は唱えたことはない。
少しは他人の説を理解しようという知性は残っていないのか。
私は沙門果経は解脱の順序ではないと十年前から述べています。
沙門果経は沙門の果報、解脱の果報を述べたのだから、
釈尊の説明のどこに解脱が出てきてもおかしくない。

464深山 ◆lDoupiXSYZNC 2017/09/22(金) 12:28:38.00ID:7M7bc1qS
>275 :神も仏も名無しさん:2008/11/23(日) 22:17:43 ID:574E+w79
>また、黄廬園経では三明の前に四禅の記述もあります。
>桐山さんが引用していないから、>175では引用しなかったが、
>三明の前の四禅で釈尊はすでに涅槃を得たと述べているのです。

私の書いた上記の275こそ、議論の本流です。
議論の始まりは、「桐山神通力解脱が嘘か本当か」です。
私は神通力解脱が嘘だと批判したことにペテン大作さんが咬みつき、
根拠としてあなたは沙門果経を出した。
阿含経にも神通力による解脱があるという主張です。
私は、神通の前の四禅の所にすでに「心の安定・・・」という
解脱の記述があるのではないか、と指摘して、
神通力解脱の証拠にならないと反論した。
だが、あなたは「心の安定・・」は解脱ではないと反論した。
そこで、そんな記述は沙門果経だけでなく、
黄廬園経にもあるというのが、私の十年前の275の指摘です。
あなたの擁護した桐山神通力解脱を否定したのです。
あなたの順序説が仮に成り立つとして(私は認めていない)、
神通力で解脱するなら、神通力の後に解脱があるはずなのに、
その前に「心の安定・・」という解脱の記述があるのはおかしい。
それが沙門果経だけでなく、他の経典にもあるというのが私の反論です。
沙門果経も黄廬園経もあなたの順序説では成り立たず、
沙門果経は桐山神通力解脱の根拠にはならないと反論したのです。

465神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 12:36:28.62ID:NR/manhh
>>454
>悪因縁の星を切るは、仏教辞典にあるよ。

このスレを読んでいる人の中には仏教辞典を持っていない人もいるのだから、どんなふうに載っているのか書いて下さい。
まさか四の五の言いながら書かないなどということは無いでしょうね。

466ユビキタス ◆Pwwkr6/7qicR 2017/09/22(金) 12:39:46.34ID:1sRpds5q
>>417 神も仏も名無しさん 2017/09/21(木) 13:11:36.74 ID:RhpgIs0t
>深山ユビキタスは大嘘付きだというのは
>重大なテーマです。

あなたのやり方、考え方は根本的に間違っています。
まず私にしても深山さんにしても仏教、仏教学の専門家ではなく素人です。
素人なんだからいつもいつも間違いをしないなんて思いません。間違いもあるでしょう。
ならばアゴン宗批判を目的とした書き込み内容におけるネタでのみ、それが発見されたら
指摘すべきです。
批判ネタ、それは仏教の教学にも大きく関わる話で、例えば現世の不幸な運命の星を
潰して幸福な人生を築く因縁解脱なんてものは用語もなければ考え方もないというようなネタです。
こういうネタに我々の間違いとか無知を発見したら根拠を示した上で反論すべきです。
しかしあなたはそうでないネタでこちらを否定しようとしている。
仮にあなたが指摘したスレに関係ない別の仏教知識ネタで、あなたの方が正しく
こちらが間違っていたとしても、だからと言ってこちらの書くことは全部信用ならん
なんて話にはなりません。
そう思わせようというのはあなたの姑息な印象操作です。
こちらはアゴン宗を批判するにあたり、いくつも複数ネタがある中で、いちいちその個別のネタごと
真剣勝負なのです。
だからあるネタが正鵠を射ていたからと言って、別のネタも正しいなんて話にはならない。
検証は個別のネタごとされなければならない。
しかしあなたはこういうところが横着なんですね。
何か一つ粗を探して(残念ながらこれまでその粗にもなるようなネタを指摘されていないが)
それでこちらを全面的に信用ならんと思わせたいのです。
政策の議論を堂々とするのでなく、愛人問題を暴露して地位ごと失脚させようとするのに
等しいやり方です。
しかし愛人問題でもなく、やはり政策の問題しかしていないから、愛人→失脚にすらできない。
だからあなたの全面的信用失墜の画策なんて空しく認められない。
世間はそんなに甘くない。
こうしてあなたの全力を見ると、如何にあなたが社会的にも能力が著しく低いかもよくわかる。

467深山 ◆lDoupiXSYZNC 2017/09/22(金) 12:50:02.69ID:7M7bc1qS
>>420神も仏も名無しさん2017/09/21(木) 13:25:56.78ID:RhpgIs0t
>では解脱と解釈しなかった学者たちは
>付随煩悩を解脱だと理解出来なかったということなんだね。

私の>>405の野球や相撲の例えもわからないらしい。
沙門果経の果報の説明のほぼすべてが解脱の果報の説明です。
沙門の果報とは解脱の果報です。
仏教の売り物は解脱以外何もない。
解脱こそがすべてで、沙門果経の釈尊の説明はほぼ全部が
解脱の果報です。
学者たちは解脱の果報の説明をしているのだから、
いちいちこれが解脱ですなんて言いません。
まさか、あなたみたいにこれを修行の順序だなんて
変な解釈をする人がいるとは世間の人々は想像もしないからです。
ホームランとは家のことではなく野球であり、
金星(きんぼし)とは惑星のことではなく、横綱に勝ったことです。
それを解説者はいちいち、これは野球だ、相撲だなんて解説しない。

ペテン大作さんと違い、普通の人は前提となっていることを
頭の隅に置いて文章を読むのです。
あなたは前に、盂蘭盆の学者の論文のまとめの文章とは逆の結論を出した。
普通の人はまとめを前提として読むから、それと逆の結論は出さない。
他人を責める前に、自分の読解力や国語力の低さ、
視野の狭さを自覚してはどうか。(←無駄な助言)

468深山 ◆lDoupiXSYZNC 2017/09/22(金) 12:55:27.28ID:7M7bc1qS
>>418神も仏も名無しさん2017/09/21(木) 13:19:01.11ID:RhpgIs0t
>いい大人がつまらん屁理屈を捏ねるなよ。
>八等至は解脱ではないし、四禅も解脱ではない。
>そういうあなたは解脱だという説を出せないではないか。

解脱だという説が出せない??
私は昨年も「心の安定・・」は解脱を表すことを経典を引用して示し、
さらに今回も>>408-409,411で引用した。
だが、ペテン大作さんの目にはまったく見えないらしい。
釈尊自ら、また阿羅漢自らが解脱を「心の安定」と繰り返し述べているのに、
あなたはどこを読んでいるのだ?
学者の解説でさえもなく、阿羅漢たちが解脱を心の安定と述べているのです。

「心が安定し、清浄で純潔となり、汚れなく、小さな煩悩も離れ、」
(『原始仏典 1』春秋社、96頁)

「小さな煩悩も離れ」たのなら、大きな煩悩は離れていることくらい、
いくら国語力の低いペテン大作さんでも理解できますよね?
大きな煩悩も小さな煩悩も離れた状態を仏教では解脱といいます。
だから、四禅の記述の段階(順序ではない)では解脱しているのです。
釈尊は順序を述べているのではなく、沙門の果報、解脱の果報を
述べているのだから、当たり前です。
あなたが無視するから、何度でも書くが、入滅の時の
釈尊は初禅から入って、しかも第四禅で入滅したのですよ。
では、入滅前も入滅後も釈尊は解脱していなかったのですか?
あなたの順序説ではそうなってしまう。
それともあなたは阿羅漢に向かって、「おまえたちは解脱ではない」と
言うつもりか?
いや、どうやら、ペテン大作さんはそう言いたいらしい。

469深山 ◆lDoupiXSYZNC 2017/09/22(金) 13:00:32.37ID:7M7bc1qS
>>421神も仏も名無しさん2017/09/21(木) 13:34:46.49ID:RhpgIs0t
>ならば「煩悩すでになく」は解脱ではない。

おやおや、ついに仏教の解脱の定義まで否定した。
解脱の定義は「煩悩からの解放」と決まっているから、
ペテン大作先生様のオツムでの決めつけは必要ない。
書いてあるとおりに読めばよいだけです。
煩悩がない、とは仏教では解脱そのものです。

解脱「仏教では煩悩から解放されて自由な境涯になることをいう。」(岩波仏教辞典)

私がこの定義を認めるのかと二年前にあなたに質問したら、次のように回答した。

>413 :神も仏も名無しさん:2015/08/12(水) 03:13:13.47 ID:5KviZLQ/
>もちろん、この定義に異論などありません。
>仏教は煩悩を無くすことが目的です。

ようやく漏尽解脱を認めて、ペテン大作さんでも進歩するのだと
少し感心していたら、二年後にあっさりと否定した。
>>167-168にペテン大作さんの自己矛盾、自家中毒を出したが、また一つ増えた。

470深山 ◆lDoupiXSYZNC 2017/09/22(金) 13:04:10.99ID:7M7bc1qS
>>167-168の追加
その4 煩悩からの解放を解脱だと書いたり、解脱でない書いたりした
>>421神も仏も名無しさん2017/09/21(木) 13:34:46.49ID:RhpgIs0t
>ならば「煩悩すでになく」は解脱ではない。
>413 :神も仏も名無しさん:2015/08/12(水) 03:13:13.47 ID:5KviZLQ/
>もちろん、この定義に異論などありません。
>仏教は煩悩を無くすことが目的です。

負けたくない一心で、ついには仏教の解脱の定義さえも撤回。
やはりあなたは因縁解脱説に戻ったのだ。
戻るのはやめたほうが良いと私が助言したから、
深山の助言に逆らってやるという方針のようです。
1.5来補さんの因縁解脱の説明を引用して、正解だとまで書いたのは(>>179)、
読み違いしたのではなく、本気だったようだ。
これからどうやって因縁丸出しの桐山さんを因縁解脱だと擁護するのだ?
漏尽解脱でなければ説明のつかない大目連の死をどう説明するつもりだ?
自己矛盾して、もっと苦しい立場に追い込まれるのがわからないらしい。
相手をぶちのめすためなら、真実も事実もあなたにとってはどうでもよいようだ。

仏教の解脱の定義さえも違うあなたと、沙門果経の解脱について議論しても意味がない。
阿含経についての議論をするなら、仏教辞典に書いてあり、
しかも学者の多くが認めているような内容は前提としないと話にならない。
解脱の定義の違う相手と、阿含経にある解脱についての議論はできません。

471神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 13:52:31.15ID:pw//dgNR
煩悩を無くす、という手品が好きなようだが。

472神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 15:42:23.76ID:4Q1/g3V9
素人が経典の一部分だけ引っ張り出して議論しても、正しいものとはなり得ない。仏教辞典は経典全体から大事なところをまとめたものだ。しかも、学者の共同執筆であるから個人的な見解ではない。だから仏教辞典を引用すること。

473神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 15:49:04.71ID:4Q1/g3V9
さてそこで、岩波仏教辞典に煩悩を断じることが大乗仏教の基本思想である、と説明しているが、初期仏教の基本思想なり目的が煩悩を無くすこととはひと言も書かれていない。初期仏教以来、修行の目的は苦滅だとの説明はあるが。

474神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 15:53:56.82ID:4Q1/g3V9
明らかにしたいのは、大乗仏教の基本思想や目的ではない。初期仏教=釈迦仏教、の目的なり基本思想を明らかにしたいわけです。そして、岩波仏教辞典では、大乗仏教の目的は煩悩滅であり、釈迦仏教の目的は苦滅だと説明している

475神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 16:00:41.98ID:4Q1/g3V9
明らかにしたいのは、大乗仏教の基本思想や目的ではない。初期仏教=釈迦仏教、の目的なり基本思想を明らかにしたいわけです。そして、岩波仏教辞典では、大乗仏教の目的は煩悩滅であり、釈迦仏教の目的は苦滅だと説明している

476神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 16:01:55.33ID:4Q1/g3V9
苦滅と煩悩滅とでは別の話なのです。

477神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 16:10:17.99ID:4Q1/g3V9
岩波仏教辞典では、「初期仏教以来、修行の目的は苦滅」と説明している。それは目連の死に方などとは関係ない。玄人の学者の総意である仏教辞典に書いてあるのだからね。煩悩を断じるのは大乗仏教の基本思想と書いてある。

478神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 16:18:06.32ID:4Q1/g3V9
少し誤解があるようだが、苦滅と言っても完全な苦滅は無余涅槃を得たときですよ。肉体を得ているうちは完全な苦滅とは違います。だから有余涅槃と無余涅槃と区別されているのです。

479神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 18:21:48.94ID:90HHdv6w
自己錯覚陶酔
演出がうまいよね〜
https://i.imgur.com/fSBRoqg.jpg

480神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 19:22:08.09ID:aW5UsZY+
苦滅という、手品が好きなようだが。
煩悩滅という、手品が好きなようだが。

481神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 19:22:23.87ID:4Q1/g3V9
悟り=解脱=涅槃、を示す言葉として岩波仏教辞典にはいくつも出ている。苦滅・煩悩滅・業停止・縁起滅・知恵慈悲の完成・真理を悟る・輪廻滅などです。しかし、心清浄とか、心の統一とか、心の安定だとかは一言も出ていない。

482神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 19:44:22.67ID:aW5UsZY+
481.
悟り=解脱ではない。
解脱=涅槃ではない。

483神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 20:32:21.24ID:NR/manhh
>>472〜478
だ〜か〜ら〜、>>465から逃げてないで答えろよ。
嘘だから答えられないのだろバ〜カ

484神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 20:57:39.19ID:4Q1/g3V9
深山くんの応援隊の批判派の皆さんには大変お気の毒ではあるが、真実は知っていた方が良い。岩波仏教辞典には、悟りや解脱や仏陀や涅槃の説明に、心清浄とか、安定とか統一とか、は一言も出ていないのです。つまり関係ない。

485神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 20:59:12.62ID:uXt0dZsN
😊勲章好きの桐山管長(笑)

https://i.imgur.com/1vZL2bK.jpg

486神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 21:02:12.72ID:4Q1/g3V9
心清浄とか、心の統一とか安定だとかで解脱だというのは深山ユビ教であって、岩波仏教辞典では一言もそういうのは出て来ませーん。
つまり、深山ユビ教はインチキなのです。アホだけが騙されるのです。

487ユビキタス ◆Pwwkr6/7qicR 2017/09/22(金) 21:21:19.66ID:1sRpds5q
明日9月23日にニビル星が地球に接近して衝突して地球は滅びるとか説いている人とか
世の中にいるみたいですね。明日でも10月でもよいが、今日に至るまで観測もされていないモノが。
面白え。なんでもぶつかってみやがれ。
金は払わねえぞ。

488神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 21:29:22.62ID:uXt0dZsN
😤はやく
祈りによって🙏
北ちょーせんのでぶを🐷
抹殺して下さい😈

https://i.imgur.com/wQ61afg.jpg

489神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 22:02:45.61ID:5NQbFoVG
日々、15分間の黙想、瞑想すら実行しない者たちが
禅定や菩提に関し散々に言い合っても益なし、なんですが値段。
君らがあれこれ言い合う所のお経は参考書なのでありますよ。
桐山氏の教説も一個の参考事例、天台智もそう、阿字観もそうです。

490神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 22:18:54.54ID:4Q1/g3V9
深山ユビくんの虚しくも熱意ある百万の言葉よりも、仏教辞典一言の方が説得力があるわけです。心清浄、心統一が解脱だと一言仏教辞典にあれば、深山ユビくんなどの百万の説明も不要なのだが、残念ながら辞典には一言もない。

491神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 22:23:23.97ID:NR/manhh
>>486
早く>>465に答えろよ。

492神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 22:23:29.50ID:NR/manhh
>>486
早く>>465に答えろよ。

493神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 22:30:31.85ID:NR/manhh
>>397
>だからアホは困る。欲界の小さな煩悩も離れたということだよ。

だけど、桐山は欲界の大きな煩悩も小さな煩悩も離れていないw
だから、若い女にホテル代を同封しておくから、今夜にでも。
などとのたまうのである。更に愛人から訴えられる。
これを阿含宗では【色情の因縁】という

494神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 23:09:06.73ID:oKCla1MR
@三学修行には修行順序が存在する。

>>458神も仏も名無しさん
>四諦や縁起で解脱するのではないということが理解できていれば、
>沙門果経が修行の階梯や順序を指し示しているはずはない。

>>459深山
>根拠とした沙門果経のどこに「解脱への順序」と書いてあるのだ? 
>どこにも書いてありません。 
>書いていないことを読むのはやめなさい。

それはあなたの方だろう。
「心が統一」の文言が解脱だと何処に書いてあるんだ?
自分で自分のクビを締めているのが分からんのか。
もうオウチに帰りなさい。

深山ユビキタス等は釈尊が順序立てて説いているのを否定した。
こうなるともう完全に経典無視だ。
仏教を少しかじった程度でこうまでのぼせ上がるとは、
慢心とは怖ろしいものだ。 

495神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 23:26:39.28ID:oKCla1MR
@三学修行と八正道は対応している(1/2)
以前、深山ユビキタスの仲間は
次のように書いていた。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>212 神も仏も名無しさん 2015/09/13 21:34:37

>209(続)

>「不苦不楽」の境地は、「苦を滅した」境地 であると勘違いされやすく、その誤解が真の解脱への
最大の妨げとなるのです。
>最後の 四禅定 の中には、痴(愚痴)という最強の固執が内在しているのです。
>それを破るのが<慧>の中で最高の智慧だと釈尊が説いた「漏尽智」であり「四聖諦」を知って
「貪・愼・痴」という三つの煩悩から完全に解脱したのです。

>ですから、実際の修行道である「八正道」では最初に「 正見 (漏尽智) 」と「正思」という
「慧 ( 慧 → 戒 → 定 ) 」 の 修行 が置かれているのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最初の正見は漏尽智ではなく「有漏の正見」なので212は誤りだが、
ともかく八正道には順序があると考えているのは確かだ。
そしてそれを三学と比較検討している。
自分等の仲間が書いていることを無視して沙門果経には順序が無いとは
よく言えたものだ。
そして仏教学者も八正道と三学を比較検討している。
深山ユビキタス等の浅薄な知識による「素人の独断と偏見」など
お呼びでないのだ。

@三学修行と八正道は対応している(2/2)

『二カーヤにおける八正道と三学系統の修行道 』>>379

最初の正見は、業の果報と世間に等正覚者がいることなどを
信ずることで「有漏の正見」。
正定(四禅)の後に来る正見が「無漏の正見」で 三明に該当する。
だから慧→戒→定→慧→解脱→解脱知見の順になる。
水野博士は有漏の正見を「信」として信→戒→定→慧としている
(『原始仏教入門』(佼成出版社)。
このように三学に順序がある。
それは八正道によって証明できるのです。

496神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 23:32:00.08ID:oKCla1MR
@比丘は二度解脱するのか?

>>460 深山
>それで沙門果経のどこに順序だと書いてあるのだ?
>釈尊がいつ、これは解脱の順序である、と述べたのだ?

沙門果経の何処に「心が統一」の文言が解脱だと書いてあるのだ?
「心が統一され、清浄で、きよらかで、よごれなく、汚れなく、
柔らかで、巧みで確立し不動は解脱である」と何処に書いてあるのだ?

沙門果経
80「このように知り、このように見るかれには、
欲望の煩悩からも心が解脱し、生存の煩悩からも心が解脱し、
無知の煩悩からも心が解脱します。」

比丘は四諦認識の後「心が解脱します」と述べている。
これは何だ?
比丘は心が統一した後、また解脱するのか?
昔「007は二度死ぬ」という映画があった。
それと同じで「比丘は二度解脱する」のか?
逃げてないで答えなさい。

497神も仏も名無しさん2017/09/22(金) 23:57:53.83ID:oKCla1MR
@深山ユビキタスには釈尊の言葉はお笑い説らしい。

>461深山
>四諦を何も理解していないから、あなたは四諦の後で
ようやく解脱するのだなんてお笑い説を出している。

釈尊が説いていることがお笑い説?
苦、苦の成起、苦の滅尽、苦の滅尽にいたる道、
煩悩、煩悩の成起、煩悩の滅尽、煩悩の滅尽にいたる道を
あるがままに知るかれは、
欲望・生存・無知の煩悩から心が解脱します。

四諦を知るから解脱すると経典に書いてある。
これが釈尊の言葉です。
あなたはこれをお笑い説だと言った。
あなたやユビキタスはこの釈尊の言葉が理解できないのだ。
全ての間違いはこの言葉を理解できないことにある。
そこから「心が統一」が解脱だというそれこそお笑い説が出て来るのだ。
あなたやユビキタスは永遠に釈尊の言葉を理解できないだろう。
それが運命というものかもしれない。

@釈尊の言葉と学説の二大根拠は絶対です。
>>462 深山
>順序説をあなたは絶対に引っ込めない。
>なぜなら、それを引っ込めたら、十年間、書き続けた内容が全滅です。
>根拠のない思い込みから、十年間、私を罵って来た。
>これが現実で事実だが、卑怯者のペテン大作さんが
自分の間違いなど認めるはずがない。
>あなたにはそんな男らしさはない。

三学に順序があるということはもはや明白だ。
先に上げた龍谷大学の論文や原始仏教の最高権威であった
水野博士の言葉を見ればそれが明らかだ。
釈尊の言葉と仏教学者の言葉。
私にはこの揺るぎない根拠がある。
それに対してあなた方には自分等の思い込みしかない。
どう見てもあなた方に勝ち目は無い。
根拠の無い思い込みで私を侮辱してきたのはあなた方だ。
それが現実なのだが、幸いというべきか不幸というべきか、
あなた方は常に自分が正しいという便利な頭脳の持ち主なので
絶対に自分等の非は認めない。
私にはそれが十分に分かっているので
これからも頑張って悪業(いや善業かw)を積んでください。
私は私であなた方の嘘を言い続けます。

498神も仏も名無しさん2017/09/23(土) 00:12:38.65ID:nqv97alF
@学者が間違えたと大きな声で言ってごらん?

>467深山
>420神も仏も名無しさん2017/09/21(木) 13:25:56.78ID:RhpgIs0t
>では解脱と解釈しなかった学者たちは
>付随煩悩を解脱だと理解出来なかったということなんだね。

>学者たちは解脱の果報の説明をしているのだから、
いちいちこれが解脱ですなんて言いません。

付随煩悩は本当は解脱だったのだが
果報だから学者たちは言わなかったということだね。
ではどうして学者たちは「心の統一」の文言を解脱だと
言わなかったのだ?
これも「心の統一」の文言全部は解脱なのだが
果報だから言わなかったのか?
そんな理屈が通ると思っているのか。
随分と学者の仕事を舐めた発言だ。
学者たちが揃いも揃って果報だという理由で、
本当は解脱と書くところを書かなかったなんて話が
通ると思っているのか。
本当のことを言ってやろうか。
私から、学者たちは間違えていたんだねと念を押され、
間違いなら出版社に連絡するとまで言われて
あなたはビビったのだ。
そこで果報をいちいち解脱ですなんて言わない、と誤魔化したのだ。
学者たちは間違えたと言えばいいのにそれが言えなかった。
自信が無かったというのが正直なところだ。
図星だろう。
違うなら今からでも遅くはない。
「学者たちは間違えた」と言ってみるか?
言えないだろう。
結局あなたは大きなことを言っていても
それはこのスレの中だけの話で一旦ここから出れば
ただの小心者の臆病者だということだ。
社会に出れば小さくなっているのだ。
ついにバレましたね。

新着レスの表示
レスを投稿する