【大物なのに】 木下恵介 【スレ立たない】 [無断転載禁止]©2ch.net

1この子の名無しのお祝いに2016/08/25(木) 22:38:16.96ID:fbWaLc5l
立ってもすぐ落ちる
再評価の進む木下先生を語ろう

http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1425621106/

2この子の名無しのお祝いに2016/08/26(金) 12:42:11.54ID:LTGAG8qX
勃たないの????

3この子の名無しのお祝いに2016/08/26(金) 18:55:14.46ID:ihqm2/CY
浜松出の有名人。若い人はサッカー選手やタレント、モデル、俳優の筧だろうけど
80前後の老人は鶴田、きのけいなんだよね。
映画全盛期に青春を送った爺婆はとてつもない大御所的存在だったろう

4この子の名無しのお祝いに2016/08/26(金) 22:04:35.94ID:7R32Iqz1
NHKの訪問インタビューの再放送やってたけど面白かった
女性観とかはわりと昔気質

5この子の名無しのお祝いに2016/08/26(金) 23:40:36.42ID:cjIYHeAQ
Apple Storeの映画のところにソフト化してない木下監督作品がわんさかとある
レンタルで400円だったかな

6この子の名無しのお祝いに2016/08/27(土) 10:09:56.21ID:sQTpHRCi
ホモだけに

7この子の名無しのお祝いに2016/08/27(土) 10:10:55.50ID:M0sryB/D
http://www.n icovideo.jp/watch/sm18362302

2012.7.15 爆笑問題の日曜サンデー。
「27人の証言」のコーナーが、木下恵介特集。
貴重なインタビューの連続。

8この子の名無しのお祝いに2016/08/27(土) 11:18:22.41ID:TQ8ZlmdK
「今年の恋」を見ると、所々ギャグが滑って見える箇所がチラホラ
吉田輝雄と田村正和の妙(?)な芝居のせいかもしれない

9この子の名無しのお祝いに2016/08/27(土) 12:09:11.67ID:iISOiz52
弟の作曲家、忠は健在!

10この子の名無しのお祝いに2016/08/27(土) 15:51:08.51ID:YEaocuHH
「この天の虹」を見た。60年前のオレの家が映ってた。
ボロ家だった。

11この子の名無しのお祝いに2016/08/27(土) 16:47:33.03ID:sQTpHRCi
>>10
泣けたかい?

12この子の名無しのお祝いに2016/08/27(土) 22:22:38.14ID:M0sryB/D
>>10
あの映画は大変な問題作だと思うけど、公開当時の評価はどうだったんだろうねえ。
木下シンパである大島渚は、あの作品についてはスルーしてるな。

13この子の名無しのお祝いに2016/08/27(土) 22:35:49.30ID:H/CO5JD3
昔のスレはホモネタで埋めつくされてぶっ壊されたな。

14この子の名無しのお祝いに2016/08/28(日) 08:28:57.94ID:t6DQeGws
わがボロ家に少しホロッ。街は製鉄が無くなり人口急減、こんなに
賑わってたのかと驚き。結局条件のいいとこへ嫁ぐのかのリアルな結末は
今風で逆に評価上がるのでは。木下パワーはやはりすごい

15この子の名無しのお祝いに2016/08/28(日) 09:05:27.50ID:0ah6ZY3u
>>8

吉田輝雄と田村正和の共演! それは観なくては。

16この子の名無しのお祝いに2016/08/28(日) 10:37:58.82ID:i71O0mA+
「惜春鳥」なのかな、本編の監督としては
苦しくなったというか、下降線に入った作品というと

17この子の名無しのお祝いに2016/08/28(日) 19:10:17.32ID:dsrZl9Wa
3年前のクロ現

弱く、美しき者たちへ 〜今、世界が注目 映画監督・木下惠介〜
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3295/1.html

18この子の名無しのお祝いに2016/08/28(日) 19:11:04.15ID:dsrZl9Wa
今更ながら橋口亮輔がゲストだったんだよな

19この子の名無しのお祝いに2016/08/28(日) 20:48:14.23ID:mMyZ6ZOi
ゲイのためなら女房はいらぬ〜♪

20この子の名無しのお祝いに2016/08/28(日) 22:09:35.61ID:qAhCP7aM
木下恵介は、一度は結婚しているんだよな。

21この子の名無しのお祝いに2016/08/29(月) 22:33:28.81ID:dRSfu3X9
お気に入りはマッチョ系より美少年系

22この子の名無しのお祝いに2016/08/30(火) 08:11:27.86ID:a2d+rfh+
通俗乱作

23この子の名無しのお祝いに2016/08/30(火) 23:52:45.57ID:TDSSE/8Z
「衝動殺人 息子よ」

もうタイトルからしてムンムン匂ってるw

24この子の名無しのお祝いに2016/08/31(水) 09:04:26.89ID:Dm3wF6vR
田中健もお気に入り

25この子の名無しのお祝いに2016/08/31(水) 10:54:27.17ID:bxTBC8ip
お涙頂戴
安酒に酔う

26この子の名無しのお祝いに2016/08/31(水) 17:19:05.37ID:Hmo9eYno
「衝動殺人 息子よ」は公開当時
「いい年こいた親父と息子が仲良すぎて気持ち悪い」という批評があったな。

27この子の名無しのお祝いに2016/09/01(木) 05:40:10.89ID:jDrxpEou
>>26

父親と息子って仲が悪い方が普通だもんな。

28この子の名無しのお祝いに2016/09/01(木) 20:34:28.74ID:6jsFO/d0
しかし、「被害者の人権」という概念を初めて作り上げた作品としては貴重だ。
それまでは、誰もそういう発想すら持っていなかった。

29この子の名無しのお祝いに2016/09/01(木) 21:50:36.39ID:TjkMsvaE
木下ゲイ介は絶対死刑肯定論者だろうなあ。

30この子の名無しのお祝いに2016/09/01(木) 23:43:50.14ID:02UpDfmg
惜春鳥の佐田啓二は美しかった

31この子の名無しのお祝いに2016/09/02(金) 11:00:58.17ID:U/OBGkKx
息子の中井貴一はお気に入り?

32この子の名無しのお祝いに2016/09/02(金) 17:13:31.44ID:AoM+NOjE
☆ みな様、衆議院と参議院のそれぞれで、改憲議員が3分の2を超えました。☆
総務省の、『憲法改正国民投票法』、でググって見てください。日本国憲法改正の
国民投票実施のためにまず、『国会の発議』、を速やかに行いましょう。お願い致します。☆

33この子の名無しのお祝いに2016/09/02(金) 18:10:14.76ID:4juTN+f5
「お嬢さん乾杯」が、今神保町シアターで放映されている。木下恵介は原節子とはこれだけだったが、ラブコメで好きな芸能人が多い。しらく、愛川欽也ら。原節子がフリーなら、もっとやれたが。

34この子の名無しのお祝いに2016/09/02(金) 18:15:00.40ID:U/OBGkKx
>改憲議員が3分の2を超えました

改憲したくない公明党が足を引っ張りまくって一筋縄ではいかないよ

35この子の名無しのお祝いに2016/09/02(金) 23:14:32.10ID:YWNlscxn
松山善三が死んだ。
木下の弟子筋に当たる人でまだ現役なのは、山田太一だけかな。

36この子の名無しのお祝いに2016/09/03(土) 19:17:13.39ID:ZsPjn+l8
どうしようもない俳優だった菅原文太を
最初にちょびっと覚醒させたのは、この人

37この子の名無しのお祝いに2016/09/04(日) 10:13:44.66ID:wEt/sBEy
>息子の中井貴一はお気に入り?

中井はどうかわからんが、佐藤浩市を前にすればヨダレをたらしただろう

38この子の名無しのお祝いに2016/09/04(日) 11:42:49.05ID:F65vXdM1
>>37
好みは、エグザイルの若手たちじゃないの?
木下がいま生きてたら、奴らが川崎の工場で働く底辺労務者役の格差社会批判映画とか撮りそうだ。

39この子の名無しのお祝いに2016/09/06(火) 02:33:11.10ID:1VnbR53Y
>>38
それはさぞ面白そう。

40この子の名無しのお祝いに2016/09/07(水) 12:18:18.58ID:1hXOiH6h
『カルメン純情す』観た。
何でも安くと言えば人民は飛びつく、に吹いた。

41この子の名無しのお祝いに2016/09/08(木) 09:34:03.13ID:YFLlhI0V
昭和30年代半ば頃、松竹の入社試験をトップで合格してた人が、
全学連だか共産党員だかが理由で内定取り消されたことを
新聞に投書して怒ってたそうだね。

42この子の名無しのお祝いに2016/09/08(木) 11:17:36.80ID:U/Na8wcv
共産党に繋がる者は死ねば良い。

43この子の名無しのお祝いに2016/09/08(木) 13:39:30.58ID:krZsDosi
>>42
意味ワカランよなァ。木下恵介のスレッドで、そういう事を言い出す者がいるとは。

反戦映画「二十四の瞳」の原作者は、共産党員だった人だよ。

群像劇だった「女の園」のヒロインたちの中のひとり(山本和子)は、共産党下部組織の民主青年同盟のメンバーである事が暗示されていて、
物語の中心にいる久我美子とは途中で何度か反目しあう事もあるが、クライマックスでは二人は目を合わせて微笑みあう。

木下自身は共産党員ではなかったが、共産党の活動に対してある程度は理解をもっていた事は明らかじゃないか。

44この子の名無しのお祝いに2016/09/08(木) 13:41:45.86ID:krZsDosi
ちなみに、木下の愛弟子だった松山善三は、
共産党の息のかかった市民団体がスポンサーになっている映画を何本も撮った。
代表作である「典子は、いま」もそうだったし。

45この子の名無しのお祝いに2016/09/09(金) 01:49:51.81ID:mu8LPG/a
あの時代の共産主義はイコール反戦だからしょうがないよ。
今のブサヨとは違うだろう。

46この子の名無しのお祝いに2016/09/09(金) 07:58:56.03ID:uszGUu+w
共産主義者は日米を戦わせて漁夫の利を得ようとして成功した。
南進を煽ったのは体制にもぐり込んだ共産主義者のスパイ。

47この子の名無しのお祝いに2016/09/09(金) 10:56:16.85ID:f7T3T18q
>>45
おまえ、そういう書き込みをする事で「俺は木下恵介を擁護しているんだ」というつもりになってんの?
木下は、おまえと戦ってたんだよ。

>>46
とっとと死ねよ、精神異常者が。

48この子の名無しのお祝いに2016/09/10(土) 18:43:01.93ID:xUUwSX8J
>>5ですけど、正確にはApple StoreじゃなくてApple TVでした

49この子の名無しのお祝いに2016/09/11(日) 15:56:26.27ID:n8wDSFLh
>>43>>45
六全協までの日本共産党が武力闘争路線だったことを知らないゆとりか。
つーか共産党は所感派と国際派の内部抗争が激しかったから、
木下は共産党というよりもおそらく国際派とつながってたんだろ。

50この子の名無しのお祝いに2016/09/11(日) 19:08:24.36ID:y/lJ9JZF
松竹では小津安二郎は巨匠、木下は名匠といわれていたらしい。国内では黒澤と同等扱いされているのに、海外ではあまり聞かれないのは不思議なんだが。何が駄目なんだろう。

51この子の名無しのお祝いに2016/09/11(日) 19:52:12.02ID:lsgl8L1d
木下の『死闘の伝説』をヒントに
ペキンパーは『わらの犬』撮ったって勝手に俺は思ってる

52この子の名無しのお祝いに2016/09/11(日) 23:09:02.58ID:/C+8R814
木下惠介は日本映画のモーツァルトであった

53この子の名無しのお祝いに2016/09/12(月) 00:41:15.43ID:s0R6krtO
>>43
二十四の瞳の原作者の壺井栄の夫の繁治は党員だが、栄はシンパであっても党員ではないと思う。作品は反戦文学だが。

54432016/09/12(月) 20:35:30.92ID:hL5oJ5eH
>>49
共産党の歴史になんか別に何の興味も持たないままでいいから、>>45と勝手に乳繰り合ってろ。

>>53
どうだろう。
原作はモロに共産党色がムキ出しだし、壺井栄の小説は他に「母のない子と子のない母と」「若い娘たち」を読んだけど、
どちらもプロレタリア文学としか言えないモノだよ。
まあ、正式に党員だとは一度も公表してなかったみたいだけど。

55この子の名無しのお祝いに2016/09/13(火) 22:17:21.56ID:MxsBtHfe
>>36 文太で思い出したんだけど。

吉田輝雄は石井輝男があまりにも有名だけど、松竹で小津作品に出てるし、
木下にも気に入られてたんだよね。

56この子の名無しのお祝いに2016/09/13(火) 22:54:13.11ID:RkMsQqyc
お嬢さん乾杯みたいな気軽なのはいいよ
破れ太鼓も好きだな
渋谷の本日休診とか久松の警察日記も似たようなもんだ

57この子の名無しのお祝いに2016/09/14(水) 20:27:30.15ID:0UYMpsPr
>>51
ペキンパーは黒澤のことは尊敬してたけど
木下のことは映画はおろか存在すら知らないだろう

58この子の名無しのお祝いに2016/09/14(水) 20:31:09.80ID:n7q/VJTR
木下恵介は同じく松竹の監督である渋谷実と仲が悪かった。なぜだろう?
小津安二郎の葬儀でも、大変だったらしい。

59この子の名無しのお祝いに2016/09/14(水) 21:24:58.05ID:rJ5upN8p
>>58
黒澤は山本薩夫の事が嫌いで、山本の告別式には一応は参列したらしいけど、
読経の最中にブツブツと山本の陰口を言い出して、周囲の者にたしなめられたら逆切れして退席したらしい。

60この子の名無しのお祝いに2016/09/14(水) 21:26:01.12ID:rJ5upN8p
>>58
小津の争議の席で、木下と渋谷の間に何があったの?

61この子の名無しのお祝いに2016/09/15(木) 01:07:02.99ID:mCeDdsZB
>>60
序列は木下が上だが、水と油だった。小津の葬儀では関係者が気を揉み、2人の間に「君の名は」の監督大庭秀雄を入れてことなきをえたと。木下は木下組の俳優を、渋谷組に出ることを拒否した。

62この子の名無しのお祝いに2016/09/15(木) 01:17:33.78ID:6mB/dewj
小豆島の二十四の瞳映画村行ってきたよ
1988年版の二十四の瞳のセットらしいけど、村内に分教場?があって木下作品の解説パネルが並んでた
あとは二十四の瞳だけを上映するミニシアターもあったな

http://i.imgur.com/bQuVGZe.jpg
http://i.imgur.com/6yBBOmZ.jpg
http://i.imgur.com/kwJ3S5z.jpg

63この子の名無しのお祝いに2016/09/15(木) 01:46:50.27ID:DqgQSNtV
>>57

横レスだけど、たぶん、石井輝男も知らないだろうな…>ペキンパー

64この子の名無しのお祝いに2016/09/16(金) 00:02:16.50ID:rZuhKrEj
>>61
俺、生前の大庭監督と何度かお話した事あったけど、本当に温厚な人だった。
しかし、だから、弟子だった大島渚にもちっとも慕われなかったんだろうな。
作品を見ても、木下や渋谷のような毒気がまったくない。

65この子の名無しのお祝いに2016/09/16(金) 19:52:29.00ID:VfQ6SZho
木下にしろ黒澤にしろ
今生きてたら右傾化した今の社会についてどう思うだろう?
左翼が自壊して低俗なネトウヨがのさばってる現状をどう感じるか興味深い

66この子の名無しのお祝いに2016/09/16(金) 23:17:37.66ID:CsDuwO/M
木下は時代が保守化した80年代のインタビューですでに不快感を
吐露してたよ。
黒澤は右的な部分もあるからわからん。

67この子の名無しのお祝いに2016/09/16(金) 23:55:00.93ID:xuwpWFOG
大島は今となっては最高につまらんし別に好きな人はいいけど
木下や渋谷の方がよほどまともで普通なのだが
どういう訳かツマラン映画にされてる

68この子の名無しのお祝いに2016/09/17(土) 23:35:35.87ID:8iBJgUoG
保守化ならまだいいんだが
今はそれですらない
きわめて愚劣な状況

69この子の名無しのお祝いに2016/09/19(月) 17:09:55.33ID:cTySJwpn
木下は「カルメン純情す」で何でも原爆のせいにする原爆婆さんも軍国主義の女政治家も進歩派が女にだらしないこともひっくるめて全部バカにしてたから
今の時代にいたら反原発も女性進出を盾に軍国主義を進める女保守政治家も下半身にだらしないリベラルもバカにした映画を撮ってるだろう
最後はデコに戦争反対言わせて一応反戦映画の体裁をとってるけどね

70この子の名無しのお祝いに2016/09/19(月) 18:52:42.87ID:gaQ+akmL
「二十四の瞳」そのうちと録画してたらHDDが壊れた。
見逃して惜しかったかな?そんな事ないかな?

71この子の名無しのお祝いに2016/09/19(月) 19:01:25.10ID:kXfykm2h
「二十四の瞳」ぐらい有名な映画なら今後も色んな手段で見れるだろ

72この子の名無しのお祝いに2016/09/19(月) 20:23:23.70ID:WSlVLiXI
木下を全くダメとは思わないが笛吹川のセンスの悪さ
白黒に色塗ってもいいけど、色のセンスがすごい
色がついてなきゃまともなのにな

73この子の名無しのお祝いに2016/09/20(火) 12:48:21.66ID:+OZMdWuf
二十四の瞳の中でプロの子役だったのは尾津豊子と次郎物語に出た渡辺兄弟だけ?
尾津は松島トモ子の映画にちょっと出てたみたいだけど
http://eiga.com/person/172804/movie/

74この子の名無しのお祝いに2016/09/20(火) 13:21:27.73ID:4XTUsaQH
「香華」ってお釜受けするよね。木下恵介アワーとか、あの頃の婆さん
視聴者もみんな24の瞳は見てるんだよね。

75この子の名無しのお祝いに2016/09/20(火) 13:28:28.89ID:+OZMdWuf
お釜はお香華が好きってか

76この子の名無しのお祝いに2016/09/28(水) 02:53:20.55ID:z5sXgGW0
>>73
小ツル役の姉さんの方が当時のCMタレントや児童向け映画に出演していたらしい。

木下は役者の好き嫌いが激しいようだけど、歯医者の川喜多雄二や伊沢一郎を使って
ないよな。きらいだったんだろうな。

77この子の名無しのお祝いに2016/09/30(金) 00:24:02.05ID:9+ets5gU
僕はこの映画を見て、思ったことがあるんです。それはね、英国人と日本人、よく似ているいうことがわかったの。英国はアメリカと違って、木下恵介、山田洋次なの。
 つまり『二十四の瞳』や『寅さん』みたいなセンチメンタルが入ってるの。アメリカには絶対ない感覚。英国には、とにかく頑張ってやれよ、なんていうのがある。甘いけど、そうかぁ、と思ったね。
 英国人はどこか日本人と似てますよ。ハートウォーミング、歯をくいしばる、ひたむき。心のね、センチメンタル。『ブラス!』の、最後に成功、優勝するところ、英国はこんな感覚を持っていたかと、この映画の心がわかった気がしました。
 僕は英国映画、ヒッチコックばかり見てたの。違うんだ、こっち、『ブラス!』の涙もろさのほうに英国がある。これは一つの発見でした

78この子の名無しのお祝いに2016/09/30(金) 12:48:14.94ID:pBB1Bo+u
「この映画」ってどれ?

79この子の名無しのお祝いに2016/09/30(金) 15:53:35.65ID:9+ets5gU
77
淀川長治、ブラス!

80この子の名無しのお祝いに2016/10/07(金) 19:18:12.97ID:eVB6IJ6g
>>77

へえ…『寅さん』ってイギリス映画風なんだ。。。
『がんばれベアーズ』もアメリカ映画だけど、イギリス映画風みたいなもんかな。

木下恵介と全然関係なくてすいません。

81淀川長治2016/10/07(金) 21:12:28.16ID:yMKvXCgN
いろいろとコメディーの人いましたけど、バスター・キートンは絶対笑わないコメディアン、
これがまたおもしろいんですね。ストーンフェイス、そういうんですね。
ロイドいかにも明るい,チャップリンペイソス、デブくんいうのはもうドタバタ喜劇、その中でキートンは笑わない
バスター・キートン言いますと、どっちか言うとフランス映画的なんですねえ、もうそのペイソスが

82この子の名無しのお祝いに2016/10/08(土) 20:58:03.37ID:s6kJGnqI
>>70
字幕が気にならなければyoukuで見られるよ。ダウンロードおk。

83この子の名無しのお祝いに2016/10/11(火) 19:14:11.31ID:y11YyEGl
木下恵介の「風花」を観た。岸恵子、久我美子、有馬稲子のにんじんくらぶの3人がでていたが、いまいちだった。長野県の1959年の農村。風花の意味は分かった。これは冬の季語だね。俳句の。

84この子の名無しのお祝いに2016/10/11(火) 21:27:11.58ID:snrjlkF2
「女」を初めて見た。

木下は脚本を練らない習慣だったらしいが、そのデメリットが如実に出ている。
腐れ縁の男と別れられない女の性を描いていたはずなのに、クライマックスになって方向性が一変して、
悪人男に付きまとわれる女の恐怖を描くサイコ・ホラーになってしまってる。
個々の場面の演出には力が入っていて、その演出力のゴリ押しには最後まで圧倒させられるが、
見終わってみると、
「で、結局は何が描きたかったの?」
という疑問だけが残る。

それにしても、クライマックスのスケールと迫力は凄い。
昭和23年の時点で、何でアレほどまでの壮大な大火災場面と群集大パニックが撮影できたんだろう。
逃げ惑う大群衆の描写は、昭和29年の「ゴジラ」よりも派手だし、迫力がある。
実際に熱海の繁華街で人為的に火事を起こして撮影敢行したようにしか見えないのも、目を見張った。

どうやって撮影したのか、本当にわからない。

85この子の名無しのお祝いに2016/10/11(火) 22:01:36.58ID:w7LYHNBS
>>84

自分は、地味ィな石井輝男『黄色地帯イエローライン』みたいな話に感じました。。。>女
たしかにラストの熱海の所は迫力ありますけど。。。

ドメスティック・バイオレンスを描いた先駆け的な存在かも。

86この子の名無しのお祝いに2016/10/12(水) 07:40:11.43ID:0cqmBfuo
キノケイがハートウォーミングというのは誤解と思うけどね。
二十四の瞳やの野菊の墓の印象が強すぎるんだろなあ。

87この子の名無しのお祝いに2016/10/16(日) 02:55:59.99ID:vA2u3FQK
陸軍、は良かった

88この子の名無しのお祝いに2016/10/18(火) 20:07:53.38ID:TSDOn5US
木下恵介アワーのイメージ強いよやっぱ

89この子の名無しのお祝いに2016/10/18(火) 23:28:05.07ID:5Q9Eg1P7
あおい輝彦とか竹脇無我とか

90この子の名無しのお祝いに2016/10/21(金) 01:18:08.33ID:SBuF9Ejd
加藤剛とかも。
恵介アワー先に見てるとみんな映画よりもテレビドラマ俳優のイメージなんだよなあ。

91この子の名無しのお祝いに2016/10/22(土) 15:40:49.82ID:AjxmtKa5
「日本メジャー映画初のゲイ・フィルム」と言われる木下恵介監督作品『惜春鳥』観ました。正直、「登場人物の一人がなんとなくゲイっぽい」という程度なのかと思っていたら、もう、と〜んでもないっ

92この子の名無しのお祝いに2016/10/22(土) 16:03:18.32ID:AjxmtKa5
三島:チャップリンでは「殺人狂時代」が好きだ。「ライムライト」は大嫌い。
荻:三島さんはやはり濡れたのが嫌いなんだ。
三島:大嫌い。
荻:「しのび泣き」(ジャン・ドラノワ)なんてのは濡れたところと乾いたところの境目みたいなものだけれども。
三島:ああいうものは許容できる。ガイガー検査器をあてると、許容量のリミットだね。
荻:映画というものがすぐセンチメンタルに湿ってくるということ、これも考えなければならない問題でね。
三島:「二十四の瞳」は困った映画ですね。木下恵介さんのああいう傾向は買えないな。
荻:あの人は一歩退いて自分をいじめることができる作家だ。乾かすこともできる。湿らすことも……。
三島:だけど日本人の平均的感受性に訴えて、その上で高いテーマを盛ろうというのは、芸術ではなくて政治だよ。
荻:しかし映画はそのポリシーが……。
三島:あるのだね。(中略)国民の平均的感受性に訴えるという、そういうものは信じない。進歩派が
「二十四の瞳」を買うのはただ政治ですよ。

三島由紀夫
荻昌弘との対談「映画・芸術の周辺」より

93この子の名無しのお祝いに2016/10/22(土) 21:54:51.28ID:AjxmtKa5
木下恵介の脚本は必要最低限の台詞だけで情景描写などは記されていないから
脚本を読んだだけではおもしろくないと久我美子だかが言っていたね。
吉田喜重もシナリオ書きだけはまったく参考にならなかったと

94この子の名無しのお祝いに2016/10/22(土) 22:02:34.39ID:2qAOXUeL
>>92

石井輝男のラインシリーズもピンポイントで「センチメンタルに湿ってくる」所があるん
だけど、三島先生的にはどうなんだろう。許容範囲なんだろうか。

政治的・思想的には石井輝男って木下恵介よりもずっと三島に近い存在なんだけど、
石井輝男の視点は三島より庶民的(あるいは通俗的)なんだよね。

95この子の名無しのお祝いに2016/10/22(土) 22:39:38.78ID:G0t8lZy1
土方巽を媒介として三島と石井はつながる

96この子の名無しのお祝いに2016/10/23(日) 13:43:52.86ID:0FhbQQur
>>93
木下先生のは口述筆記なんですよね
映画界のモーツァルトという評もあって
先生の頭の中ではもうすべての情景がイメージとして完成していた

97この子の名無しのお祝いに2016/10/31(月) 13:22:34.48ID:c96zf0ug
ほとんどの作品で、主人公に確固たる信念がないというのも特徴的ですね。
世の中に振り回される、お人好しで卑小な小市民がほとんど。
ヒロイズム皆無というのもある意味スゴイかも。
あと、登場人物がやたら泣きまくりますけど、ウエットというのとは
ちょっと違う気がするのですけど、どうでしょう?

「日本の悲劇」は桂木洋子対高杉早苗がひどくキョーレツで、 しばしば主役が望月優子であったことを忘れます。(ワラ
ああいうスサマジク嫌なタイプの女は、凡庸な男性監督が撮ると、
表面的で見下した感じになったり、妙にお色気むんむんになったりするのに、
木下恵介が撮る嫌な女は、とことんリアルで、 ウワー嫌な女だけでは済まされない奥の深さを感じます

98この子の名無しのお祝いに2016/11/03(木) 12:43:30.48ID:H28h25jC
キノケイ
キノゲイ

99この子の名無しのお祝いに2016/11/04(金) 23:18:48.66ID:cGBTe2w/
>>84
女、自分も見たけどつまらなかった。
結局名が残ってる映画が面白いのかな。

100この子の名無しのお祝いに2016/11/19(土) 18:40:21.46ID:GNavaFLA
『破れ太鼓』観たけど、バンツマの顔芸とか東山千栄子の
モダンな画家が面白かった。
それにしてもウンコとカレーが出てくるとは・・・

101この子の名無しのお祝いに2017/01/02(月) 17:51:35.45ID:cVlzifW2
澁谷實は戦前、小津に次ぐ松竹の大御所で、新米の木下をさんざイビりまくった因縁があるんじゃなかった?
戦後は立場が逆転してさらに不仲に拍車がかかったという…

木下作品によく出てくる権威主義でわからず屋の頑固爺は、澁谷を筆頭とする気に食わない松竹の幹部連中達が念頭にあったのかも?

102この子の名無しのお祝いに2017/01/07(土) 21:08:17.48ID:mATxsE66
>>99
「女の園」「日本の悲劇」「永遠の人」「死闘の伝説」などの、日本のダークサイドを描いた木下作品は一般には忘れ去られているが、
しかし傑作だと思う。
木下=お涙ちょうだい系 というイメージが浸透してしまっていて、これらの作品は映画ファンでないと食指を動かさない。
TVでも放映されないし。

103この子の名無しのお祝いに2017/01/08(日) 12:58:54.43ID:5jwHfNqd
>>102
ぼぼ同感だが「死闘の伝説」をその3本と同列に置くのは違和感あるな。
クライマックスの銃撃戦は、ちょっとやり過ぎだと思う。
あれで作品の質をかなり落としてしまっている。

104この子の名無しのお祝いに2017/01/08(日) 14:08:34.83ID:Exz7VFmv
>>103
「女」の大火災シーン、「笛吹川」の全軍玉砕潰滅シーンなど、木下は波乱のスペクタクル場面では演出のエグさが容赦ない。
「日本沈没」を撮っていたら傑作になっていたかも。

105この子の名無しのお祝いに2017/02/07(火) 22:51:52.09ID:HnIeaJAZ
津川雅彦が日活から松竹に移籍して初作品が『惜春鳥』
だけどヒットしなくて、大船撮影所に衝撃が走ったそうだ

106この子の名無しのお祝いに2017/02/13(月) 13:49:09.47ID:juZ6T97p
「女の園」撮影中のデコに「ありがとね。いままで私が此処までこれたのも
デコちゃんのおかげよ」
「花咲く港」から、ずいぶんと経ったけど「24の瞳」で一気に上り詰めた感があるもんね

107この子の名無しのお祝いに2017/02/28(火) 08:10:19.37ID:ML7hltn1
死闘の伝説が好き
加藤嘉と加賀まりこと音楽カコイイ

108この子の名無しのお祝いに2017/03/05(日) 11:56:41.89ID:BFij27Be
↑東映移籍前でくすぶってた文太がホントにイヤな感じで怖かったわ

109この子の名無しのお祝いに2017/03/10(金) 13:49:39.99ID:jXYbQFUl
>>102
暗いのも日本的な暗さなんだよな
その路線の作品をすすめても「やっぱ日本的なジメジメした監督なんだ」って突っ返されちゃうし
「風前の灯」みたいな毒舌家、皮肉屋の本性を活かしたブラックコメディをもっと撮って欲しかったな
ブラックコメディ作品をもっと撮っていたら喜八や森田経由で再評価も早まったのになあ

110この子の名無しのお祝いに2017/03/10(金) 13:58:56.07ID:T9Lx+6F4
>>92
三島先生はトロを連チャンで食って寿司屋を呆れさせたりと味覚に関してトンチキなとこがあるからな
「潮騒」もアイドルが脱ぐシーンありきで映画化されているし
とはいえ「ライムライト」と「二十四の瞳」評は一面では当たっているしタモリみたいな80年代的なサブカル、面白グループの幕開けを予感させる意見だな

111この子の名無しのお祝いに2017/04/17(月) 20:17:38.45ID:06QNdqN6
「海の花火」観た
台詞がやたら早口で半分くらい聞き取れなかった気がする

112この子の名無しのお祝いに2017/04/17(月) 21:17:33.56ID:J1zbGSNW
忠司さん、元気かな?

113この子の名無しのお祝いに2017/04/18(火) 02:05:45.65ID:SnTM4PzA
木下忠司が出演した映画は「破れ太鼓」(1949).阪妻の主演のホームドラマ。
この年は「お嬢さん乾杯」という傑作があり、その後の作品 コメディ調
木下忠司は阪妻の息子役、長男が森雅之。森雅之が癖のない素直な役柄

114この子の名無しのお祝いに2017/04/29(土) 10:58:07.99ID:OMk+csuc
再放送してるけど沢田雅美のキャラが可愛いわ

115この子の名無しのお祝いに2017/05/14(日) 04:01:19.30ID:w9vciUsy
木下恵介を尊敬する橋口亮輔の映画はホモネタばっかりなので笑うw

116この子の名無しのお祝いに2017/05/16(火) 08:49:56.91ID:QQAXoMaQ
日本の悲劇 とっても良かった。
おふくろに会いたくなった。

117この子の名無しのお祝いに2017/07/13(木) 07:37:19.58ID:saALBpsb
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、☆
@ 公的年金と生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、
ベーシックインカムの導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば
財源的には可能です。ベーシックインカム、でぜひググってみてください。
A 人工子宮は、既に完成しています。独身でも自分の赤ちゃんが欲しい方々へ。
人工子宮、でぜひググってみてください。日本のために、お願い致します。☆☆

118この子の名無しのお祝いに2017/10/21(土) 19:58:38.56ID:aWobBTxL
婆ちゃん好きには悲しい作品

119この子の名無しのお祝いに2017/10/23(月) 09:48:58.67ID:/VKjX3dw
楢山節考は今村昌平のよりは数倍マシだな

120この子の名無しのお祝いに2017/11/06(月) 00:39:34.32ID:1mQ3PI8P
女の園見てたら、山本和子さんという女優さんがすごい美人で驚きました。毬谷友子さんのお母様と知って、二度びっくり。

121この子の名無しのお祝いに2017/11/06(月) 02:50:26.21ID:W04WyGcl
>>120
え。俺は、毬谷の娘だというのはその書き込みで初めて知った。
他の映画ではまったく見た事ない人だが。
だからこそ、あの役に抜擢されたんだろうけど。
(岸恵子があの役を演じるなどという事は有り得ない)
しかし、あの役は不思議だよね。
木下は、共産党の事は信用してないけど、しかし手を組む事は有り得るし、「団結する」という事自体は重視していたという事なのか。

122この子の名無しのお祝いに2017/12/03(日) 07:52:02.31ID:zXdZt3M4
>>84

熱海市の火事は本物?みたいな雰囲気
水戸光子も暖流から離れた様な汚れちまった女の悲しみの様な汚れ役ヒロインに成り下がりましたね。小沢栄太郎はいつも同じでしたが

123この子の名無しのお祝いに2017/12/11(月) 13:33:28.63ID:yyGFILuv
木下恵介は 【チンポ立たない】なの?

124この子の名無しのお祝いに2017/12/19(火) 16:06:43.00ID:cRz41FQL
カルメン故郷に帰る見たけど、キチガイとかメクラ、パンパンとかバンバンでてきて刺激的

125この子の名無しのお祝いに2018/01/26(金) 19:24:34.33ID:wIH+I2eV
少年期を見たけどとても良かった
もっと世に知られてもいいのに勿体無い作品だよ
最後の方のボートのシーンが特に好きだな
戦争反対者の息子と愛国者の息子が終戦を迎えて只の少年同士に戻ってゆく感じが切ない

126この子の名無しのお祝いに2018/02/02(金) 09:53:06.22ID:y1MfEaCd
キノケキムービーの常連は全員ホモに見えてしまうあるある

127この子の名無しのお祝いに2018/02/12(月) 23:37:07.57ID:Rj3pTS34
いろいろと役に立つ副業情報ドットコム
少しでも多くの方の役に立ちたいです
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

L1AQM

128この子の名無しのお祝いに2018/02/17(土) 22:14:07.96ID:lnZOSNE5
>>1
お涙頂戴狙いが見え見えの映画が多い、
チョイ左翼と言ってもいいが中途半端、
等の理由によりスレが続かない……

129この子の名無しのお祝いに2018/02/18(日) 04:32:45.81ID:NnLPwkzw
カルメンって廉価版(日本名作映画集)が出てるの?
たまにスーパーに売りに来るけど、なかなかお目にかかれない

130この子の名無しのお祝いに2018/02/18(日) 12:35:15.72ID:8AAd+zMY
>>105
惜春鳥はゲイ映画ですね
5人で裸で抱き合うみたいだから

131この子の名無しのお祝いに2018/03/18(日) 02:15:31.53ID:pojJ3ku/
『惜春鳥』は、山本豊三の川津祐介への想いに毎度、泣けてしまう。

132この子の名無しのお祝いに2018/03/18(日) 08:19:52.58ID:foEq1HBi
『初めてじゃない?木下先生の映画がヒットしなかったのは。
僕のせいで。それから撮影所の人たちの急に態度が変わってね。』 津川雅彦

133この子の名無しのお祝いに2018/03/18(日) 08:31:09.80ID:753ynpJ5
>>128
木下恵介作品が「チョイ左翼と言ってもいいが中途半端」と見える者は、
黒澤や岡本喜八、深作欣二の作品までがそう見えるんじゃない?

「仁義なき戦い」の中で、
「天皇陛下までコロ〜ッと人間になってしまって、わしらこれから何していいのかわからんのお」
というセリフがあるが、
そういう言葉に込められた‘昭和世代の苦渋’が理解できない者は、
「ゴジラ」だって理解できないんだろうと思う。

134この子の名無しのお祝いに2018/03/29(木) 12:09:54.00ID:JsQw++Ox
野々村真と板東英二が出演してた「父」って映画知ってる人いるかな?
ラストの一瞬のカットが美しかった(?)よ。

135この子の名無しのお祝いに2018/03/29(木) 14:08:51.60ID:obEXLMaY
日活東映が躍進して松竹大映が没落した時代

136この子の名無しのお祝いに2018/05/07(月) 18:24:47.04ID:mRggplgA
弟忠司氏死去
「人生楽ありゃ〜」「カリメロ」作曲家102歳死去
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805070000562.html
見出しは木下映画じゃなくて、やはりこの2曲なのね。

137この子の名無しのお祝いに2018/05/07(月) 19:52:13.18ID:yTbOY4AJ
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018050701001873.html
映画音楽家の木下忠司さんが死去 「トラック野郎」シリーズなど
こっちは意外に水戸黄門無し

138この子の名無しのお祝いに2018/05/07(月) 21:04:45.61ID:/GxG74nl
木下忠司といえば「白蛇伝」のテーマ音楽も印象深い

139この子の名無しのお祝いに2018/05/10(木) 17:37:27.42ID:2stOYoy1
おやじ太鼓 
亀次郎はカミナリおやじ
最後はいつもうな重で上機嫌!

140この子の名無しのお祝いに2018/05/10(木) 21:24:31.36ID:sVlcKySt
衝動殺人息子よ、借りて来た

141この子の名無しのお祝いに2018/05/11(金) 00:08:21.75ID:pEsQrlEF
父と息子のホモ映画か

142この子の名無しのお祝いに2018/05/11(金) 00:46:31.60ID:QfhVmR15
衝動殺人・息子よ、高峰秀子の母親役は本来なら八千草薫がやる筈だったみたいですが、相手役が若山富三郎だから、相手役を八千草薫が拒否したみたいですね〜

143この子の名無しのお祝いに2018/05/11(金) 22:21:48.27ID:z0rHwFuc
衝動殺人息子よ、見終わった
高峰さんあんまり知らないんだけど
凜とした佇まいが素敵でした
八千草さんだとちょっと弱いっつーか
甘いかな
ちょい役の吉永小百合や田村高廣は
友情出演的な感じなんですかね?
若山先生はこういう純粋で愚直な男性演じたら追随を許さないね
稚気があり色気もあり深みもあり…
泣かせようとする映画と思っていたけど
意外と淡々としてました
見てよかったです

144この子の名無しのお祝いに2018/05/11(金) 23:42:49.30ID:PX386GHV
木下恵介は、吉永小百合の事はあまり好きじゃなかったんじゃないか。
TVから映画の世界に戻った後には小百合ちゃんをもっと起用する機会があったはずなのに、積極的だったとは思えない。
小百合ちゃんについてだけでなく、末期木下作品で常連だったのは加藤剛だけ。
映画界からしばらく離れていた間に、かつての常連俳優たちは映画界からいなくなっていて、
孤立してしまっていた感が強い。

145この子の名無しのお祝いに2018/05/13(日) 12:05:35.95ID:XEft/NKC
>>124
進歩派・山田洋次の『馬鹿まるだし』もキチガイが普通に飛び交うんですが。。。
言葉狩りというか自主規制は、映画よりテレビ界隈から出てきた発想でしょ。

146この子の名無しのお祝いに2018/05/13(日) 18:02:15.30ID:YVQQMDW7
「気違い部落」という映画が普通に公開されていた時代だからなぁ。
昔の映画では「精神病院」のことを何の差別意識もなく「気違い病院」と言っていて驚かされる。

もっとも「気違い」というのは「気が違っている」という意味だから、言葉自体には差別的要素はないんだけどね。洋画の「気狂いピエロ」では、わざわざ漢字を変換して過激に表現しているくらい。

147この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 08:08:16.46ID:Z9DXhZmD
>>146
映画はともかく、社会学のテキストとして結構重要>きだみのる『気違い部落周遊紀行』
ほんとマスコミはロクな事をせんわ(´・ω・`)

148この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 12:44:47.81ID:MF46b9Pt
「気違い部落」は秀作との評判だから見てみたいんだが、このタイトルではさすがに無理か。
二重の差別だからなぁ。
専門chでは改題して放送しなかったっけ?
「やぶにらみの暴君」は「王と鳥」に替わってDVDも出てるよね。

149この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 15:21:33.63ID:dNJ9p+s+
>>147
「気違い部落」だと名指しされた地区の人々の気持ちも、ちょっとは考えるべき。

>>148
俺は40年近く前に見て、随分昔なんで記憶が曖昧だけど、
‘純朴な農民たちを微笑ましく見つめる’という視線が実は差別的な「上から目線」であるようなような感じがして、
それはまだチンコの毛が生え揃ってなかったガキの俺でさえ気になった。
村に逃亡した左翼学生を巡る会話で、「アカっていうのは顔も赤いのかの?」とセリフは記憶に残ってるが、
そのセリフを通して何を描きたかったんだろう。
こんな映画は、お百姓さんが見て楽しめるモノではないし、
そういうセリフに笑う都会の学生がいたら、そんな奴は糞だ。

150この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 15:25:37.44ID:4+DFrO0b
>>149
生え揃ってなかったってことはチョボチョボとは生えてたん?
満年齢はいくつだったん?
木下スレだけに

151この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 15:39:16.91ID:dNJ9p+s+
>>150
見たのは、高校1年の時。

152この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 19:03:31.79ID:hPTvHacE
>>149
40年前ということは、1978年頃?
公開は1957年だから、約20年後に鑑賞したことになるね。
自主上映か何かかな?
言葉狩りが最も熾烈だった時代にこの映画を見れたことは僥倖というべきかな。改題してもいいから一度見てみたいな。

153この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 19:19:19.24ID:dNJ9p+s+
>>152
いや、地元の名画座の渋谷実特集で見たよ。他の名画座でも上映されてたと思う。
その特集での当時上映は「現代人」「もず」だった。
「現代人」は、「気違い部落」に輪を掛けて糞としか思えない内容で、ムカムカと腹が立った。
その名画座では常連だったんで、支配人に「ああいう単純な正義感を押し売りする映画は僕はダメです」と話し掛けた。
以来、渋谷実の映画は1本も見ていない。

154この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 19:36:11.38ID:HRSJTYju
澁谷實て、木下惠介とは犬猿の仲だっとか。戦前に木下をさんざん苛めたとかいう話だったよな。
澁谷の映画は何本か見たけど、明らかに戦前の方がいいね。田中絹代の「或る女」が自分が見た作品では最高。

戦後は「自由学校」や「本日休診」が有名だけどどちらも物足りない。自分は「現代人」はいいと思うよ。当時の映画でこれだけのピカレスクロマンは珍しい。しかも主演が二枚目の池部良だし。確かに後味は良くないが。

155この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 19:57:47.64ID:dNJ9p+s+
>>154
まァ、価値観の問題だから好みが分かれるのは仕方ないが、何と言われようとも俺は「現代人」は嫌いだ。
どちらか選べと言われたら、俺は迷わず「暴行切り裂きジャック」の方を選ぶ。

156この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 20:32:12.54ID:vLhSLtvh
>>155
あらそーですか。
「暴行切り裂きジャック」は見てないな。タイトルだけ聞くと、なんか日活ロマンポルノみたいだね。
スレ違いだから、これくらいでやめとくけど、最後に質問。
「青銅の基督」は未見なんだけど、どうですか?

157この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 20:32:36.70ID:57DXme+z
「気違い部落」ってきだみのるの原作本で描かれた地域周辺でそのままロケしてんだよ。
昔、ロケ地めぐりしてみたことあるけど、地域の人もそんなに気にしてない感じ。
そもそも「気違い部落」って言葉どおりの意味でそう表現されてるわけじゃないからな。

158この子の名無しのお祝いに2018/05/14(月) 20:42:29.65ID:dNJ9p+s+
>>156
いや、だから、渋谷実の映画は3本しか見てないって。
「青銅の基督」は富田靖子のヌードだけ記憶してる。

159この子の名無しのお祝いに2018/05/15(火) 22:14:49.25ID:ClMoYQv8
南京

160この子の名無しのお祝いに2018/05/15(火) 22:34:03.00ID:+YCBx9HU
>>159
あァ、そうだ。
何せ渋谷実には何の興味もないんでゴッチャにしてたワ。
ゴメン。

161この子の名無しのお祝いに2018/06/01(金) 09:43:24.20ID:bqVExIBZ
キノケイアワー

162この子の名無しのお祝いに2018/06/06(水) 16:51:54.72ID:pKp5wbYs
木下恵介と成瀬巳喜男ってどっちが評価高いですか?

163この子の名無しのお祝いに2018/06/06(水) 17:25:33.37ID:yahLKMSG
そんなこともしらないの。国際的には、小津、溝口、黒澤、成瀬は別格で、国内では巨匠扱い。ただアメリカでは4人の巨匠と木下は、同格扱い。木下は、テレビ界に移ったこともあり、評価は低い。国内では黒澤とライバルらしいが、国際的には劣るかな。

164この子の名無しのお祝いに2018/06/06(水) 19:27:06.66ID:vWKqZyLV
1960年代の日本では、木下恵介が最も知名度が高かったんだがな。

小津・溝口・成瀬・黒澤に、木下と今井正を加えた6人が日本映画の6大巨匠といっていいと思う。

この中では今井の名が今ではほとんど忘れられているのが残念。6人の中では木下と今井の作品は、そのジャンルの幅広さが特徴。

165この子の名無しのお祝いに2018/06/07(木) 01:53:38.75ID:eL1x5Is7
千葉テレビでずっとドラマ見てる

166この子の名無しのお祝いに2018/06/07(木) 07:18:34.05ID:BcJ9FMVv
すいません
ヘタレ田舎バンドの新しいやつ見てみてね
https://www.youtube.com/watch?v=79FU2tKx5Xg

167この子の名無しのお祝いに2018/06/07(木) 10:35:10.59ID:nZGq+IUl
>>163
はぁ?
支離滅裂だぞ、意味がわからん

168この子の名無しのお祝いに2018/06/10(日) 11:07:45.94ID:HBmYVXLn
全く無名時代の大地康雄を見出したのも、この人なんだよな

169この子の名無しのお祝いに2018/06/21(木) 15:30:00.27ID:xXH7geEz
「三人家族」「ふたりの世界」いいね。

170この子の名無しのお祝いに2018/06/23(土) 14:36:58.65ID:DXscoFMf
>>168
大地みたいなのもタイプだったのか。
いや、若い頃はハゲてなかったのかなw

171この子の名無しのお祝いに2018/07/14(土) 23:44:50.01ID:7Zpq/b5q
加藤剛追悼ということで新喜びも悲しみも幾歳月を借りてみた
なんか随分おちゃらけた作品だったな
30点

172この子の名無しのお祝いに2018/07/16(月) 21:59:53.56ID:3DB9t4K1
加藤剛はよく起用されてたけど木下の好みだったのかね

173この子の名無しのお祝いに2018/07/16(月) 22:12:10.42ID:BR4ImB6v
>>172
他に人がいなかったからじゃない?
緒形拳や山崎努じゃ、やっぱ違うでしょ。

174この子の名無しのお祝いに2018/07/16(月) 22:16:28.16ID:e4BJBWpm
木下の好みに決まってるよ
キャスティングはまずそこからだ

175この子の名無しのお祝いに2018/07/16(月) 22:33:08.24ID:BR4ImB6v
いやあ、消去法で決まってたんだと思うけどな。

176この子の名無しのお祝いに2018/07/18(水) 20:36:28.34ID:AmdgaLMG
加藤剛は美男子だったから木下のタイプだった可能性はあるよ

177この子の名無しのお祝いに2018/07/19(木) 14:24:47.83ID:b/NOr6aW
絶対的なホモ監督が気に入らない男優を使う理由が無い

178この子の名無しのお祝いに2018/07/19(木) 19:16:08.19ID:9RrhRhLw
長部日出雄の『新編天才監督木下惠介』読んでるけど、ほとんどが
傑作佳作評価なんでどれから観ていいのか迷う。
今まで観たのは「二十四の瞳」「カルメン」二部作 「破れ太鼓」「お嬢さん乾杯」
だけど、やはり長部が傑作に推す「楢山節考」「笛吹川」は観ておくべき?

179この子の名無しのお祝いに2018/07/19(木) 21:39:33.19ID:wN+DhM/6
好みは人それぞれだか、自分は「女の園」と「永遠の人」が木下作品の2トップ。

「女の園」は強烈な反体制プロパガンダ作品でありながら、独特の味わいを持つ稀少性が特筆もの。

「女の園」も、よくある通俗的な三角関係ドロドロ劇を、移りゆく時代背景に重ねて見せる、まさに映像叙情詩。

これと「野菊の如き君なりき」も捨てがたい。木下の持ち味である叙情性が最もよく表れている秀作。

1801782018/07/21(土) 10:41:48.86ID:pOVxU/Gr
>>179
有難うございます。
「女の園」は大女優の競演なので、一度観てみたいと思ってました。
「永遠の人」はノーマークでしたが、観た人の評価は高いみたいですね。
「野菊の如き君なりき」は、知人のお年寄りが昔観て凄い感動したと
言ってました。原作が『野菊の墓』なんで、どうしても松田聖子の顔が
チラついてしまうんですけどねw

181この子の名無しのお祝いに2018/07/21(土) 18:59:56.60ID:ZEFH9a3e
>>180
松田聖子の「野菊の墓」も思った以上に良かったですよ。もちろん木下作品とは比較できないが、また違った味わいがある秀作。

木下恵介は、時代背景をうまく切り取って自然にドラマに溶け込ませるのが素晴らしく上手い。この部分においては、自分が見てきた過去の邦画作品では、最高の監督だと思う。

「日本の悲劇」は、現代感覚で見てもピンと来ないかもしれない。
しかし、あの時代に日本中でいくらでもあった残酷な物語を、お涙頂戴でなく一種の映像詩としてみせる手腕がある監督は、現代でもなかなかいない。

182この子の名無しのお祝いに2018/07/22(日) 01:46:16.59ID:7gP5GR9U
>>178
>>180
俺は、「女の園」と「笛吹川」が2TOPだな。
「笛吹川」は、日本の反戦映画のベストだと思ってる。
「お国がわしらの為に何をしてくれたというの?!」という田中絹代の悲痛な叫びが胸に突き刺さった。

183この子の名無しのお祝いに2018/07/22(日) 02:25:33.35ID:AxXtRMTw
このクラスの監督で消去法はねえだろw失礼な

184この子の名無しのお祝いに2018/07/22(日) 04:06:39.63ID:eOVLMaYr
木下恵介アワーシリーズで「わが子は他人」ってあったんやけど、印象に残ってるな

185この子の名無しのお祝いに2018/07/22(日) 08:10:25.85ID:dvYr5RiF
>>182

高峰秀子じゃない?
田中絹代が笛吹川に出てた?

1861782018/07/22(日) 13:25:41.45ID:3ZQzjga1
>>181
>松田聖子の「野菊の墓」も思った以上に良かったですよ。
アイドル映画だからって偏見持っちゃいけませんね。
>時代背景をうまく切り取って自然にドラマに溶け込ませるのが素晴らしく上手い。
>「日本の悲劇」は、現代感覚で見てもピンと来ないかもしれない。
木下恵介が今の時代忘れられているのは、その辺に理由があるのでしょうか。
最近戦前からの邦画が好きで観てる自分にとっては、興味深いところですが。

1871782018/07/22(日) 13:28:31.78ID:3ZQzjga1
>>182
ありがとうございます。
「笛吹川」は映像自体もかなり斬新な手法を使っているらしくて
観てみたいですね。

188この子の名無しのお祝いに2018/07/22(日) 14:23:26.39ID:5/WZ//ru
パートカラーだろ

189この子の名無しのお祝いに2018/07/22(日) 19:20:38.40ID:es/Ofw6y
「笛吹川」のパートカラーは残念ながら成功しているとはいい難い。しかし「楢山節考」の歌舞伎風演出は見事の一語。
「永遠の人」の熊本弁フラメンコは、最初度肝を抜かれたが、物語に実によく合っていると思った。

「カルメン故郷に帰る」で邦画初のオリジナルカラー作品に挑戦したり、その他にも斬新な映像表現に、あれほど多くチャレンジし続けた名匠も珍しい。

190この子の名無しのお祝いに2018/07/22(日) 22:46:14.03ID:7gP5GR9U
>>185
ゴメンゴメン。間違えてた。

191この子の名無しのお祝いに2018/08/22(水) 18:24:06.89ID:JrwYmq9S
>>184
ラストで子供たちが、大人をつきはなすところがいいですね

192この子の名無しのお祝いに2018/08/26(日) 04:46:21.27ID:cT5FIZGS
「永遠の人」、なかなかハードな筋ですね

193この子の名無しのお祝いに2018/08/26(日) 22:55:09.06ID:9iO7VHEa
田中絹代初監督作品の『恋文』は木下恵介脚本だけど、成瀬巳喜男が手入れて
科白バサバサ切ったらしいね。
ラストで久我美子が交通事故に遭うシーンは成瀬映画らしかった。

194この子の名無しのお祝いに2018/08/28(火) 03:43:29.41ID:+e8JR4aZ
遠い雲

195この子の名無しのお祝いに2018/08/29(水) 23:58:11.56ID:Lad3n8Tt
香華、面白い

196この子の名無しのお祝いに2018/09/01(土) 00:13:33.42ID:E7lZ4XX5
風花見てます

197この子の名無しのお祝いに2018/09/01(土) 01:16:13.27ID:w1ZNchBr
>>194
「遠い雲」はあまり話題にならないけど、木下らしさという点ではイチバンかも。
木下って、実は、‘田舎の庶民’が嫌いだったんじゃないか。

198この子の名無しのお祝いに2018/09/01(土) 01:22:57.65ID:E7lZ4XX5
>>197
だと思います 風花見て、そう感じました

199この子の名無しのお祝いに2018/09/01(土) 01:48:11.02ID:w1ZNchBr
>>198
そうだね。「風花」にもそういう要素がある。
その要素が最も色濃いのは「死闘の伝説」じゃないかな。

200この子の名無しのお祝いに2018/09/01(土) 13:16:32.10ID:XBRgZUkV
生前、ハッテン場は何処にあったの?

201この子の名無しのお祝いに2018/09/22(土) 23:25:33.95ID:HJpIyIGy
DVD借りて観た「夕やけ雲」良かった
良かったけど字幕付けてくれよ
すごく音声が聞き取りにくかったな
0.8倍速にして観たら聞きやすくなったけど
それに字幕だと登場人物名が漢字で出るから
何となくホォ〜と感じる部分もある

202この子の名無しのお祝いに2018/09/25(火) 22:20:53.99ID:zNhuEVdw
善魔見たけど桂木洋子が日本の悲劇と別人だわ
夕やけ雲私も好き久我美子が最高

203この子の名無しのお祝いに2018/09/26(水) 18:45:39.58ID:3aT4jMzC
山田太一が以前文藝春秋で書いていたんだけど70年代前半に黒澤明と木下恵介がTVドラマについて口論になって
木下が「TVは魂を売らなければやっていけない世界ですよ!」と黒澤に言ったと、まあ山田太一も直に聞いた訳じゃなかったそうだが。
映画に見切り付けてプロダクション作って企画・原作・脚本・監修・演出と手掛けて熱入れてTVやってた木下にそう言わせる事があったのかね。
結局映画に戻ってTVからは手を引くし、『衝動殺人』はTBSの全額出資で「木下さんのやりたい題材で」だったそうなので局は木下の仕事ぶりには満足していたんだろうけど。

204この子の名無しのお祝いに2018/09/27(木) 00:00:01.54ID:d085lvl4
「黒澤明劇場」
「黒澤明アワー」

205この子の名無しのお祝いに2018/09/30(日) 11:51:44.22ID:s+I19Hyu
>>1
ゲイの映画監督だからでしょう
津川雅彦や川津祐介、田浦正巳、山本豊三とか喰われたんでしょう

206この子の名無しのお祝いに2018/09/30(日) 15:38:21.83ID:R1rCNy5S
田村正和は絶対食われてると思う

207この子の名無しのお祝いに2018/09/30(日) 16:30:35.43ID:2ug3RUCi
>>206
そういうのって、芸能スポーツ板の「AKBの誰々は整形手術してるに違いない」という書き込みと同じだよ。

208この子の名無しのお祝いに2018/09/30(日) 18:45:06.15ID:9VYTzmdO
だな
田村正和は分からんな
だが田村高廣は確定

209この子の名無しのお祝いに2018/10/18(木) 11:53:36.00ID:eeYij20P
とても簡単な在宅ワーク儲かる方法
暇な人は見てみるといいかもしれません
いいことありますよーに『金持ちになる方法 羽山のサユレイザ』とはなんですかね

E7J

210この子の名無しのお祝いに2018/10/18(木) 13:42:32.64ID:xd2zWtWI
NHK総合を常に実況し続けるスレ 151209 低い山
http://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/livenhk/1539835891/

211この子の名無しのお祝いに2018/10/19(金) 21:54:53.37ID:o1rNNpw4
永遠の人
耳の遠くなった親に見せてやろうとしたが字幕が付いてない
でもイヤホンさせて音量をあげるとキチガイじみた音楽がうるさくてかなわんと

212この子の名無しのお祝いに2019/01/11(金) 03:57:46.45ID:HwKTdOgH
「永遠の人」、面白いけど音楽がなぁぁ
「香華」も面白いけど、乙羽信子の役ではなかったと
しかし、TVに行ったのは大いなる損失というか
松竹は追い出すの好きだよなあ

213この子の名無しのお祝いに2019/02/24(日) 16:21:45.27ID:KkIA+tdd

214この子の名無しのお祝いに2019/08/18(日) 05:33:57.97ID:6KIBjzCN
北千住のシネマブルースタジオで木下惠介監督特集やっていますね
290席位の大きな空間でもお客さん5人とかなので、映画に集中できてありがたいです
静かだし、夏なのに汗臭くなくて快適

215この子の名無しのお祝いに2019/09/04(水) 19:48:51.56ID:eBAtKLpT
シネマブルーは300席近くあるが
いつ行ってもお客が10人ぐらいだから
私も好き

216この子の名無しのお祝いに2019/09/04(水) 19:51:32.72ID:eBAtKLpT
「惜春鳥」と「喜びも悲しみも幾歳月」を見たがどちらもよかった。

217この子の名無しのお祝いに2019/09/04(水) 21:25:46.36ID:e2wQi0YK
10人くらいでは、経営が成り立たないね。
心配。人気ないのかな。

218この子の名無しのお祝いに2019/09/05(木) 07:42:49.79ID:BHVtHVDN
>>217
映画館のバックはalsokに関係した株式保有・不動産会社だから
客が入らない映画でも大丈夫なんじゃない?
木下恵介知らない人も増えた。
日本映画といえば黒澤と小津(辛うじて溝口)。
国際的評価がない映画はダメという変な価値観に踊らされている。

219この子の名無しのお祝いに2019/09/16(月) 21:19:14.78ID:q4iMz/pG
国際的な評価に関係なく木下の映画は単につまらないから人気が無いだけ
市川崑や岡本喜八なんかは国際的な評価はないけど今でも作品がリメイクされたり
人気があるだろ

220この子の名無しのお祝いに2019/09/20(金) 06:19:05.85ID:u69SzicQ
しかし映画はともかく「木下恵介劇場」(のちに「木下恵介アワー」)みたいな
ドラマ枠が十年くらいもあったんでしょ
そんなにバカにしたものでもないかな

221この子の名無しのお祝いに2019/09/27(金) 11:22:15.45ID:XwR24Rnv
>>216
「新・喜びも」も好きです

新着レスの表示
レスを投稿する