【ギターを持った渡り鳥】小林旭【仁義なき戦い】 [無断転載禁止]©2ch.net

1この子の名無しのお祝いに2017/08/13(日) 17:39:47.56ID:i+1T0ODk
昭和の生きる伝説
最後の映画スター
思う存分語ってくれ!

2この子の名無しのお祝いに2017/10/05(木) 16:41:02.17ID:gUN7hcEM
最近は?

3この子の名無しのお祝いに2017/10/05(木) 20:31:32.55ID:eTkmMEnY
>>2
バイキング出て軽く騒がしてる

4この子の名無しのお祝いに2017/10/06(金) 07:31:24.71ID:k3X4Zn2L
ブクブクに太ってしまい醜くなったな

5この子の名無しのお祝いに2017/10/06(金) 17:50:42.44ID:YcA0Zf/M
ラスベガス乱射事件の犯人をキチガイとはっきり言ったアキラはさすがだな
本当の事言うと慌てて「ただいま不謹慎な・・・」と謝罪するアナも異常だ
いまの日本のテレビ局などのメディアはおかしい
昔はキチガイなんて普通に使ってた言葉なのに

6この子の名無しのお祝いに2017/10/06(金) 18:02:32.89ID:WqqLOUcf
今でも日常生活では普通に使ってる

7この子の名無しのお祝いに2017/10/06(金) 19:12:33.31ID:FUaMz23A
公共電波では放送禁止用語
誰が決めたんだろう?

8この子の名無しのお祝いに2017/10/06(金) 19:17:45.71ID:63JJTnTO
>>7
誰が決めたというか「放送業界の漠然とした総意」
「文句言われそうだから言うのは止めときましょうね〜」みたいな。

9この子の名無しのお祝いに2017/10/07(土) 08:02:17.82ID:ux5LRTi6
アキラは田岡組長とも親交があった

10この子の名無しのお祝いに2017/10/07(土) 17:35:26.01ID:TNO+256l
赤木圭一郎が急死したので得をしたな

11この子の名無しのお祝いに2017/10/09(月) 19:28:24.47ID:nztsvEU4
爆薬(ダイナマイト)に火をつけろで、いつも同じヒロインの浅丘ルリ子じゃなく、グラマーな踊り子ばかりの白木マリが普通のヒロインで新鮮に感じました

12この子の名無しのお祝いに2017/10/09(月) 20:28:06.36ID:pgj/TzyM
腹踊り

13この子の名無しのお祝いに2017/12/21(木) 10:43:53.42ID:J+9yqIUw
実寸165cm+シークレットブーツ7cm+腹回り8cm=自称180cm

14この子の名無しのお祝いに2017/12/21(木) 22:13:24.36ID:aqp1IEjc
>>13

腹回り8pってなんだ!?

15この子の名無しのお祝いに2017/12/24(日) 21:24:34.02ID:AQsTfcYY
マジで最後の大物

16この子の名無しのお祝いに2018/01/23(火) 16:03:29.93ID:SjkCVk7l
>>11
でも白木マリってグラマーだけどブスでしょ。
題名忘れたけど、旭の初期の日活作品で
中原早苗がヒロインをやった映画をみたが
それはなかなか可愛らしかったわ。
葉山が学校の先生役で、旭が不良の学生という設定。

中原早苗は日活黄金期に入ると
ちょっと性格の捻くれたヒロインとぶつかる役が多くなった。
まぁそれはそれで悪くないんだけど。

17この子の名無しのお祝いに2018/02/13(火) 00:00:37.51ID:5CSQk7MM
いろいろと役に立つ副業情報ドットコム
少しでも多くの方の役に立ちたいです
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

OZ8UT

18この子の名無しのお祝いに2018/03/05(月) 20:56:04.34ID:H+N3HYWZ
all 函館

19この子の名無しのお祝いに2018/03/06(火) 19:25:23.89ID:pCFzokmC
>>16
白木マリがブス?
クールな美貌は悪女役にぴったりだよな
吉永小百合と言うつまらない小娘よりも女を感じさせるというオーラ

筑波久子はブス?か?

20この子の名無しのお祝いに2018/03/07(水) 21:26:59.36ID:ayxpjdep
DVDもほとんど廃盤やねえ
欲しいのあったのに

21この子の名無しのお祝いに2018/10/18(木) 15:47:26.05ID:eeYij20P
とても簡単な在宅ワーク儲かる方法
暇な人は見てみるといいかもしれません
いいことありますよーに『金持ちになる方法 羽山のサユレイザ』とはなんですかね

CL2

22この子の名無しのお祝いに2018/12/07(金) 02:00:45.64ID:NW6R6miv
カッコいい

23この子の名無しのお祝いに2018/12/16(日) 20:47:55.50ID:9gtBnqBf
マイトガイは永遠に

24この子の名無しのお祝いに2018/12/16(日) 20:48:26.61ID:9gtBnqBf
ダイナマイトが150トン♪

25この子の名無しのお祝いに2018/12/20(木) 22:18:51.38ID:H6TrFH0R
もっとテレビ出てくれや

26この子の名無しのお祝いに2019/02/06(水) 16:19:08.79ID:7t47BUs7
サルベージ

27この子の名無しのお祝いに2019/02/06(水) 16:58:24.13ID:7zTNL0Ai
高倉健

「キャバレーで着流しで唐獅子牡丹歌うだけで本編1本分のギャラに成る
 こりゃ自分がダメに成る と自粛しました 正解だったと思います
 誰かさんみたいにあのままキャバレー廻りして金貯めても
 独り善がりの映画撮って自滅していたでしょう自分も」

独り善がりの映画=春来る鬼

28この子の名無しのお祝いに2019/02/06(水) 17:29:16.81ID:Kp+94d25
太りすぎて150トン

29この子の名無しのお祝いに2019/02/09(土) 19:09:52.71ID:5vEt1hD3
山田や降旗の独り善がりの映画に出て晩節を汚した大根役者がいいそうなことですな

30この子の名無しのお祝いに2019/02/28(木) 17:44:32.01ID:5uDNAKWW
確かにw

しかし、アキラの「仁義なき戦い」での存在感は素晴らしかった。
あの武田明役がなかったら、あの映画もあそこまでの名作にはならなかったよ。
「代理戦争」「頂上決戦」「完結編」の後半三作は
菅原文太演じる広能昌三と武田明。
この2人の太い軸を中心に映画は進行する。
深作の狙いがぴたりと当たったな。

31この子の名無しのお祝いに2019/03/01(金) 09:28:56.88ID:6RP2Vy2K
今月、東映チャンネルで旭の東映出演第1作「ゾロ目の三兄弟」が放映されるな
田中邦衛が吃音の役なのがNG案件だったのか、なかなかソフト化されない1本。

32この子の名無しのお祝いに2019/03/02(土) 03:41:53.75ID:w53YsjVF
日活時代の
賭博師シリーズは007みたいで
好きなシリーズだな

小池朝雄と冨士眞奈美、高橋昌也らと共演した
「黒い賭博師」は名作

33この子の名無しのお祝いに2019/03/02(土) 09:50:41.26ID:NoxNty+E
黒い賭博師なら中平のよりも江崎実生のダイスで殺せの方が
より007的で面白い

34この子の名無しのお祝いに2019/03/03(日) 04:04:43.83ID:IzVdgbNJ
悪魔の左手になるとほとんどマンガだった

35この子の名無しのお祝いに2019/03/03(日) 12:41:01.68ID:YFwKUzTM
賭博師シリーズは後半2〜3作は酷い作品だった。
それ以外はDVD📀で購入した。
白黒作品もあるけど、あれはカラーで撮って欲しかったなぁ。
小林旭の作品の中で一番好きなのが賭博師シリーズ。

36この子の名無しのお祝いに2019/03/03(日) 12:58:23.53ID:rjt+WQ9o
後半3作しかDVD化されてないだろ

37この子の名無しのお祝いに2019/03/04(月) 21:33:11.49ID:QiActWqv
賭博師シリーズはNECOで全作やったから
全部録画したな
確かに後半の作品は漫画レベル

38この子の名無しのお祝いに2019/03/04(月) 21:35:18.45ID:QiActWqv
銀座旋風児シリーズ
女の警察シリーズ

小林旭はシリーズ物に恵まれてるよなぁ

39この子の名無しのお祝いに2019/03/04(月) 22:44:26.88ID:tLrqeiZ1
荒唐無稽だから楽しいんじゃん
国際秘密警察もシリアス目だったシリーズ前半はつまらなかった

40この子の名無しのお祝いに2019/03/07(木) 02:29:00.32ID:1v0s0tHE
>>39
賭博師シリーズの後半は荒唐無稽というよりは
稚拙で雑な作り故に、最後まで見てらんない。
がっかりしたわ。
二谷英明、15〜16歳頃のジュディオング出演の作品とか酷すぎるw
上の人も書いてる、「悪魔の左手」は超駄作。

ギターを持った渡り鳥
賭博師
銀座旋風児

どれも荒唐無稽の面白さに溢れる作品だが
丁寧に作りこんでいる作品と
脚本やキャスティングが雑な作品では
全く仕上がりが異なってくる。
ギターを持った渡り鳥シリーズや銀座旋風児シリーズは
シリーズ全作名作だと思うわ。
銀座の次郎長シリーズも同じく。

銀座旋風児はシャーロック・ホームズ
賭博師はジェームズ・ボンド
元ネタを差し引いても
この2作品は若い頃の小林旭の一番良いところを引き出していると思う。

41この子の名無しのお祝いに2019/03/07(木) 11:33:42.48ID:XC6HRf46
丁寧に作りこんでるというよりも、その3作はどちらかというと
オーソドックスな作風でしょう。荒唐無稽なB級感も薄いように感じる。
といっても私個人も「悪魔の左手」のギャグは現代ではスベってると思うがw

42この子の名無しのお祝いに2019/03/08(金) 18:56:45.62ID:kR/+xb18
アキラの映画はB級ではないだろw
当時の全盛期の日活の超A級の映画スタアが主演した映画を
B級とか無いわ。

43この子の名無しのお祝いに2019/03/08(金) 19:28:40.92ID:bNx1BLfm
旭主演の日活作品なんて大半がプログラムピクチャーだろw

44この子の名無しのお祝いに2019/03/09(土) 09:06:54.35ID:8j/U2pv1
>>43
それなら東映の高倉任侠映画も全部B級作品になる。
映画の歴史や時代性を考えれば
どちらもB級作品ではない。

君がB級と感じたら、どの映画でもB級になってしまうんだな。
定義は俺が決めるってか。
お前みたいな百姓の意見など聞きたくないわ。

45この子の名無しのお祝いに2019/03/09(土) 10:48:22.29ID:VgfW4aNF
毎月1本公開してくペースで早撮り量産してたんやで?w
なんか偏見もってない?量産されたBムービーで何が悪いんだ

46この子の名無しのお祝いに2019/03/09(土) 11:41:41.39ID:mpv05k9s
>>45
いや偏見持ってるのはおまえw
その理屈だと、映画黄金時代の日本映画は
殆どB級作品になる。

B級作品というのは一般的には、低予算
無名俳優、陳腐な脚本から作られた映画の事を指す。

47この子の名無しのお祝いに2019/03/09(土) 12:12:12.26ID:VgfW4aNF
>>46
一般的に〜というから、わざわざwikiいってみたけど
プログラムピクチャーの説明欄にこう書いてるぞw

>小林旭『渡り鳥』

48この子の名無しのお祝いに2019/03/09(土) 15:35:23.76ID:mpv05k9s
>>47
はい論破。


B級映画
びーきゅうえいが
‘B’picture

アメリカで1930年代から1940年代にかけて量産されていた映画。日本では大型の予算をかけた大作などに対して、定期的に映画館に配給される作品をプログラム・ピクチャー、もしくはBクラス作品とよぶが、これとB級映画はかならずしも一致しない。

49この子の名無しのお祝いに2019/03/09(土) 16:25:56.98ID:mpv05k9s
アメリカでは、劇映画の2本立て興行が主流であった当時、メインとなるA級映画に対し、添え物的な位置を占める作品がB級映画とよばれていた。
製作費や宣伝費をあまりかけず、出演俳優の知名度が低く、製作日数も短いのが特徴で、内容的にもなじみのあるジャンルから選んだ主題を焼き直したものが多い。
しかしこれらのなかから、ジャック・ターナーJacques Tourneur(1904―1977)の『キャット・ピープル』(1942)を筆頭とするバル・リュートンVal Lewton(1904―1951)製作の恐怖映画など
映画史的にも注目を集める作品も生まれてきている。[奥村 賢]

50この子の名無しのお祝いに2019/03/09(土) 21:02:30.21ID:VgfW4aNF
>>43-44ではプログラムピクチャー=B級映画としてレスされてるが?w

51この子の名無しのお祝いに2019/03/09(土) 22:51:02.33ID:kUvhUAFb
>>50
>>48
>>49

プログラムピクチャーは、Bクラス作品と呼ばれるが
B級作品ではない。
結論はでているんだよ。

これ以上恥を晒すのはやめたらどうだい
みっともない。

小林旭や石原裕次郎の日活映画がB級映画って
リアルで言ったら笑われるよ。
B級映画っていうのはアメリカ映画から来た言葉。
>>41でB級なんて言葉を使うから、それは違うと否定されてるんだろ。

B級とは揶揄される時に使われる言葉。
是非アキラの前で「あんたの映画はB級映画だ」と言ってみてくれ。
どうなっても知らんけどw

52この子の名無しのお祝いに2019/03/09(土) 23:24:59.57ID:kUvhUAFb
そもそも>>41
荒唐無稽なB級感などと発言しているが

荒唐無稽イコールB級感


これが完全に間違った認識なんだわ

荒唐無稽イコールB級感ではない。

ギターを持った渡り鳥を例に出してみるが
刑事が馬に乗って銃を撃つなんて、どの時代の日本でも絶対にありえない、ウェスタン映画を無理矢理ねじ込んだ設定だった。
それを、北海道の様な大自然の中でやってしまう。
西部の荒野を北海道の大自然に置き換えただけ。
確かにありえない荒唐無稽ではあるが
細かな法律の問題を度外視してみれば
トータルで一級のアクション映画になっている。

そんな一級のアクション映画だったから
幼い頃のジョン・ウーは父親の映画館で
アキラのアクション映画に熱中した。

荒唐無稽だからB級と言う認識が
そもそも間違っているから
噛み合わないんだよ。

53この子の名無しのお祝いに2019/03/10(日) 10:16:31.61ID:fZnyWaFe
>プログラムピクチャーは、Bクラス作品と呼ばれるが
>B級作品ではない。

クラス=級って意味なんだけど?w

全レス間違いしかないってわざとじゃないよね?w

54この子の名無しのお祝いに2019/03/10(日) 13:09:33.22ID:gaULL5bK
>>53

>>48を100回読んでからレスして下さい。

>アメリカで1930年代から1940年代にかけて量産されていた映画。日本では大型の予算をかけた大作などに対して、定期的に映画館に配給される作品をプログラム・ピクチャー、もしくはBクラス作品とよぶが、これとB級映画はかならずしも一致しない。

55この子の名無しのお祝いに2019/03/10(日) 13:14:54.14ID:gaULL5bK
>>53
あんたの常識が
世間の常識じゃないんだよ。
最近多いんですよ、あんたみたいなC級レベルが。

56この子の名無しのお祝いに2019/03/10(日) 14:48:07.31ID:fZnyWaFe
>>54
だからあ〜
そもそもあんたが、B級映画=プログラムピクチャーと混同させた状態で
レスしてきてんだよw>>43-44

中身で反論できなくなったからって、言葉の定義でいちゃもんつけるのやめてよw

57この子の名無しのお祝いに2019/03/11(月) 01:49:55.40ID:C19jdcbB
>>56

>>41
>>42
>>43の流れ見ような。

>丁寧に作りこんでるというよりも、その3作はどちらかというと
>オーソドックスな作風でしょう。荒唐無稽なB級感も薄いように感じる。
>といっても私個人も「悪魔の左手」のギャグは現代ではスベってると思うがw
>旭主演の日活作品なんて大半がプログラムピクチャーだろw


この発言を解釈するに
小林旭の出演した日活作品を馬鹿にしているとしか受け取れないな。
「>旭主演の日活作品なんて」
こんな発言、ファンなら絶対しないから。
あんたがアキラ主演の日活のプログラムピクチャーを馬鹿にしてるのは間違いないし、Bクラス作品を馬鹿にしているのもよく分かったよ。
あんたの目からみたら、B級(クラス)作品なんだろ?

その証拠が
>>53だ。
>>53
>>プログラムピクチャーは、Bクラス作品と呼ばれるが
>>B級作品ではない。

>クラス=級って意味なんだけど?w



映画の世界でBクラス作品とB級作品では
意味が違うのだが
馬鹿だから単純に
クラス=級と繋げてあたかも
Bクラス=B級と結論付けたいようだが
そうは問屋がおろさないのよ。


俺は、それは違うと言ったまで。
アキラの映画はプログラムピクチャーであり
Bクラス作品であるが
断じて、B級作品ではない。
アキラの日活時代の作品はプログラムピクチャーであり
Bクラス作品であるが
超A級のアクション娯楽映画だ。
歴史がそれを証明している。

あんたにとっては、アキラの映画
アキラ主演の日活作品なんてBクラス作品のどうでもいい映画なんだろうが
その時代の、一般大衆はそれを熱狂的に受け入れた。
俺も熱狂した。

これで満足した??

あんたがアキラのファンじゃないのはよく分かったから、そろそろこのスレから出て行ってくれよ。
あんたの好きなAクラス作品を扱う映画のスレで
思う存分、日記を書いてくれ。

ここはアキラの映画を語る場所。
興味がないなら消えてくれ。

58この子の名無しのお祝いに2019/03/11(月) 02:02:04.21ID:C19jdcbB
>>41
>丁寧に作りこんでるというよりも、その3作はどちらかというと
>オーソドックスな作風でしょう。荒唐無稽なB級感も薄いように感じる。
>といっても私個人も「悪魔の左手」のギャグは現代ではスベってると思うがw


それとこれにまともに返答してなかったから
返答しとくわ。

オーソドックスな作品??
全然ピントがズレてるよ。
今の時代から見ればオーソドックスかもしれんが
オーソドックス、つまり無難な作品つくって
客が入るとでも思ってるの??

小林旭という、アナーキーで過激な存在感の俳優が
日活のキッチリ丁寧に作り込まれた(ある意味、真面目過ぎる)作品の中で暴れまわるから
スクリーンが躍動して
見ているこっちは熱狂したんだよ。
オーソドックスにアクション映画作って、喜ぶ馬鹿が何処にいるんだよww
見当違いも甚だしい。


それと
「悪魔の左手」のギャグ???
あんた、この映画本当に見たの??ww
あの映画がつまらないのは、ギャグが滑ってるからではない。
こんな程度の解釈しか出来ない馬鹿が
映画を語るなよ。

59この子の名無しのお祝いに2019/03/11(月) 02:05:39.08ID:C19jdcbB
まったく>>40までは良い流れだったのに
>>41がぶち壊しにしたな。

映画ファンて、たまにこういう
面倒くさい馬鹿がいるからしらける。
暫く消えるわ。

60この子の名無しのお祝いに2019/03/11(月) 09:57:15.46ID:r5dpWRDl
裕次郎や旭は、自分たちの日活映画が「B級映画」だとは、認識していた
だから、裕次郎はそうでない映画を作るために「石原プロ」を作り、旭は開き直りその世界で生き、賞とか勲章とか無縁の人生を歩んでいる
(旭の態度を私は評価する)

「B級映画」と云うものは、確かにアメリカから来たものかもしれないが、日本の映画界も殆どそのまま受け入れた
ただ、映画ファンは当初見下された意味の「B級映画」のなかに面白さや価値を見つけ、「B級映画」=つまらない映画ではなくなった

小津、黒澤、溝口等の巨匠と云われる監督たち以外の、監督で作られる映画、特に、東映、日活なんかの主流である「東映時代劇」、「任侠映画」、「日活アクション」などは本来は「B級映画」の代表である
しかし、それらが観客に圧倒的に支持されたことにより、それら映画のステイタスは多少上がり、主演も裕次郎、旭、錦之介、勝新等が主演する、それなりに予算の付いた映画は「B級映画」とは呼ばれなくなっていった

鈴木清太郎(鈴木清順ではない)、石井輝雄等のようなある意味マニアックな監督が作る低予算が「B級映画」と呼ばれることが相応しくなったが、「網走番外地」や「清順美学」が持て囃されるように、また変わってゆく


「B級」≠「Bクラス」などと云うことがオカシイとは、中学校を卒業した人間なら誰でも思うだろ

61この子の名無しのお祝いに2019/03/11(月) 13:44:04.77ID:6HpPts8N
フ〜ン

ところで話題の「カメラを止めるな!」はB級映画ってことでいいのでしょうか?

62この子の名無しのお祝いに2019/03/11(月) 15:06:32.91ID:4y5J6vb1
>アキラの映画はプログラムピクチャーであり
>Bクラス作品であるが
>断じて、B級作品ではない。


言葉遊びしたかったのかしらんが、最後まで何言ってるのかさっぱり不明だったな

63この子の名無しのお祝いに2019/03/11(月) 19:33:23.56ID:mAzUDbxz
>>44
お前みたいな百姓ではなくお前みとうな百姓ね。

64この子の名無しのお祝いに2019/03/16(土) 10:41:44.10ID:BRTaQZH3
>>31

日活でも、
河内ぞろシリーズがあったよね
宍戸錠や川地民夫、山内賢が三兄弟?で
大映からフリーになった弓恵子がストリッパー役?だった記憶

65この子の名無しのお祝いに2019/03/16(土) 15:31:28.58ID:JSLPhW49
親父が伊藤雄之助だったっけ、東映も旭と邦衛と渡瀬恒彦が三兄弟。
どちらも恐ろしく似ていない兄弟たちだが、腹違いの設定だったっけ?

66この子の名無しのお祝いに2019/03/19(火) 22:14:50.21ID:Z+sBEzZg
やっとB級基地外が消えたな。
うっとしこっちゃ。
日本映画の歴史的な背景も無視して、勝手な自分の解釈を他人に押し付けて。
ほんま迷惑なやっちゃ。

>裕次郎や旭は、自分たちの日活映画が「B級映画」だとは、認識していた


こんな事、聞いたことねーけどなw
裕次郎は知らんが、アキラのインタビューで
こんな述懐 み た こ と も な い。
勝手な自分の妄想を他人に押し付けるのはやめてくれ。
こういう輩が、粘着映画ファンには多いから嫌いなんだよ。

そもそものB級映画の定義も間違ってるし。
正に、語るに落ちるだな。

67この子の名無しのお祝いに2019/03/19(火) 22:16:42.04ID:Z+sBEzZg
B級映画のWikipedia

B級映画(ビーきゅうえいが、B-movie及びB-Pictures)とは、1930年代のアメリカで始まった短期間の撮影、低予算で、上映時間も限定されたなかで製作された映画のことである。
1932年からアメリカ合衆国の映画界で二本立て興行の中で添え物として上映されて、やがてハリウッド映画が大作主義となり、製作本数が激減する頃には消えていった。
しかし1950年代半ば以後は、低予算の特定の観客層の受けを狙った作品に対してB級映画との呼称が使われるようになった。

68この子の名無しのお祝いに2019/03/19(火) 22:17:33.94ID:Z+sBEzZg
B級映画の概要

映画用語としては1930年代から1950年代初めごろまで多かった二本立て興行において

A級映画 - 多額の予算により人気俳優が揃い、一流監督が制作する上映時間が90分以上の長編映画(フィーチャー)

B級映画 - A級映画の添え物として、低予算で無名・新人の俳優を使い、駆け出しや一流とはいえない監督が短期間で撮影した上映時間が90分以下の映画
と区別されており、ある一定の時期にアメリカ映画で使われた言葉である。

69この子の名無しのお祝いに2019/03/19(火) 22:19:36.75ID:Z+sBEzZg
本来は映画産業における歴史的な現象であり、作品の価値に由来する概念ではないが
1950年代後半以降のアメリカの映画界で
特に若い観客層をターゲットとしたホラーやSF映画を指すようになり
今日では上映時間の区別ではなく、以下の観点から使われている。

A級映画 - 潤沢な予算により制作された大作映画。
ハリウッド映画に代表される興行収入を重視し人気俳優を揃えたブロックバスター (映画)(英語版)狙いの映画、映画祭などに出品される芸術性を重視した作品。

B級映画 - 低予算で小規模の小作品。俳優や監督は無名・新人であり、A級の格下という比喩的意味合い。
新しい意味合いでは、B級映画かつ長編映画かつ単品上映も存在する。

70この子の名無しのお祝いに2019/03/19(火) 22:25:59.45ID:Z+sBEzZg
>>67
>>68
>>69

どこを読んでも、日活アクション映画が
B級映画であった記載はない。
そんな事実は何処にもない。

このB級映画基地外は日本語が読めないのであろうか。
己の勝手な思い込みで観念的に、日活アクション映画をB級映画と唱えているが、こうなると最早宗教だな。
以降はスルーだ。

何度でも言おう
小林旭の日活アクション映画はB級映画ではない。
日本映画の歴史的な事実を歪曲するな!!
この馬鹿タレが!!

71この子の名無しのお祝いに2019/03/19(火) 22:31:34.15ID:Srpr8n0O
またキチガイ登場

72この子の名無しのお祝いに2019/03/19(火) 22:47:59.20ID:Z+sBEzZg
>「B級映画」と云うものは、確かにアメリカから来たものかもしれないが、日本の映画界も殆どそのまま受け入れた

少しは認めてるんだな、その事実を。
基本的に映画ファンならB級映画と聞いて想像するのはアメリカ映画なんだよ。
ロジャーコーマンとかな。
そのB級映画を逆手にとってメジャーに殴りこみを掛けたのがタランティーノ。

何で、当時の小林旭という超A級アクションスターが出演して
浅丘ルリ子、南田洋子、金子信雄、宍戸錠他豪華なメンバーで脇を固めて、ついでに桂小金治、林家三平、牧伸二らの一流芸人まで登場させて
日活という超メジャー映画会社で撮って
大ヒットした「渡り鳥シリーズ」や「賭博師シリーズ」「銀座の次郎長シリーズ」がB級映画になるんだよww

もうね。
思想の捩れも大概にして欲しい。

ファンからすれば、この辺りの作品をB級映画と言われたら黙っていられない。

「南国土佐を後にして」の成功から「ギターを持った渡り鳥シリーズ」が作られたのはご存知だろうが
南国の方も出演者の顔ぶれを見れば分かるとおり
B級映画ではない。
低予算でもなければ、無名俳優で固められた映画でも無い。

多分、あんたの基準の中ではB級映画なんだろうがな。
それは、あんただけの基準であって
日本映画の歴史的な基準から考察すれば
極めて不自然なんですよ。

73この子の名無しのお祝いに2019/03/19(火) 22:51:24.10ID:Z+sBEzZg
>>63
>>44
>お前みたいな百姓ではなくお前みとうな百姓ね。

そうだね。
映画の中で、加藤武が菅原文太に言った台詞はそうだよね。
でも、それを標準語に変換して使ってみたんだよ。
それくらい文脈から理解してな。

74この子の名無しのお祝いに2019/03/19(火) 23:47:45.84ID:Bsup5d2G
>>72
>浅丘ルリ子、南田洋子、金子信雄、宍戸錠他豪華なメンバーで脇を固めて、ついでに桂小金治、林家三平、牧伸二らの一流芸人まで登場させて

ここ笑うところか?

>日活という超メジャー映画会社で撮って

ここも笑えるな


私も大の日活映画ファンだが、昭和30年代においては、浅丘ルリ子はともかく、他のメンバーは日活映画では豪華かも知れないが、世間一般の評価では大したことはない

日活だって、裕次郎が出るまでは給料の遅配が度々あった新興(復活だが)映画会社
6者協定にやっと入れてくれた頃の話

超メジャー映画会社などと云っては笑われるだけだ

B級映画と云われると、バカにされた気分になるらしいが、B級映画=下らぬ映画ではない
自ら書いているように、A級映画と云うものは
「映画祭などに出品される芸術性を重視した作品」であり
B級映画と云うのは、そうでない作品。(A級映画を作る者の中には蔑みの気持ちもあったかもしれないが)
べつに、下らない映画と云う訳ではない
芸術祭参加作品なんかに縁のない旭や錠は、無国籍アクションと呼ばれる日活アクション映画の中で、体を鍛え、銃の扱いに執念を燃やし、観客を大いに楽しませた

東映時代劇、日活アクション、任侠映画。これらほどB級映画と呼ぶのにふさわしい映画はない
それらに掛ける製作費は黒澤映画や、角川映画、大作と呼ばれる作品と比べると、なんと慎ましやかなものであるか

だから、裕次郎は石原プロを起こし、B級映画でない映画を作ろうとし、そして作った

そのとき、旭はただひたすら、日活のプログアラムピクチャーで頑張っていたんだ
前に書いたように、私はこの旭の態度を評価する

例外を除き、東映時代劇、日活アクション、任侠映画は、B級映画のB級映画たる代表だ
これをA級映画などと云っては、笑われ、呆れられるだろう

75この子の名無しのお祝いに2019/03/19(火) 23:55:15.52ID:Srpr8n0O
まともな人きた

76この子の名無しのお祝いに2019/04/30(火) 18:04:26.16ID:1RI0VmgW
両親が熱狂的なファンで小さい頃よくリサイタルに連れてかれた。
花束を渡したら抱っこされた思い出がある。
ちょうど仁義なき戦いの頃かな

数十年経って仕事帰りに丸の内東映で修羅の伝説を観た。
坂上忍みたいにぶっ飛ばされない様にしっかりしないとなと思った。

77この子の名無しのお祝いに2019/05/05(日) 18:08:02.86ID:n1oeG6UE
渡り鳥や流れ者シリーズ

ヒロイン=浅丘ルリ子
ライバル=宍戸錠
踊り子=白木マリ
マダム=楠侑子
ボス=金子信雄

大体この面子だから目新しいものはない

78この子の名無しのお祝いに2019/05/20(月) 00:17:54.36ID:pbVchIW9
>>76
アキラに抱っこされたなんて
良かったな。
文太と五寸でやって、迫力負けしなかった
只一人の俳優。

残存する数少ない本物の映画スタァだからな。
そこらの三流芸能人とは訳が違う。

79この子の名無しのお祝いに2019/05/22(水) 20:10:30.75ID:u2O3el5g
>>78
その通り

80この子の名無しのお祝いに2019/08/15(木) 12:35:02.51ID:X19V+eap
日活アキラは割とどーでもいい
やっぱり東映アキラがサイコー!
ニワカで正直スマンかった

81この子の名無しのお祝いに2019/09/17(火) 18:40:16.76ID:xP8PTMEn
名和宏「そりゃ大事になるで」
アキラ「ああ、思い切った事せないかんな」

82この子の名無しのお祝いに2019/09/28(土) 14:16:28.96ID:DsoENCLC
>>80
いや日活アキラもええよぉ〜
俺は賭博師シリーズなんか和製007みたいで
大好きだわ

新着レスの表示
レスを投稿する