この映画の本、面白いんじゃね?

1この子の名無しのお祝いに2018/11/09(金) 02:06:41.85ID:9rKgeC4D
ガイドブック、内幕本、解題、解説、分析本、歴史本、写真集、ムック等々

2この子の名無しのお祝いに2018/11/09(金) 09:48:03.85ID:Q80wE+D7
     |! \  ゙、 |.  |    やった少女コミックが>>2ゲットだよ!
      tー-|!-、-''ヽ|.  |\  >>1 消防相手にエロ描きゃもうかります❤
.      | \  \. ヽ |  |  >>3 レイープは愛です、犯罪ではありません!
.      |゙  `''" ヘ  |!、 _ノ  >>4 ロリペド調教? 少女コミックチーズでどうぞ!
      ヽ.    /:::||i, !||、||  >>5 嫌なら読まなきゃいいんですよ!
      |:lヽ:::-":::|i::::||i   !!||  >>6 性教育は家庭で!(ニヤニヤ
      |'ll l:::::::::| |:::::|li ii i|l|ii  >>7 私たちは子供に夢を与えてます!
.      | l l:::::::::| |::::::||!||||!! !!  >8-1001 ぶっちゃけ規制逃れりゃ勝ち組♥(www
       | ' l:::::::::|.|ヽ、:::::::/    ... .:::..::: :.. ..      
.       |  l:::::::::||l:.. ''l:::::::|   .. .:. r⌒ヾ:. .: : .:.. ..:.. .. 
       |  l:::::::::|ヽ、__l;;;;;j .:: .: :: :      :.. :: :: ::. . ::..
        |  l::::::::| ヽヽ=|   .::r⌒  人     ⌒ヾ:: .. ..
.        |:::. ll::::::| !、_-ヽ  ..:  /  `、__,ヘ     、::. : .: :.
        |ll:::.:l:::::| `''--" :.:.  ム、     / ∧____    ) ::.:.. .
        |. l::::::::::|     ::.:: :.  三=−ヘ./    l   ::. ..::..
        r!、l::::::::::::|、    :.. :::.  ニ三彡人ヽ、_______l  .::: ::: ::
.        |:'`:::::::--''|                ̄ ̄
.        |.::::::::::::: .::|            ↑
        ヽ、___;:::r'"          「少女コミック」
         /-- v゙i
        /  ̄' //
        !ニニ=-'

3この子の名無しのお祝いに2018/11/09(金) 22:49:12.64ID:BmQDYfPv
脚本家 白坂依志夫の世界/シナリオ作家協会

暴露にも程がある

4この子の名無しのお祝いに2018/11/09(金) 23:10:40.68ID:+ICkz/LA
佐藤純彌監督の新作本を楽しみにしています。

5この子の名無しのお祝いに2018/11/10(土) 03:45:10.74ID:8M7jrhJM
木全公彦著
「誰も知らない日本映画の裏面史
スクリーンの裾をめくってみれば」

目次
第一章 黒澤明のエロ映画?
「純潔を狙う悪魔」なるタイトルの映画ポスターのクレジットに演出黒沢明の文字が・・・

第二章 ピンク映画と実演 名古屋死闘編
1970年代、ピンク映画館では幕間にストーリーを俳優に実演させる連鎖劇が上演されていた

第三章 日劇ミュージックホールと映画人
ヌードショウのゲスト演出に多くの映画人が参加していただけでなく、ショウと映画の組み合わせプログラムも
映倫の審査を受けていなかったためピンク(合法)とブルー(非合法の地下フィルム)の中間色「ラベンダー・フィルム」

第四章 野上正義の遺言

第五章 三國蓮太郎『台風』顛末記
三國連太郎幻の初監督作品
日本のスクリーンに初めて自慰シーンを登場させたベイルマンの『沈黙』に触発された三國は・・・

第六章 テレビ・ディレクターが撮ったピンク映画

第七章 長谷川和彦の幻のデビュー作

参考 http://www.eiganokuni.com/column_kimata.html

6この子の名無しのお祝いに2018/11/11(日) 15:09:48.90ID:qrtwefUh
まだ本になってないけど勝田友巳が毎日新聞火曜日の夕刊に連載してる『馬場正男と撮影所 京都カツドウ屋60年』が面白い
大映の栄華盛衰が淡々と綴られて、乾いた筆致から撮影所の断末魔が聞こえてくる

7この子の名無しのお祝いに2018/11/11(日) 21:38:29.60ID:+AbdLj40
>>5
何だソリャ。
とりとめがなさ過ぎで、どういう読者を想定した本なのかがサッパリわからない。
手垢にまみれたネタばかりだし、コンビニの隅の棚に並んでる実話発掘本にも負けてる。
今野勉やゴジのピンク映画の話で、わざわざ一章も割いてるのかよ。

8この子の名無しのお祝いに2018/11/12(月) 00:39:59.63ID:s246ieK4
>>3
シナリオに連載中、渥美マリの回は「やべえな、コレ裁判沙汰になるんじゃねえか」
とドキドキしながら読みましたw

『ピンク映画史』 二階堂卓也・著
1960年代から90年代まで、ピンク映画会社の趨勢が追っ掛けられているのは貴重。

・ピンク映画全盛期の60年代後半には、関西にも製作プロダクションがあった
・新東宝興業は1980年代まで大阪に本社を置いていた
・ミリオンと大蔵は手を組んでいた時期があった
・日活はロマポ開始前に小川欽也を招聘して成人映画を作っていた。
・東映は子飼いの監督に成人映画を作らせたが、次第に向井寛など外部のピンク業界
 に委託し、1970年代後半にはとうとう「荒磯に波」ではじまるピンク映画が誕生

などはこの本を読んで初めて知った。監督や俳優、作品にスポットが当たる事があっても、こういうあたりは地味過ぎて調べられていない事が多いので貴重。
(逆に言えば、監督論が書かれているのは若松孝二と向井寛ぐらいで、女優・男優の
筆者のお気に入りらしい清水世津に言及される位なので、その辺に期待してる人にはガッカリかも)

「ピンク映画いろは歌」など作者の思い入れが強すぎて噴飯ものなパートもあるし、
ここ最近のピンク映画事情はヘベレケすぎてアレなのだが、
60-80年代のピンク映画を体系的に知るには結構貴重な存在。

9この子の名無しのお祝いに2018/11/12(月) 01:39:11.89ID:T/mJc+c7
>>8
二階堂卓也といえば洋泉社の『新東宝・大蔵怪奇とエロスの映画史 海女と天皇と活劇渦巻地帯!』

まあ、個人的に大蔵・新東宝を面白がってるからなんだけど
最近は新東宝関連の書籍がけっこう出て嬉しい反面、作品本編が観れないことに悶々としてますw

10この子の名無しのお祝いに2018/11/12(月) 12:58:22.39ID:s246ieK4
>>9
自分はどっちかというとピンク方面の人なんですが、新東宝は小森白や小林悟など
後にピンクで大活躍した人が多いため、そこそこ観てますw

小森白の方は新東宝の本流にいた人のため、そんなに観られない作品はないのです
が、大蔵貢の子分といった感じの小林悟の方は、新東宝時代の作品はほぼ絶望的
なんじゃないかと。新東宝の富士映画製作で大蔵映画が継承した作品はそのほとん
どが経費削減でジャンクされたとか。カルトの皇帝・小林悟の作品もその大半が
富士映画製作で。。。ピンクにとってエポックな存在であるはずの『肉体市場』も
前半部分が残ってるだけだとか。

小林悟の新東宝作品、その多くが太陽族系統の青春映画だったようですが、もう自分の目で確認できない(´;ω;`)

11この子の名無しのお祝いに2018/11/13(火) 02:53:08.41ID:1IDtpuHU
>>7
解ってないなぁ
この手の「裏歴史モノ」は発掘された事実(と思しき与太話も含む)をトリビア的に羅列して愉しむものじゃなく、そこに至る検証過程や動的アプローチを愉しむものでしょ
コンビニの実話発掘本とネタが被るから価値無しなんていう姿勢は、あたかもミステリのトリックをネタにしたクイズ本を読んで、元ネタのミステリ小説を読み解いたつもりの「知ったかさん」と同レベルだよ

それに「ゴジ」呼ばわりもねぇ…
「さすが通は違うねぇ」と感心してくれるのか?
それとも、ボジョレー・ヌーヴォーを口にして「まだ若いなぁ」と言わずもがなのことを口にして周りから失笑を買うタイプと思われるのか?
はたしてどっちだろうねw

12この子の名無しのお祝いに2018/11/13(火) 17:01:44.04ID:Lc4JrWxr
>>11
https://search.yahoo.co.jp/search?b=1&n=10&ei=UTF-8&fr=ie8sc&p=%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E4%B9%99w
https://search.yahoo.co.jp/search?b=1&n=10&ei=UTF-8&fr=ie8sc&p=%E5%AE%A3%E4%BC%9D%E4%B9%99w

13この子の名無しのお祝いに2018/11/13(火) 17:06:08.45ID:Lc4JrWxr
>>11
そもそも、文章が下手過ぎだ。
勉強しろよ。
https://www.amazon.co.jp/dp/4044000816/
https://www.amazon.co.jp/dp/B000J95NAY/

14この子の名無しのお祝いに2018/11/14(水) 20:54:40.75ID:vWPUcA9L
古本屋で双葉十三郎のレビュー本買ったわ
1960年代、1970年代、1980年代

15この子の名無しのお祝いに2018/11/15(木) 14:46:45.32ID:80Obp7BS
大判の写真集で東日本編と西日本編の二分冊だったと思います。
昔の映画館の写真集です。
10数年ほど前に図書館の相互貸借で閲覧したのですが、当時のメモ等が見当たらず困っています。
タイトルや版元等、ご存知の方、教えてください。

16この子の名無しのお祝いに2018/11/15(木) 16:32:44.67ID:2tMcPVte

17152018/11/16(金) 02:01:07.72ID:Es2Gj2iW
>>16
微妙に記憶との食い違いもありますが、国書刊行会という版元に微かに憶えがあります。
早速相互貸借を申し込んで現物を確認してみますが、十中八九、間違いないと思います。
素早い回答、ありがとうございました。

18この子の名無しのお祝いに2018/11/17(土) 06:13:12.64ID:6J96pwHi
>>15
趣味嗜好の傾向から多分チェック済だろうけど「日本懐かし映画館大全」、比較的最近閉館した映画館がけっこう取り上げられてる

19この子の名無しのお祝いに2018/12/14(金) 15:50:07.75ID:1qVD0+MO
昔のキネ旬の批評、すごくズバズバ書いてるのな
「愚作」とか
辛辣批評集とかまとめてくれんかなw

20この子の名無しのお祝いに2018/12/14(金) 15:58:40.63ID:Rjx+zi4J
『映画の奈落 − 北陸代理戦争事件』

21この子の名無しのお祝いに2018/12/22(土) 05:12:37.64ID:BXA4qBEM
ガイドブックや紹介本でやたら桂千穂の名前を目にする

22この子の名無しのお祝いに2018/12/22(土) 07:02:59.45ID:ToG/97OW
>>21
桂千穂は必ず名前あるなw
映画秘宝系にもあったかな

23この子の名無しのお祝いに2018/12/25(火) 05:58:09.75ID:Qw/i1soW
板的にはイタチだろうけど、映画の本という括りで面白かったので
>>8の関連書籍 『洋ピン映画史 過剰なる「欲望」のむきだし』
70年代、かろうじて街に一軒残っていた洋ピン専門館
厨房で本編を観る術もなく銭湯に貼られた露骨なポスターにドキドキしてたあの時代・・・
おかげで西独やスウェーデンはエロいとインプリンティングされてしまったw

24この子の名無しのお祝いに2019/01/20(日) 23:20:53.73ID:69iadniH
『映画探偵 失われた戦前日本映画を捜して』
文化の保存・継承という面では日本はまぎれもなく後進国だと思い知らされる一冊

25この子の名無しのお祝いに2019/01/26(土) 10:45:59.67ID:X3err4Ql
>>24
出た直ぐに読んだけど、取り上げられてる戦前映画になじみが無さ過ぎて、イマイチ書き手の興奮が伝わってこなかった
内容はナイトスクープ的で面白いんだけど

26この子の名無しのお祝いに2019/03/29(金) 14:45:28.01ID:ALNQjOHi
文春文庫の日本映画ベスト150
映画をちゃんと見始めた頃のバイブルであった

27この子の名無しのお祝いに2019/03/29(金) 21:46:04.82ID:U4woErs/
>>26
あのシリーズはまだ売ってる?
たしかに勉強になったな
また新たに更新して出版してほしいな。
邦画、洋画で。

28この子の名無しのお祝いに2019/03/29(金) 22:13:01.24ID:tZOyjUHB
そのシリーズどれも充実した内容だったけど
特に濃かったのがミステリーサスペンス150

29この子の名無しのお祝いに2019/03/30(土) 06:54:50.36ID:GJV5tsf6
文春はこういう企画モノ上手い(好きだ)よなぁ
映画本ではないけど、東西ミステリベスト100も重宝したわ

30この子の名無しのお祝いに2019/03/30(土) 09:01:10.04ID:Fi6wyzo1
西脇英夫の「アウトローの挽歌」

がない
いくら探しても見つからん

どこにあるか知らんへんか?

31この子の名無しのお祝いに2019/03/30(土) 12:36:22.18ID:l630A755
>>30
アマゾンで230円で売ってる。

32この子の名無しのお祝いに2019/03/30(土) 18:32:27.52ID:EUs9cWjb
>>31

いや、買って、置いてある筈の「アウトローの挽歌」が見つからないんだ
棄てる訳ないし

言葉足らずスマン

33この子の名無しのお祝いに2019/04/23(火) 14:56:41.86ID:2Sg3Cr7d
>>32
林敏彦の「アウトローに挽歌はいらない」なら、俺んちの本棚の隅っこにあるよ

新着レスの表示
レスを投稿する