2ちゃんねる★スマホ版★■掲示板に戻る■全部1-最新50

【悪魔の手】菅原康志教授【輪郭・鼻】 ★2 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :
名無しさん@Before→After
2016/11/05(土) 12:32:07.95 ID:RfjQhc/E
立つかな

■ 前スレ (★1が立った日 2012/04/18(水) 06:02:45.51 ID:HRp3JJYw)
【神の手】菅原康志教授【輪郭・鼻】
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1334696565/

by びんたん次スレ一発作成
2 :
名無しさん@Before→After
2016/11/06(日) 17:48:37.02 ID:uZCqBkRC
悪魔の手かぁ
経歴からはつい期待しちゃうものね
はぁ
3 :
名無しさん@Before→After
2016/11/12(土) 02:12:57.16 ID:BbY0Qykz
君達に少し真面目に話そう。

結婚生活に送るのには2つの原資がいる。一つは経済の原資、もう一つはモチベーションなどの原資になる
心的原資だ。
この2つの原資はどちらが欠けても経済問題と性格不一致という離婚事由として現れる。
どちらもそこそこ60点以上の場合は、家庭円満、夫婦円満というわけだ。
経済の原資は、職業の種類や給料という形で現れるのは簡単にわかることだが、もう一つの
心的原資になるものは何であろうか?
最終的にマネーである経済の原資に男女差は少ないが、心的原資に男女差はないだろうか?

結婚を維持しようと言うモチベーションについて考えた場合、夫が妻に与える心的原資と、その逆では
量も質も方法論も違うだろう。
誕生日のプレゼント一つとっても何が買えるかは経済原資だが、何を選ぶかは心的原資の領域だ。
男の君らが腕一杯の誕生花を貰ってどの程度歓喜に包まれるだろうか?
おそらく殆どのケースで妻のそれには及ばないだろう。花は心的原資としては男女差のあるものなのだ。

処女も同様に、守っている女側は守っている間は労があるだけで不毛な作業であるかもしれない。
しかしながら、それを頂く夫側には大きな心的原資となり、離婚のストッパーとして夫の胸の内で 働き続ける事になる。
殆どの男は、仮に妻に飽きてもうやる気がしなくても、処女妻だった場合、他人にやられるのは 嫌だという強い拒否感情がある。この拒否感情はまさに妻は処女だったという心的原資から発生して おり、様々な場面に利いてくる。
これがあると無いとでは雲泥の差になることは必至で、妻が処女であるという心的原資がない結婚は 脆弱でリカバリー能力のない危機的結婚になることを示しているのだな。

ただでさえ男の本能に逆らった一夫一婦制を行おうというのに妻が処女ですらないというのは、 圧倒的に男にとって不利であり損であり、結婚など論外なのだな。
4 :
名無しさん@Before→After
2016/11/17(木) 00:34:09.65 ID:91bi5t54
>>2
分かる気がする・・・
5 :
名無しさん@Before→After
2016/11/19(土) 18:14:10.34 ID:O0/yObok
やっと過去の罪悪が明るみに出てきたかぁ
3KB

新着レスの表示

★スマホ版★■掲示板に戻る■全部前100次100最新50

名前:E-mail: