●● オーバードクター・ポスドク問題 ●●Part2 [転載禁止]©2ch.net

1Nanashi_et_al.2015/04/28(火) 10:13:20.97
ポスドク

オーバードクター

の問題について

前スレッド
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1296980658/l50

316Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:48:15.57
(1) The linear programming requires sensitivity parameters for the optimization.
Therefore, enormous sensitivity parameters should be calculated when a problem
treats various constraints. For example, sensitivity coefficients for the radial
peaking factor and the maximum burnup are different, so these coefficients
should be prepared before the optimization.
(2) The linear programming can treat the "linear" problem that allows the
superposition of the solutions. Unfortunately, the loading pattern optimization
problem has non-linearity, so the linearization is required. By applying the
linearization, the obtained "optimum solution" is no more the optimum exactly
because of the approximation error. To minimize this approximation error, a
successive linear programming is often used. However, the since successive
linear programming requires many sensitivity coefficient calculations, the
calculation time tends to become much longer.
(3) The linear programming is based on the gradient projection; the search
1-13
progresses only to improve the objective value. Therefore, the linear
programming cannot accommodate the multi-modality that is essential in the
loading pattern optimization.
The direct search method, which is based on the multiple shuffles of fuel
assemblies, is also studied by several researchers. The direct search method is
applied to a loading pattern optimization problem as follows:

317Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:48:55.75
(a) Assume an initial solution,
(b) Swap fuel assemblies randomly or according to the heuristic rules to generate a
candidate of solution,
(c) Estimate the objective value of the candidate,
(d) If the candidate improves the objective value, the swap is accepted. Otherwise
the swap is rejected and another swap is tried,
(e) Repeats the procedure from (b) to (d) until the improvement of the objective
value converges.
The direct search method does not require the sensitivity coefficient, but the
core characteristics should be estimated for every loading pattern. Since the direct
search method only accepts the improved solutions during the search process, it
cannot treat the multi-modality. Detailed discussion about this point will be
performed in Chap.2.
Since the engineer well optimizes the loading pattern using their state-of-art
knowledge, the artificial intelligence, which performs the search based on the rule
sets, was considered to be efficient for this problem. Examples of the rule set are as
1-14
follows:
(1) High reactivity fuels and low reactivity fuels should be placed side by side in the
interior of the core to reduce the power peaking factor.
(2) A fresh fuel that does not contain burnable poisons is not loaded in the interior of
the core; it should be loaded to the core periphery.

318Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:49:19.37
The artificial intelligence performs quite well under the typical situations that
can be accommodated by its "knowledge". The "knowledge", however, sometimes
disturbs the optimization. For example, the reactivity of a burnt fuel assembly is
low, so it is often loaded besides a high reactivity fuel in the interior of the core to
suppress the power peaking factor. Therefore, a loading pattern optimization code
that is implemented with this knowledge will put the burnt fuel assembly in the
interior of the core. But when the cycle length is too long, the well-burnt fuels
should be placed at the core periphery to satisfy the limitation of the maximum
burnup. Note that the power density of the fuel at the core periphery tends to be
lower because of the neutron leakage from the core.
The above example suggests that the appropriate rule set is highly sensitive to
the miscellaneous analysis conditions such as the cycle length, the inventory of the
fuel assemblies, and so on. To respond almost all situations that include exceptional
cases, enormous rule sets should be implemented. Moreover, new rule sets should be
implemented when the new-type fuel assemblies are loaded. However, the
development and implementation of rule sets are considered to require an extensive
work. Consequently, the artificial intelligence lacks the robustness that indicates
the toughness of the method; the artificial intelligence cannot perform optimization
under unexpected situations.

319Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:50:14.67
1.3.4 Advanced approach
In the previous section, some traditional optimization methods were briefly
reviewed. However, these methods have inherent shortcomings that are difficult to
overcome in practical applications. Therefore, the loading pattern optimization had
remained in the academic area for a long time.
Recently, thanks to the rapid improvement of the computer hardware, emergent
computing methods are gaining their admiration<3
) (7). They provide the selforganized
behaviors from estimations for local situation; it does not utilize the
knowledge or rules that controls an overall system. The emergent computing
methods are based on a completely different approach from most of the traditional
ones. The traditional methods utilize so-called top-down approach that defines the
behavior of system from the top to bottom. On the other hand, &#183;emergent
computations define their behaviors from the bottom to top.
The relation between the traditional optimization and the emergent
computation corresponds to the relation between the neutron transport calculation
based on the Boltzman equation and that by the Monte Calro method. In the
emergent computation methods, Genetic algorithms and simulated annealing
methods are the popular ones.

320Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:50:47.04
Since the emergent computations utilize only estimations of the local situation,
it is quite robust. For example, consider a problem about the burnt-fuel discussed in
the previous section. The artificial intelligence approach defines the fuel loading
pattern according to the rule sets and the information such as the cycle length or
the fuel inventory. In the emergent computation, a candidate obtains a good
objective value if the maximum burn up does not violate the limitation, otherwise it
obtains a bad value. The search progresses utilizing these objective values.
1-16
Therefore, the emergent computation can easily respond various constraints or
objectives. A detail description of the emergent computation will be provided in
Chap. 2.
Note that since the emergent computations require many trial calculations to
find out the optimum or the near-optimum solution, the computation time tends to
become longer. However, progresses on the computer hardware make such
calculations feasible.
Recently, the emergent computations such as the simulated annealing were
applied to the loading pattern optimization problems and showed good
feasibility<s).(
9).
The development of an efficient optimization method for the loading pattern
using the emergent computation methods is one of the major topics in this thesis
and will be discussed in Chap. 2.

321Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:51:13.14
1.4 Purpose of this thesis
The efficient utilization of nuclear fuel is important to reduce the cost of nuclear
power and to save the limited Uranium resources. As mentioned in the previous
sections, the fuel loading pattern, which means the fuel arrangement in the core,
has a quite large impact on the core performance from viewpoints of safety and
economics. Therefore, there are strong needs for its optimization from an industrial
point of view.
Since the loading pattern optimization is a stiff problem, the traditional
optimization methods cannot cope with it. However, the emergent computations,
which are based on the stochastic process, can make a breakthrough for this
problem. Though the emergent computations are robust and applicable to practical
problems, it takes a much computation time. Therefore, the first purpose of this
1-17
thesis is:
(1) To develop a more efficient optimization method for the fuel loading pattern
Here the optimization method should be robust and applicable for the practical
and industrial-scale problems

322Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:51:58.02
Since the in-core fuel management requires various kind of data, a software
workbench to manage these data is highly required especially in the multicycle
analysis. There are several software tools for the in-core fuel management, though
they were mainly designed to perform optimization for the single cycle. AB
mentioned in Sec. 1.2.4, an accurate analysis and optimization for the multiple
cycles are important to reduce the overall fuel cycle cost. Therefore, second purpose
of this thesis is:
(2) To develop a software tool for the in-core fuel management that has capability to
treat loading pattern optimizations for successive multicycles Furthermore the
software should be user-friendly for practical applications

323Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:52:17.65
Though the true multicycle optimization that is necessary to perform
simultaneous optimizations of the multiple cycles is far beyond the ability of to day's
computers, it is important to evaluate the effect of loading patterns for the whole
multicycle performance . In the loading pattern optimization for a single cycle, the
low-leakage loading pattern was considered to be desirable because it could attain a
longer cycle length than the traditional out-in loading pattern. However, as
mentioned in Sec. 1.3.2, the discharge burnup tends to become lower in the lowleakage
loading pattern. Namely, a trade-off exists between the cycle length and the
1-18
discharge burn up. Therefore, the third purpose of this thesis is:
(3) To examine a desirable loading pattern strategy for the overall fuel cycle cost by
evaluating the trade-off between the low-leakage strategy and the highdischarge
burnup strategy.
These problems will be discussed through Chap.2 to Chap.5.

324Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:52:39.77
1.5 Contents of this thesis
This chapter provides basic concepts of the in-core fuel management for PWRs
and a conceptual description of the loading pattern optimization problem for the
better understanding about this thesis. This chapter also points out the
backgrounds and the purposes of this thesis.
Chapter 2 describes the development and verification of loading pattern
optimization methods<10). AB described in Sec. 1.3, the loading pattern optimization
is a quite difficult problem, and requires novel optimization theories to make a
breakthrough for the practical use. The genetic algorithm is applied to this problem
since it is considered to be quite suitable to a complicated combinatorial
optimization problem. The genetic algorithm is one of the optimization techniques
whose concept is based on the evolution of life. According to the Darwinian theory,
the survival of fittest and the crossover of chromosomes promote the life towards
the adaptive direction. For the loading pattern optimization, a candidate of the
loading pattern is treated as an individual, and the performance of the individual,
which is defined by the core characteristics such as the cycle length and the radial
peaking factor, defines the probability of survival or mating.

325Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:53:02.68
Though the genetic algorithm is powerful for the global search, its local search
capability is rather poor. Therefore, a new hybrid optimization method, which
combines genetic algorithms and the local search method, will be proposed. To verify
the capability of the proposed optimization method, the quantitative comparison
with other optimization methods such as the direct search or the simulated
annealing, is performed and optimization results are compared with each other.
Chapter 3 provides calculated results of a benchmark problem using the hybrid
optimization method that is proposed in Chap. 2. In the combinatorial optimization
problem, a guarantee of the optimum solution can be obtained only through the
exhaustive enumeration calculations. However, since the enumeration number
accounts for an enormous one in the practical optimization problem, it is difficult to
confirm the optimization capability that can find out the optimum solution.
A benchmark problem is set up assuming restrictions about the fuel placement
in the core and simplifications of the fuel inventory. By evaluating all loading
patterns in the benchmark problem, an optimum solution is identified. After that,
the hybrid optimization method is applied to the benchmark problem and its
capability is examined.

326Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:53:31.51
Chapter 4 describes the development and applications of INSIGHT, which is a
software for the practical in-core fuel management0 1). The hybrid optimization
method for the fuel loading pattern is used as a key technology in INSIGHT.
In the practical in-core fuel management, various data should be treated; these
include the power distribution from the core calculation, the fuel loading history, the
fuel burnup, and so on. Therefore, an integrated software, which realize a seamless
management of these data, is highly desired especially in the multicycle analyses.
1-20
INSIGHT includes capabilities of the core calculation, the loading pattern
optimization, the management of database, and so on.
INSIGHT is applied to the practical problem of in-core fuel management, and
its capability is tested.

327Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:53:49.35
Chapter 5 describes the loading pattern optimization considering the coupling
effect in the multiple cycles02>. As mentioned in Sec.l.2.4, the fuel assemblies are
loaded during several cycles. Though the optimization for the multiple cycles is
desirable to reduce the overall fuel cost, it is far beyond the ability of today's
computers, as mentioned before. Therefore, a cycle by cycle successive optimization
is often used in the current in-core fuel management.
In Chap. 5, the equilibrium cycle is treated because it can be considered as the
special case of the multiple cycle. Namely, the optimization of the equilibrium cycle
is considered almost compatible with that of the multiple cycles.
A new optimization method for the equilibrium cycle is proposed s1nce the
optimization is somewhat complicated than that of the single cycle. Using the new
optimization method and the successive multicycle optimization method developed
in Chap. 4, strategy for the multiple cycle optimization is investigated.
Chapter 6 summarizes the results obtained through the course of this study,
and a future view of this study is also provided.

328Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:54:36.32
REFERENCES FOR CHAPTER 1
(1) "The Economics of the Nuclear Fuel Cycle," OECD/NEA, Paris, (1994).
(2) H. W. Graves, Jr., "Nuclear Fuel Management," John Wiley & Sons, Inc., New York,
(1979).
(3) "Novel Optimization Methods and Its Application," Japan Society of Mech. Eng., 930-
59, (1993).
(4) A. Yamamoto, et al., "New or Improved Computational Methods and Advanced
Reactor Design," Journal of the Atomic Energy Society of Japan, 39, 10 (1997), in
Japanese.
(5) M. J. Driscoll, et al., "The Linear Reactivity Model for Nuclear Fuel Management,"
American Nuclear Society, Illinois, (1990).
(6) J. G. Stevens, "A Hybrid Method for In-Core Optimization of Pressurized Water Reactor
Reload Core Design," Dr. Thesis, Purdue Univ., (1995).
(7) J. H. Holland, "Adaptation in Natural and Artificial Systems," MIT Press, London,
(1992).
(8) D. J. Kropaczek and P. J. Turinsky, "In-Core Fuel Management Optimization for
Pressurized Water Reactors Utilizing Simulated Annealing," Nucl. Techno/., 95, 9
(1991).
(9) P. W. Poon and G. T. Parks, "Application of Genetic Algorithms to In-Core Fuel
Management Optimization," Proc. Topical Mtg. Math. Methods and Supercomputing
for Nuclear Applications, Karlsruhe, Germany, 2, 777 (1993).
(10) A. Yamamoto, "A Quantitative Comparison of Loading Pattern
Optimization Methods for In-Core Fuel Management of PWR," J. Nucl. Sci.
Techno/., 34, 339 (1997).

329Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 00:56:39.76
(11) A. Yamamoto, et al., "INSIGHT:An Integrated Scoping Analysis Tool for InCore
Fuel Management of PWR," J Nucl. Sci. Techno!., 34, 84 7 (1997).
(12) A. Yamamoto and K. Kanda, "Comparison Between Equilibrium Cycle and
Successive Multicycle Optimization Methods for In-Core Fuel Management of
Pressurized Water Reactors," J Nucl. Sci. Techno!., 34, 882 (1997).

330Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 01:00:51.41
Table 1-1 Breakdown of typical nuclear power generation cost

Table 1-2 Enumeration number of the fuel loading pattern for Westinghouse 4
loop PWR

Note1:The number of fresh fuel assemblies is assumed to be 72, including 48
Gadolinia bearing fuels.
Note2:The calculation time is assumed to be 1 second/pattern.

Fig. 1-1 A fuel arrangement ofPWR core; Westinghouse three loop type

Fig. 1-2 Cross-sectional view of a fuel assembly; 17x17 type

Fig. 1-4 A fuel loading pattern under the multi-batch loading strategy

Fig. 1-5 An outline of the reactor operation and the in-core fuel management

Fig. 1-6 Different PWR cores consisted of same fuel inventory.

Fig.l-7 Effect of non-linearity on the fuel shuffling

Fig.l-8 Concept of local optima and the global optimum

Fig.l-9 Local optima in the actual problem of loading pattern optimization.

331Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 01:05:10.63
転属失敗
http://mitochondrion.jp/phd.html

休学とはいっても、復学の見通しがあるわけではない。 今後の身の振り方を考える間、形式的に籍は残しておくというだけのことである。
私は当初、国内の別の大学院で、原子炉物理学の研究を行っている所に移ろうかと考えていた。 制度上は「転学」というものがあり、
在籍さえしていれば、規則上は他大学へ転籍することが可能となっていた。 もっとも、実際に転学が行われた例は少ないようで、
通常の入試を受けることになるだろうとは予想していた。 そのような思惑の元、私は京都大学に籍を残したまま、 あちこちの研究室に対し
「博士課程学生として受け入れてもらえないか」とのメールを送った。

返事は一様に残念なものであった。既に博士課程の学生を抱えていて、これ以上は面倒をみられない、 というような説明が大半であったように思う。
しかし一人だけ、別のことをはっきりと述べた教授がいた。 その教授にとっても、私の元指導教員である准教授との関係があるから、
簡単には受け入れられない、というのである。 その教授は、私のメールの文面から考えるに、あくまで私の側に非がある、と指摘し、
きちんと謝って元の研究室に戻るべきである、と、おっしゃった。

この頃、私は先に退学を決めた後輩の女性と密に連絡を取っており、この教授の意見についても相談したのだが、 彼女は私のために憤慨してくれた。
何も知らないくせに、何を偉そうなことを言っているのだ、と。

ともあれ、他の大学に移るという選択はないようである。 もはや、退学するしかないのだ。

2013/09/02
2013/09/03 修正

332Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 01:08:04.44
2014/12/01 後悔
http://mitochondrion.jp/diary2014-3.html

私は、四年前ほどに、京都大学大学院博士課程を中退した。 三年間在籍した上での、満期での退学であるが、いわゆる認定退学 (単位取得退学) ではない。
いわゆる単位取得退学とは、「あとは博士論文を書くだけである」という状態での退学をいうのであって、 退学後の一定の期間内に学位論文を提出し認められれば、
博士の学位を得ることができる。 しかし私の場合は、満期ではあったが単なる中退であったので、学位論文を提出する資格も得られなかった。

最近では、他人に問われた際には「学位を取ってから辞めれば良かったと、少し後悔している」と答えることにしている。 これはこれで、
嘘偽りのない言葉ではあるのだが、もし実際に我慢して学位を取得してから辞めていたならば、それはそれで、後悔しただろう。 学位だけをみれば、
ないよりはある方が良いに決まっているが、自己の理念を曲げてまで学位を取得するぐらいなら、 自身への忠実さを保って学位を放棄する方が、よほど、美しい。

世の中には、過程より結果を重視する人もいて、彼らには、私の言動は理解できないであろう。 それはそれで良いのであって、そうした多様性こそが、
社会全体にとっては必要なことである。

医師国家試験も同様である。 これを医師になるための通過儀礼と割り切るならば、一切の余念を捨てて、試験合格のために徹した勉強をするのは、合理的ではある。
しかし、そうした卑屈な勉強をすることで、何か失うものがあるのではないか。 合格は目指すにしても、そのために譲ってはいけない線が、ある。
医師になった後に、一生、後悔することにならないよう、よくよく考えて行動するべきであろう。

333Nanashi_et_al.2016/06/07(火) 01:15:07.91
大学院工学研究科 マテリアル理工学専攻
山本 章夫 (ヤマモト アキオ) , 教授 , 1965年生
YAMAMOTO, Akio
[Author Link]
個人用ホームページURL
http://www1.nucl.nagoya-u.ac.jp/lab/
学歴
1987年03月 京都大学 工学部 原子核工学科 卒業
1998年03月 京都大学大学院 エネルギー科学研究科 エネルギー社会・環境科学専攻 博士後期課程 修了
1989年03月 京都大学大学院 工学研究科 原子核工学専攻 博士前期課程 修了
職歴
原子燃料工業株式会社 , 1989年04月 〜 2003年03月
名古屋大学工学研究科原子核工学専攻・助教授 , 2003年04月 〜 2004年03月
名古屋大学工学研究科マテリアル理工学専攻・助教授 , 2004年04月 〜 2007年04月
名古屋大学工学研究科マテリアル理工学専攻・准教授 , 2007年04月 〜 2010年03月
名古屋大学工学研究科マテリアル理工学専攻・教授 , 2010年04月
学内兼務職
名古屋大学 , 室長 , 2004年04月 〜 2010年03月
取得学位
エネルギー科学博士 , 京都大学 , 課程 , 1999年04月

334Nanashi_et_al.2016/06/08(水) 10:54:25.67
元祖銅鉄研究者はこいつらですw

高野 幹夫
元データ 所属 京大物細

関連著者

小菅 皓二 京大・理  高木 秀典 東大物性研  幸坂 祐生 理研 
花栗 哲郎 独立行政法人理化学研究所基幹研究所高木磁性研究室
島川 祐一 京大化研  東 正樹 京大化研 
大串 研也 Jst-trip:東大物性研  林 直顕 京大院人環
山田 幾也 京大化研 岡 研吾 京大化研
入舩 徹男 愛媛大地球深部研   村中 重利 京大人・環
石渡 晋太郎 理化学研究所 交差相関物性科学研究グループ
幸田 章宏 高エネルギー加速器研究機構 青木 勇二 高エネルギー加速器研究機構
門野 良典 総研大  須藤 晋吾 日大理工  川上 隆輝 日大理工 
渡邉 貴志 京大院理 辻本 吉廣 京大院理  陰山 洋 京大院理
タッセル セドリック 京大院理 川上 隆輝 日本大 量子科研

約 98,000 件 (0.27 秒)
検索結果

論文倍増計画
2010/03/07 - 公募で勝つためには論文数が多いことが必須になってきた。 というわけで、若手研究員は必死で論文を書くし、教授 頭を下げて共著者として
名前をできるだけ入れてもらう。 そういう話を同僚にしたら、「銅鉄主義」って知っているか? といわれ ...
2009/07/07 - 最近、某所で「銅鉄論文」という言葉の存在を知りました。 ネット検索して、その定義を探ってみると、次のような内容。

「 銅を使った実験で、ある結果が出たが、その延長線で鉄を使って同じ実験を行ってみる。そうすると、予想通りの結果が出て論文が一つ増える。」
緻密な考察もなく、単に試料だけを変えて、研究結果を濫造という行為で、理系の世界では蔑まれる行為だとか。

教授からのメッセージ - 九州大学 生体防御医学研究所
第59話:どうなのよ?|研究者マンガ「ハカセといふ生物」
2011/05/04 - 実験医学onlineでは銅鉄実験について、こう書かれています→GO ↓↓ただ今挑戦中☆お気 ... 銅鉄論文、銅鉄実験、銅鉄研究‥
83 :Nanashi_et_al.:2013/06/26(水) 19:42:41.48: 「銅鉄研究」は英語で何というのでしょうか。 大陸系研究者の論文の査読が来たのですが、
あからさまなパクリの銅鉄論文なので、 コピー元の論文をつけて、エディタに連絡しようと思います。 銅論文:高い ...

335Nanashi_et_al.2016/06/24(金) 06:08:56.93
東大の荒川研究室、常にポスドク募集と書いてあるけど
ブラックじゃないよね?

336Nanashi_et_al.2016/07/09(土) 20:37:59.97
答えられないこと訊くなやw

337Nanashi_et_al.2016/07/19(火) 05:46:04.08
これか
http://www.qdot.iis.u-tokyo.ac.jp/recruit.html
荒川研究室では広い分野からの研究員を常時募集しております。

338Nanashi_et_al.2016/08/05(金) 17:31:12.55
卓越

339Nanashi_et_al.2016/09/01(木) 13:00:43.40
韓国ではキャプテン翼など様々な漫画がぱくられ韓国の漫画とされている
http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/c/2/c2136321.jpg

韓国 「世界的人気漫画ドラえもん、キャプテン翼、けいおんは韓国が舞台で、登場人物も韓国人」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1379493627/

何でも反日のくせマジンガーZドラえもんけいおんなど日本アニメをパクる恥知らず韓国挙げ句韓国発祥
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1379489605/

340Nanashi_et_al.2016/10/19(水) 02:58:26.77

341Nanashi_et_al.2016/10/19(水) 05:52:34.54
>>340
場面転換に気づかなかった

342Nanashi_et_al.2016/11/01(火) 21:41:16.45
資本金食い潰して終わりにしても4社合計で1.5億の投資
アニマルスピリットを持った優秀な新卒採用への広告費だと思うと安いもんだよね

サイバーエージェント、全員20代社長の新会4社設立
https://thepedia.co/article/1716/

343Nanashi_et_al.2016/11/05(土) 14:54:04.07
難しいとこだな。
ポストが埋まったままだと下が一向に上がれない。
でも自分がポストに就けたらそこに居座りたい。
だけど任期なしで予算とってこれなくてもしぶとく居座る人には辞めていただいてポストあけてほしいわ。

344Nanashi_et_al.2016/11/13(日) 15:51:02.98
>170 どんな難しい性格の方だったんですか

345Nanashi_et_al.2016/12/08(木) 23:15:09.77
hennayagisan1&#8207;@hennayagisan1 4 時間4 時間前
上田泰己氏  理研の税金無駄使い、954万円高級家具カッシーナ・イクスシーの指定購入も大問題 http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-7696.html

346Nanashi_et_al.2016/12/10(土) 10:04:59.44

347Nanashi_et_al.2016/12/11(日) 00:58:19.69
電磁波拷問・スローキル(Slow Kill)攻撃を許さない!
NSA(米国家安全保障局)の女性内部告発者が不当解雇後、集ストに遭い、それにも負けずに戦い始めたところ、こんどは「電磁波照射」による「拷問・スローキル」被害に遭う!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-1dc2.html

電磁波拷問・スローキル(Slow Kill)攻撃を許さない!
2015年11月になってようやく、電磁波(指向性エネルギー)照射という「人道に対する恐るべき犯罪」に、自らの体験を通して気づく!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-603f.html

DEW(指向性エネルギー照射装置)による電磁波照射攻撃(スロー・キル)を許してはならない!
DEWによる報復照射を受けているNSA(米国家安全保障局)の元言語スペシャリスト、カレン・スチュアートさんがツイッターで被害報告!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/post-fe1a.html

DEW(指向性エネルギー照射装置)による電磁波照射攻撃(スロー・キル)を許してはならない!
DEWによる報復照射を受けているNSA(米国家安全保障局)の元言語スペシャリスト、カレン・スチュアートさんがツイッターで同時進行被害報告!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/wdew-2d3c.html

集団ストーカーによるDEW照射攻撃に、日本ではなぜ宗教カルト系組織が使われているのか?
NSAによるDEW(指向性エネルギー兵器)攻撃に曝されれている内部告発者、カレン・スチュアートさんによると、彼女の地元の「インフラガード(InfraGard)」(米連邦政府自警団)が集スト照射の実戦部隊として使われているという。
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/infragard-10a2.html

電磁波照射・拷問攻撃を許さない!
米海軍士官学校(アナポリス)の卒業生(制御システム工学で学位取得)、デイヴィッド・ヴォートさんが、「DEW(指向性エネルギー兵器)」による電磁波拷問の脅威・現実を訴え、米国を横断ウオーク!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/11/post-cc21.html

電磁波照射兵器の実験・演習・使用を、許してはならない
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/11/post-e223.html

348Nanashi_et_al.2016/12/11(日) 12:59:04.21
東大助教で研究室の女学生に手を出してよそのポスドクに追い出されたのがいた
教授の靴を必死で舐めてたのにちんこで台無しw

349Nanashi_et_al.2016/12/13(火) 23:32:54.03
沖野友哉のこと?

350Nanashi_et_al.2016/12/24(土) 11:18:27.53
そいつは知らんが、支那ポス毒美人局案件てのが

351Nanashi_et_al.2016/12/31(土) 16:09:56.85
おいおい、年に博士号取得者なんて、ほんの数えるほどしかいないのに、オーバードクターなんて存在しないだろ。
これ、言っちゃいけない話?

352Nanashi_et_al.2016/12/31(土) 16:38:09.06
>>351
別に言うのはあなたの言論の自由ですが、間違っています。
(多いとみるか少ないとみるかはその人の主観が入りますが)

落ちたスレですが、7年前にこういう調査がありました。
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1243664961/

353Nanashi_et_al.2016/12/31(土) 16:51:29.13
>>352
それは嘘だよ!

354Nanashi_et_al.2017/01/01(日) 20:17:41.63
現在は、博士の人数が少なすぎて、教授になれる人がなかなかいない。

できれば、博士は学長になってほしいけど。

355Nanashi_et_al.2017/01/02(月) 01:03:06.48
団塊世代の頃には博士進学者が5000人ぐらいしか居なかった。
そして大学教員や研究所の新規雇用が5000人ぐらいなので、
全く就職に困らなかった。

しかし、分野ごとにポストが空くタイミングがあるので、
1〜2年研究生や学振で待つことはあった。
2年待っても終身雇用の大学教員になれないのは、相当な無能者か教授と敵対する変人で
奨学金の返還免除も2年以内に終身雇用の大学教員になることが前提だった。

博士進学者5000人のうち、3割ぐらいが留学生だった。
彼らは母国に帰えると助教授様として迎えられるので、日本には残らなかった。
つまり日本人博士は3500人ぐらいしか居なくて、博士に進学すらしていない人が大学教員になれた。

その後はジワジワと進学者が増えたけど、バブル期で10000人程度だった。
留学生の比率は4割に増えた。よって、日本人博士は6000人程度。
大学教員や研究所の新規雇用も6000人程度まで増えた。
景気も良かったので、中退して民間の研究所に入る人も居た。

団塊ジュニアが進学する頃にバブルが崩壊して、博士進学者が15000人程度に急増した。
日本人博士は9000人程度。民間での雇用も縮小して、3000人以上が余った。

正確に言うと、6000人が就職できて、3000人が余るという構図ではなく、
9000人を安く非正規雇用の奴隷にして競争させる構図が作られた。
この仕組みが出来上がる前に地方大や私大で正規雇用にありついた人は助かった。
1997年に任期制が施行されて、東大などの中央では真っ先に非正規雇用が導入された。

日本では非正規化による競争が上手く機能しなかった。
上司は従来どおりの終身雇用で、部下がガチに競争して成果を挙げるのを恐れていた。
そのかわり立場の差を悪用して部下を押さえつけ、劣悪な研究環境を創出して下剋上を防いだ。
日本の大学の生産性が極端に低下して、データの信憑性が損なわれ始めたのも、
終身雇用世代の保身によるものだった。民間で生産性を低下させれば、正規雇用者にもしわ寄せが来るが、
大学ではそのような心配は無用だった。

小保方氏は氷河期〜ゆとりの間の世代で、研究環境の悪化に捏造で対抗できる最初の世代と言えるかも知れない。

356Nanashi_et_al.2017/01/02(月) 07:48:56.59
そんなに博士がいるわけないだろ!

平成に入ってから400人くらいじゃないか?

357Nanashi_et_al.2017/01/02(月) 08:48:05.80
>>356
素粒子論だけでポスドクが200人近くいるんですが。

358Nanashi_et_al.2017/01/14(土) 02:17:25.31
        rー、
    」´ ̄`lー) \
    T¨L |_/⌒/ ←D3(来年助教)
     `レ ̄`ヽ〈
       |  i__1
     _ゝ_/ ノ
      L__jイ´_ )
        |  イ
         |  ノ--、           r'⌒ヽ_
        ゝ、___ノ二7  /´ ̄l、_,/}:\
         |ーi |   l_/ /__ィ::.  ゝ~_ィ´:; ,ゝ
        __〉 {      (T´ |1:::.  \_>、};;_」
       'ー‐┘       ! ` ̄''ァ一 、\ ヽ}  ←PD3(任期切れ間近、次のポスト見つからず)
                   1  ヽ   .:::レ  ヽ、
                |_イー-、_;;j|_:.   ゝ、
                __,,,... -- |. {―――‐フゝ、   〉 -- ...,,,__
        _,, -‐ ´       ,r|__ト,    1ニノ ー'´       ` ‐- ,,_

359その数年後2017/01/16(月) 00:47:32.91
        rー、
    」´ ̄`lー) \
    T¨L |_/⌒/ ←B4(4月から大手企業就職)
     `レ ̄`ヽ〈
       |  i__1
     _ゝ_/ ノ
      L__jイ´_ )
        |  イ
         |  ノ--、           r'⌒ヽ_
        ゝ、___ノ二7  /´ ̄l、_,/}:\
         |ーi |   l_/ /__ィ::.  ゝ~_ィ´:; ,ゝ
        __〉 {      (T´ |1:::.  \_>、};;_」
       'ー‐┘       ! ` ̄''ァ一 、\ ヽ}  ←助教(3月で任期切れ、次のポスト見つからず)
                   1  ヽ   .:::レ  ヽ、
                |_イー-、_;;j|_:.   ゝ、
                __,,,... -- |. {―――‐フゝ、   〉 -- ...,,,__
        _,, -‐ ´       ,r|__ト,    1ニノ ー'´       ` ‐- ,,_

360Nanashi_et_al.2017/06/08(木) 11:29:21.31
日本人の博士進学者ってもうかなり少ないよね
自分D2だけど博士進学したの5人で僕以外日本人いないわ

361Nanashi_et_al.2017/06/08(木) 22:08:57.00
>>360
東大京大なら日本人D進者はゴロゴロいますけどね。

362Nanashi_et_al.2017/07/17(月) 08:10:17.94
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、☆
@ 公的年金と生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、
ベーシックインカムの導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば
財源的には可能です。ベーシックインカム、でぜひググってみてください。
A 人工子宮は、既に完成しています。独身でも自分の赤ちゃんが欲しい方々へ。
人工子宮、でぜひググってみてください。日本のために、お願い致します。☆☆

363Nanashi_et_al.2017/08/20(日) 15:47:55.21
20代後半の後輩が
「婚期だから結婚しろと周りがうるさいんすが、俺が中高生の頃、同級生の女子皆、
普通におっさんと援交して大金やブランド物持ってたんですよ。そんな女達と結婚しろって言うんすかね?
当時社会問題になってたのに、皆忘れたんすかね?」

様々な問題が積み重なっての少子晩婚化である。

364Nanashi_et_al.2017/08/21(月) 22:00:05.10
業績がある優等生を潰すのは簡単
デッチ上げで構わないから、とにかく嘘でも何でも悪口やスキャンダルを流しまくればいい

イメージを傷つけ、それを就職しそうな大学周辺や関係者に喧伝するだけ
協力者を作って、集団で噂をばらまくのが賢い喧嘩の仕方

成功例多数だから、やらない奴が馬鹿

365Nanashi_et_al.2017/09/19(火) 15:48:13.74
・年収ガイド
http://www.nenshuu.net/

・平均年収.JP 
http://heikinnenshu.jp/

・年収ラボ
http://nensyu-labo.com/

366Nanashi_et_al.2017/09/23(土) 20:08:57.01
何だかんだいって結構気楽だよね

講義があるわけでなし、研究して論文書いてりゃいいんだから

新着レスの表示
レスを投稿する